yoshida-kaori.com

鬱に良い変化が見られた言葉

先日の記事の 【自分に自信がない人は誰も信用できないということ 】の記事ですが、これは遠隔ヒーリングの中でのアドバイスをご紹介した記事です。その後、クライアント様より「これは鬱に効きます。ありがとうございます。」というご連絡がありました。


acworksさんによる写真ACからの写真

 

このクライアントさんがおっしゃる「これ」とは、
あるメッセージをお伝えしたその一つでした。

前回省略した部分の内容をご紹介します。

以下アドバイス(一部変更してますが)です。

 


・・・

頑張るんじゃなくて、
諦めずに自分を生きること。
それが、より良い、より豊かな人生なんじゃないでしょうか。

 

人生とは始まりがあって終わりが来ます。
限られたものでしかないのです。
その限られた中で、「自分を見失った」ことによって、
体や心の不調をサインとして身体は現しはじめます。

 

それはなぜか?

よりよく生きたいからです。

 

 

「だれ」がそう望んでいるのか?

 

それは心とは別で、生命そのものがそう望んでいます。

身体を生かすその生命力とは、心のことではありません。
心は肉体の不調にもすぐさま影響を受け、外的な事柄にもすぐさま影響を受け、波のように揺れ動き変化ばかりです。

 

そのようなコロコロと移り変わるものが「生命力」ではありません。生命力と最も近くにつながっているのが、本質である魂です。

肉体を指すのではなく心を指すのでもない。
自分の本質とは、目には見えない存在、魂なのですね。

 

 

魂などと言うそれは、揺れ動き変化するものではなく普遍なる存在です。
普遍とは、いくつもあるものではなく、ひとつです。

全てにそれはつながっています。
それは大変力強いものであり、偉大な愛の元です。

 

もし、自分の本質的存在について、「永遠の生命である魂」と考えるなら、そのような性質を現実の自分の人生にもたらそうとします。

 

ですからぜひ、
マントラのようにこの言葉を唱えてみてください。

 

「私は無限の可能性をもつ人間だ」

 

「私は愛された結果生まれてきた唯一の存在だ」

もっとわかりやすい言葉でいうならば・・・

 

「私は価値ある人間だ」

 

などなど、このような言葉にもし、疑いが起きてもなんでもいいからただ何も考えずその言葉をマントラのように毎日唱えてみてください。

 

忘れないでください。
あなたがご自分を貶すことは、
私(他人)を貶すことでもあるのです。

どうか真実に気づいて、束縛から解放されてください。

 

 

●吉田かおり書籍●
ヨーガ的生き方はあなたに力を与えてくれます。
「変わりたいのに変われない」
「自分らしさってなんだろう」
そんなあなたにオススメの1冊。
↓↓↓

ヨーガの落とし穴 ~そこで学んだもの~
            
Kindle版
一目置かれる「自分センス」の磨き方
〜「カッコいい」女性でありたいあなたへ〜

Kindle版 自分を大切にする5レッスン