yoshida-kaori.com

先日お越しいただいたお客様は、現在長く服用している降圧剤をできるだけ飲みたくないというご希望をお持ちでした。

 

下半身の動脈疾患による血管閉塞があり、自然にできた血行路によって下肢への血流が行われているそうです。

 

症状としては手足の冷え、ふくらはぎの痛み。

 

血管の問題があるためなんとか循環器を良くしたいと毎日のウォーキングも続けられているとのこと。

 

 

情報を探ってみると、この日捉えることができたのは 心臓、両肺下部、左腎臓、とそれぞれに違った問題が起きていることが読み取れました。これに関連して機能を悪くしている筋肉は右側の大胸筋が出てきます。

 

また、両太ももの前側の筋肉機能が悪くなっていることも情報として捉えられ、それについては右脳が出てきました。

 

 

こういった情報は、全てクライアント様の脳から情報を拾っています。
そのことが、実際にどうなっているのかをお互いが確認できるために、体の検査をしていきます。

 

体の検査をすると、
体の不思議を実感するしかない‥‥そんな感じでもあります。

 

 

まず、仰向けに寝た状態で、私がクライアントさんの片手首を下方に引くと、「ぐにゃっと伸びる方」と「ほとんど動かない方」とお互いが確認できます。

 

これについても、引っ張ってみてどっち伸びてどっちが伸びないのかを確認しているのではなく、こちらが先に情報を捉えていますので私の方はわかってやっています。

 

そこで次に、
クライアント様の片手で私が捉えた根本問題箇所を触ると、伸びていた腕が、どれだけ引っ張っても先ほどのようにぐにゃっとしません。固くほとんど動かない状態です。

 

 

ですが触れてもらった手を離してもらい、

再度手首を持って下方に引くと、またぐにゃっと伸びます。

何度繰り返してもこれは同じなのですね。

 

★体の検査の他の例はこちらの記事を参考に

【イネイトヒーリング体験】他人を見て実感できること

 

こういう経験は本当に面白く、不思議な気持ちですがそういう体を知ると、本当はまだ知らないことだらけで自分をよくするということの可能性を感じることができるかと思います!!

 

 

ヒーリング最後にアジャストします。
手をクライアント様の体にそっと触れている状態です。
そして、
最後の確認をしていきます。

 

アジャスト前に片腕と片足がしっかりと固定されていなかった、(下方に引くとぐにゃっと伸びる状態だった)それは、もうすっかりと良くなっています。

 

どれだけ引っ張ってもガッチリです。

 

そして、大胸筋、それから両足の前側の筋肉も、全て入らなかった力がしっかりと入り、反応がよくなっていることが確認できます。

 

こうやって対面でヒーリングする際は、

実際の変化を確認しながら、症状が改善に向かっていくためにできることを継続していきます。

 

 

●吉田かおり書籍●
ヨーガ的生き方はあなたに力を与えてくれます。
「変わりたいのに変われない」
「自分らしさってなんだろう」
そんなあなたにオススメの1冊。
↓↓↓

ヨーガの落とし穴 ~そこで学んだもの~
            
Kindle版
一目置かれる「自分センス」の磨き方
〜「カッコいい」女性でありたいあなたへ〜

Kindle版 自分を大切にする5レッスン