yoshida-kaori.com

坐骨の問題がある方は、私が関わらせていただく中でかなりの割合で出てきます。内臓が冷える問題も、睡眠の問題の根底にも、また頑固な首こりも、股関節痛も、先日からのお客様は、みなさん【坐骨の問題】がありました。

 

こういった点から、

坐骨の問題とは「不調の元」になっていることが多いと思われます。

 

(「物理的な骨盤の歪み」を言っているのではありませんよ〜)

 

ですが!
実際に検査を通じて今の自分の状態がどんな状態なのか、それが本来のものなのか、そうではないのか、ヒーリング前と後でその違いを実感してもらうことはできます。

 

こちらの写真の方の場合、脳から情報を探りながら「右坐骨」に問題があることを捉えた私は、早速あぐらをかいていただきました。すると、このような状態。伺ってみると右股関節痛が何年も前からあるとのことでした。

 

 

そのほか立位の状態で背骨の強さをチェックする検査をして見ると、体はぐにゃぐにゃで背骨の力も弱いことが確認できます。

 

(坐骨に問題があると、その上に連なる背骨も本来の力を発揮できません。)

 

 

坐骨に関しても、またその他の問題に関しても、ヒーリングでは物理的刺激はほぼありません。また一切症状を発している箇所や、坐骨部分などを触ることもありません。

 

ですが、イネイトヒーリングをするとみなさん確実に変わられます。

 

 

この写真の方は、坐骨に対するヒーリングのほか、このような状態にしか座れず股関節痛を引き起こしている原因をさらに探り、それらもヒーリングしていくことで、座った状態がかなり変化されました。1度だけでは「左右差なし」とまではいきませんでしたが、本人が座った時にすぐ自覚できたほど膝の位置が低くなりました。(ヒーリング後の写真は、規制があるため載せませんー)

 

 

「さっきまでは痛くてやろうと思っても(膝の高さを)ここまでおろせなかった」

 

とおっしゃっていました。

 

 

また、見た目においてこのような写真のような状態はなくとも、坐骨の問題がある方は多いです。先日のクライアント様は、主訴は「睡眠の問題」でしたが、坐骨の問題もあり、まずはそれをよくする取り組みから行いました。

 

その後続けて主訴である睡眠の問題を引き起こす根本原因を探りながら、本当に癒すべき箇所を捉え、ヒーリングしました。

 

結果的にこれまで「熟睡した」という状態がしばらくの間経験なかったそうですが、まず初めてお越しいただいたその日の夜は、しばらくぶりにぐっすりと眠れたそうです。

 

 

ベストな状態になるまでに、たった1回で全て改善というわけにはいかないのですが、まずは「ほぼ何も触らないのにどうしてか変化する経験」をしていただくこと。これが重要です。その経験を通して、「自分の体の可能性を実感できる」からです。その事実を「体験できる」ということです。これまで自分の体に持つことなかった可能性を経験から持つことができるということは、確実に自分の存在に対する捉え方が変化します。そういう経験はヒーリング効果を高めます。

 

 

また、体に起きている不調症状とは、心が必ず関係します。
ですから、カウンセリングを重要視し例えば職場で抱えるストレス、家庭の問題、そういった様々な環境で起きる感情の葛藤について、現状の意識レベルを高めていくための関わりをさせていただいております。

 

坐骨の問題について詳しくはこちら↓

右側のお尻が痛くて座布団を持ち歩きたいほどの症状は坐骨の問題があった

 

 

 

 

●吉田かおり書籍サイト●
Yoga salashanti book’s 
ヨーガ的生き方はあなたに力を与えてくれます。
「変わりたいのに変われない」
「自分らしさってなんだろう」
そんなあなたにオススメの1冊。
↓↓↓

ヨーガの落とし穴 ~そこで学んだもの~

アマゾンKindle版

一目置かれる「自分センス」の磨き方
〜「カッコいい」女性でありたいあなたへ〜


Kindle版 自分を大切にする5レッスン

Related Posts

おすすめ関連記事

関連記事はありませんでした