yoshida-kaori.com

先日クライアント様が、平成はどんな時代だったかを振り返ることとなったそうです。新しい令和という時代になって、過去に意識が向いたとのこと。

 

そうしたら‥‥
「もう過ぎ去っていたこと、あれは仕方なかったこと、そう思っていたことがどうしても引っかかってしまい、そのことが頭から離れなくなってきてしまったのです」

 

 

このようにおっしゃいました。

 

 

具体的にお話を伺っていくと、結局その時起きたその引っかかる「出来事」を「変えたい」と望んでいらっしゃいました。でも、起きた事実を変えることなどできないことは周知の事実です。変えたいと望んでいるけど変えられるわけないとわかっている。そういう状態。

 

だから‥‥

「あの時、ああしたばっかりにこうなってしまった。

だから、こうすれば良かったのに‥‥」

 

 

こんな思いが頭から離れなくなる。
変えられないってわかってるけど変えたいと望んでいる状態。

 

 

その過ぎ去った出来事、
その過去の事実は変えることはできません。

 

そこに対して「ああしておけば良かったのに」と思いを寄せ続けることは結果的に、過去の出来事に縛られ今が不安になり、「なんであんなことをしてしまったんだ」と自己卑下・自己否定の渦にのまれるのです。

 

 

それが「頭がザワザワする」という不快な症状となって出ているのですね。

 

 

このようにして過去のことに思い悔やんでいる時、
今ある体も心も幸せで喜びあるものとは言えません。そういう「今」を過ごしていれば、当然その先の未来は決して喜びある素晴らしい未来なんかやってきません。

 

 

なぜなら、未来は今の積み重ねです。

 

 

喜び溢れて幸せな未来を持ちたいのなら、やっぱり今に何ができるか、今何をしているのか、それしかないです。

 

だから、ほんというと、「今、できることを喜んでやってさえいれば過去も未来もそこに意識を向けそこに止まる必要なんてちっともない」のです。

 

だって、もっと違う次元からみれば過去も今も未来も同じです。

以前に書いた記事にもこんなこと↓書きました。

つまり、 自分がどこにいたいか、過去か今か未来かは選択できるんですよ。

 

「過去は変えられない・・・」

「未来はわからない・・・」じゃなくて。

 

そういう思いのなかいると、結果的に過去を悔やみ続けたり未来の不安に気を払い続けたりします。そしていつのまにか知らない間に「過去」あるいは「未来」を選んでその過去(未来)に生き続ける場合だってあります。

 

 

その場合、自分の意識的な選択のもとではなからそのことに気づけないんですよ。自分が過去(あるいは未来)を選んでいることを。

 

だから「今」が全然充実できない。

 

結局私たちが生きるこの世界は三次元なのですから、やはり、わかりやすくいうならば過去や未来をよくしたいならば「今」をよくするしかないのです。

 

未来を知りたいなら次元を変える

 

 

「あんなこと、すべきでなかった」と思うような選択を時にするときもあるでしょう。いわゆる失敗経験。人生の中で当然起こりうることです。人は完璧に生きることなどできないわけで。

 

だから、その失敗経験をした自分を許す必要があるんです。

 

その許すやり方は、理性で片付けることではうまくいきません。

理性で物事を納得することは、大人ならば大抵の人間ならできます。その場では。

 

 

でも、根っこから納得するには理性では解消できません。

そこで役立つのが感情なんですよ。

 

 

感情は自分に起こることのサインであり、そのサインを受け取りそこから先その体の持ち主である自分がどんな行動をとるのか。自分をよりよくするために、どんな行動をとるのか、なのです。

 

感情を抑圧して理性的に解決へ向けても、このクライアント様のようにふとしたことをきっかけに、湧いて出てくるようになるのです。

 

クライアント様は、自分の失敗体験を許せず、また自分のネガティブな感情を抑圧して理性的な解釈で起きた出来事を処理されていました。

 

今を充実して幸せに生きるためには、どんな自分をも認め自分への抑圧を解放するほかありません。そのことに気づき、ご自身の眠っていた感情の塊をこれから少しずつほぐしとかしていくきっかけになるお時間になりました。

 

 

 

 

●吉田かおり書籍サイト●
Yoga salashanti book’s 
ヨーガ的生き方はあなたに力を与えてくれます。
「変わりたいのに変われない」
「自分らしさってなんだろう」
そんなあなたにオススメの1冊。
↓↓↓

ヨーガの落とし穴 ~そこで学んだもの~

アマゾンKindle版

一目置かれる「自分センス」の磨き方
〜「カッコいい」女性でありたいあなたへ〜


Kindle版 自分を大切にする5レッスン