yoshida-kaori.com

世の中には男と女しかいないなか、その男女がするセックスによって不幸になる人もいれば、幸せになる人もいる、そう思います。

セックスと幸せの関係

こんにちは。吉田かおりです。

 

 

私は以前、「セックスでは幸せになれないワケ」という記事を書いたことがあります。

 

セックスの繋がりで独り占めできる感覚ってありますよね。

これ、独占欲です。

男も女も、性欲と独占欲は繋がってます。

 

べったり親密であるからこそいつも笑いが絶えず、価値観が全て一緒でなんでも分かり合える♪いつもラブラブでセックスも毎日充実‼︎そんなハッピーな関係がいい‼︎

 

本当にそうなのでしょうか・・・?

 

いつでも四六時中べったりいるからその男女が幸せだとは決まってません。

べったりくっついていなきゃだめだなんて、
それは脆い証拠では‥‥。

 

セックスでは幸せになれないワケ

 

まるでセックス否定のようにも受け取れるこのタイトルですが、セックス否定しているわけじゃありません。愛のないセックス、セックスのない愛、これには意味がないということです。

 

 

たとえば「セックスはそれなりに満足だけど幸せを感じられない満足していない」こんな場合だってあります。

 

 

つまり、「相手と毎日のようにセックスをしている。でも慢性的な不満感があって正直幸せといえない」

 

 

こういう悩みを持つ場合もあるんですね。

 

 

セックスなんてしんどいことしなくても魂から繋がっているとお互いが嘘偽りなく思え、実際に日々に満足を得ている。だからセックスは本当にほとんど(あるいは全く)しない、という場合もあるようですね。

 

 

セックスが重要かそうでないか?

 

 

 

私が正直に思うところ、
人間なんだから重要 かと思います。

 

 

まぁでも、お互いがどういうものを望んでいるのか、ここが一致することが結局は大事なことなのかしら。

 

 

求めるものが一致していない

読んでいるあなたが男であれ女であれ、自分のパートナーがいたとして、そのパートナーとの性の関係(←ここではあえて「セックス」とせず、それを含めた「性の関係」で表現しますね)について

 

 

あなたは本当に喜び満足を感じることができているのか?

 

そして相手は本当にどうなのか?

 

 

男女の関係とは、ある程度の主従の関係が必要だと思っています。いや、というよりも、世の中には必ず主従の関係があって、どの環境においても何においても上位に属するものには逆らうことはできないようになっています。

 

 

ここを基本的に考えると、
男女の関係にも絶対的に崩してはいけない主従の関係があるということ。

 

 

でも、ここだけを読むと‥‥

誤解も招きやすい。

だって、私自身が思う男女の主従の関係について最悪の描写はこう↓です。

 

「オラオラ男がオラオラいきがって男の大きさ強さを誇示し支配的な態度を振る舞う…、そんなオラ男」「黙ってなんでも耐えて献身的に男のために尽くす自己犠牲女」というのが私の中の最悪の描写。

 

 

あーほんと最悪ね。

でも「主従関係」の言葉から連想するのってこういう関係かと思いますがいかがでしょう。

 

 

でもある人に言わすと‥‥

「女性が一歩引いて男をそっと支えることで、結果的に男は女を本当にしっかりと守れ、女は喜びや幸せを感じられる」

 

 

わかりますでしょうか。

これも主従関係なんです。

 

 

この文章の中にある「結果的に」の部分。

 

 

これって男性が男性故にある統率力で女性をリードしてこそ生じてくる結果。

 

 

つまり、男性は男性としての本来の在り方であれ幸せ。

そして、女性は女性としての本来の在り方であれ幸せ。

 

 

これらは信頼関係の上に増幅してきます。それがないまま男性が女性に対して「支える」ことを求めるとなると、女性は自己犠牲と化してしまいそこには喜びも幸せもなくなります。

 

 

 

以前「異性に愛されたい‥‥は、ほどほどにね」の記事にこんなこと書きましたが、まさに【男の包容力とか統率力】の部分についてです。

 

「男は女を守ってなんぼ!」そんな表現もありますが、男の強さ包容力とは確かにそれは大きいもの。その大きな力で守るのは「女」であったり「子ども」であったり「家庭」、あるいは戦争に出て「国家」を守る、とかも同じ。そうやって「誰か/何か」を守ることで自分の価値を見いだしている。

 

それができることでようやく自分の存在の意味と繋がる、というのがDNAレベルで起きているのではと思うのです。

特攻隊で「お国のために」と命を投げ打つそれは言い換えるなら「代わりはいくらでもいる」なのです。自分の代わりはいくらでもいる、では「存在の重要性」を見出すことが困難になります。

