yoshida-kaori.com

 

先日初めてお越しいただいたクライントさん。

お越しいただいたのは、心の悩みとそのストレスの影響で額関節が音がして口が開きにくいという症状でした。

 

ストレスが何かをわかりどうすることが必要なのか

先日の記事にてこの方のカウンセリングの様子をあげましたが、そのセッションの時間ととも、Yさんのお顔の表情は来られたときとは違って凛とされ、本当に良い表情となられました。

 

その後、現状に起きている開口の問題について、脳から情報を捉えていくと、体の中の本当によくするべき箇所がいくつか捉えられます。そして、いつものように、こちらが捉えた情報が一体どうなのかを、クライアントさんにも理解し確認してもらうためにも、体の検査をしていきます。

 

体の検査の時は、いつもみなさん笑いが出ます。
(体の検査とは?参考記事はこちら

瞬間に変化する体が信じられなくて。
信じられないけど実際にそうなっちゃっているから、なんだか笑いが出ちゃうんですよ。

 

 

その中でも、今日は舌のことについてです。

 

舌の問題があることを情報として捉えた私。

 

Yさんに、自分の舌の状態を時間をかけて(私が言葉で確認場所を言いながら)確認してもらいます。

 

そして、ある場所を触るとYさんの舌は勝手に動いて違う位置でとまるのです。
そしてその触れた場所を離すと元に戻る。

 

 

これは今の舌の状態が、本来の状態ではないというサインのようです。

 

それについてよくするための情報を捉えてアジャスト。

すると、アジャスト前の舌の位置から瞬時に違う位置に移動しそのまま戻らない状態に変わられました。

 

 

Yさん:「んん?!舌の位置が動いた位置でもう戻ってきません!・・・なんか、口の中が、舌が、すごい楽です!!」

 

私:「楽とは?どんな風に違うんですか?」

 

Yさん:「さっきまでは緊張した感じが常にあったんですけど、今はそうじゃないんです。口の奥がスーッとしてる感じ。」

 

 

舌の問題が、体の様々に起きる症状に関連することはあります。舌のことに限らず本当に様々なことごとを探り、そこから情報を捉えた上でヒーリングしていきます。

舌の問題においても、クライアントさんにわかるような方法があることをこの本を通じて知りました。脳の情報を読み様々なことを解消させていくことのプロ中のプロ。ものすごいレベルの方なのだと思います。

 

さて、
Yさんは舌の位置がすっかり変化し、今の舌の位置になったことで、「楽!!」とおっしゃいますが、そういう感覚の変化までわかるのですね〜。

 

口の開きにくさにはその時すぐには変化が見られずでしたが、継続して取り組ませていただくことになりました。

 

そして、
初診から数日経ってご報告のお電話が。

「(心の悩みとなっていた相手に対して)はっきりと自分の思いを伝えることができました。先生がおっしゃったように、何も怖がることなんてなかったです。相手は、全く私の想像していたものとは違い、私の言い分を聞いてくれました。

とにかく今回、自分が何もしないで逃げていたことが悩みを膨らませてストレスを増していたんだなと。今までの自分の生き方の問題がそういうことにあると本当に気づけましたし、勇気をもらえました。ありがとうございました。

それに、口が開けやすくなってます!!

あと、‥‥先生ってカンセリングの時に別人みたいですねー!(笑)。すごい強さみたいなのを感じました。また次回(予約日)よろしくお願いします。」

 

おっ!!すごい!いいですね〜!!
ご自分でとった行動力、それによって体も変化されているんですね。

素晴らしいです!

 

ちなみに、私はカウンセリングセッションの時には顔が変わるとよく言われます。終わったらもう戻ってるんですって。

 

つい先日も別のクライアントさんにセッション中ふと「吉田さん、なんか…男っぽいですね」と言われたのですがカウンセリン後は「今はまたさっきまでとは全然違って(普段の感じに)戻っている感じ…うん…顔も違う」なんですと。

 

セッションを進めていく時、私自身が感じるのは、何かのメッセージがドバーッてくるんです。その方に必要なメッセージが。

それを伝えるために私は自分の感情など使ってもあらゆる方法で相手に伝わるように話している、そんな感じです。