yoshida-kaori.com

座り心地が悪い・お尻の左右のずれを感じる・腰が張って痛む…など、このような症状をおっしゃるクライアント様。お尻の違和感と膝痛の改善や、生活の質の向上に向けて心のあり方を見直すなどで定期的に来ていただいていますが、今回結構驚きだった点を記事にしました。

見た目で骨盤左右のずれがわかる


photoB
さんによる写真ACからの写真

 

心と体のセルフアップサポート専門
吉田かおりです。(私のプロフィールはこちら

 

さて、今回クライアントさんの主訴は、左のお尻に感じる違和感。座った時と横に寝た時に起きるそうで、座位の場合は車に乗っているときが一番症状がよくわかり、斜めに座っている感じがあって大変居心地悪く感じられるとのこと。
仰向けになった場合は、左側のお尻が浮いているような感覚もあるとおっしゃいます。

 

そこで…まずは目視で確認です。

 

仰向け状態を見ると、骨盤部分である「腸骨」の左右の高さの違いがあることが見て確認できます。クライアント様にも触ってもらい、左右の高さの違いが起きてしまっていることを確認してもらいました。

 

 

私は、相手の脳から情報を探り、
どこにどんな問題があるからそのような症状が起きているのか?を捉えていきます。

 

○坐骨の問題が起きている

○横になった時の軸のずれが起きている

 

まずはこれらを捉え、さらにそれをよくするための方法を相手の脳からの情報の元探っていきます。

 

 

【坐骨の問題についてはこちら】

右側のお尻が痛くて座布団を持ち歩きたいほどの症状は坐骨の問題があった

 

そして、クライアント様にアジャストします。
いくつかアジャストの方法はありますが、どれも力はほんの少し圧を加える程度のものしかありません。揉みほぐしたりねじったり強い刺激を加えるようなことは全くいたしません。

 

触れていない部分の骨が動いた!?

今回、まず1度目にアジャストしたその瞬間にお客様がこうおっしゃいました。

 

Kさん:「あ‥‥、今、骨が動いた?‥‥感じがする」

 

わたし:「あ…そうなんですか?今なんかわかりましたか?」

 

Kさん:「えぇ‥‥なんか、こういう方向(←手でジェスチャーされてる)に動いた感じがした‥‥んですが‥」

 

 

 

そのあと、腰の張りが起きることに対して問題を探ると、左足の骨に原因を捉えました。その足に直接アジャストをし、手を離した瞬間またKさんが一言。

 

「あ‥‥また‥‥また動いた‥‥今度はさっきと違ってこういう方向に動いた感じ‥‥」

 

 

 

1度目の動いた感じと2度目のとは、動いた方向が違うそうです。

 

 

「あれ‥‥?あれ‥‥?なんか…お尻がもう浮いてない」

 

 

とおっしゃるので、上からヒーリング前に確認した腸骨の位置を確認して見ると、おぉ!同じ高さになっています‼︎不思議ですねー。何も触ってない部分が動いてるのですから!

 

 

床にあぐらに座った状態を確認してもらうと‥‥

 

「うん、違う、座り心地がよくなった。
もう出っ張った感じがない。へっこんでる」

 

とのことでした❤️

 

今回は坐骨の調整と、仙骨の調整、それから腰の張りが起きることへの根本的問題の解消に向けて、脳からの情報を捉えてそれぞれでアジャストしていきました。

 

 

ほんの少しの圧で体に触れるだけですので、

本当にシンプルで安全。
体への負担がない手技療法です。