 

そういう摩擦が男性の中のぼんやりとした「自分の無価値感」でありそれを克服するために守るべきものを必要としているのが男性の特徴にあるのかと思います。

 

そんな過酷さをもつ男性だからこそ、女性よりもたくましく強い存在なのだと思う。

実際ね、どんなにいったって、女は男に敵わないですよ。力だけではなく、能力も含めたあらゆることが。きっとそうでないとやってらんない対応できない。それくらい、男性は女性と比べると生きづらいということです。

 

異性に愛されたい‥‥は、ほどほどにね

 

 

でもこれを、「男女平等‼︎なんで女が一歩引かなきゃいけないの‼︎女だって強いんですから‼︎」と主張する女性。また、「男ってのは、とにかく強いんだ‼︎黙ってなんでも聞け!」と主張する男性。

 

 

ただその「部分」を主張するだけでは絶対うまくいきません。

 

 

男性の方で言えば、その要素はなくす必要はないのです。それが男。男って強いです。それが当然であり男性は男性としての性の原理を認めて良いのです。

 

 

でも、それによって女性が喜び幸せを実感し続けていくためには「何が必要なのか」を知らないと履き違えてしまうでしょう。だからこそ、男性の中の「女性原理」を知る必要があるということ。

 

 

 

女性の方で言えば、
自分が女性として存在している性の素晴らしさを受け入れること。

 

 

男女平等と立ち上がった女性の主張は社会全体に変化をもたらせ大変素晴らしかったことかと思います。ですが、その後‥‥何でもかんでも男女平等を訴えすぎてしまうのはズレていませんか?ということ。

 

 

どうしても、同じ/平等とはいかないです。

 

自分自身が自分の性を受け入れ、違いを受け入れることが大切。

 

マンネリするのはなんでかな

まず、人生には「マンネリ」はつきもの。

 

 

男女の出会った当初はトキメキラブラブだったのに、なぜ年数経つとともにその感覚がほぼ登場してこなくなるのか?

 

 

それがやっぱり‥‥
「男女の主従関係」ってなってくる。

 

 

多くの男女は恋愛して結婚して子どもを持つことでまず女性は女を捨ててしまいます。。。

 

 

女性として存在する自分の女性性の「女」を外し、「母」として、あるいは時に「男」としてやっていかなければ子育てができない、そんな厳しさもある。

 

 

 

相談者の中に最近はセックスレスの悩みが多いです。

Aさんのお子さんは、まだ4歳と小さく子育てに奮闘中で旦那さんとはセックスレス。旦那との将来の不安を感じているとのことでした。

 

 

「初めの頃は旦那に求められていたけど何度か断ったらもう言ってこなくなった」

 

 

だからこの先が旦那も自分もどうなるのかが不安だという内容でしたが、現状は奥さんが旦那にした態度によって、「今はしたくない」という望みが叶っています。

 

 

 

女性は子どもを持つことで母となり、

自分が「女」という部分から離れてしまう人が多いです。

 

 

でも、そもそもそういう状態になるのも、

それまでの男女の関係に絶対的な信頼関係の上の主従関係がないからと言えます。

 

 

男は男として中途半端にしかなれず

女も女として中途半端。

 

 

 

 

自分が自分の性を認めずぼんやりとしてしまい、そうやってお互いが空気のような存在と化していくんじゃないかな?と思うのですね。

 

 

 

本来の自分自身を見失うことで生きづらさは起きてきます。まずは「自分の性を受け入れる」ということから初めてみてはどうでしょうか。

 

 

 

限りある人生、今以上にできることは今しかありません。

歳を重ねていけばその先にできることはその年齢でのことしかありません。

 

 

 

私たち本質は物質を超えた魂ですが、物質である体を持っています。

物質であるこの体にも喜びを反映させることなければ本当の豊かさには繋がらない。

 

 

 

自分を受け入れ、自分の「男」、「女」を磨き、その統合へと向けて物質と精神のバランスをもち幸せを人生に反映させていきましょうよ。

 

 

 

●吉田かおり書籍●
ヨーガ的生き方はあなたに力を与えてくれます。
「変わりたいのに変われない」
「自分らしさってなんだろう」
そんなあなたにオススメの1冊。
↓↓↓

ヨーガの落とし穴 ~そこで学んだもの~
              
Kindle版
一目置かれる「自分センス」の磨き方
〜「カッコいい」女性でありたいあなたへ〜
            
Kindle版 自分を大切にする5レッスン

Related Posts

おすすめ関連記事

関連記事はありませんでした