yoshida-kaori.com

呼吸がしづらい、苦しい、胸が苦しい、過呼吸が起きるなど…このような症状は職場でストレスを感じる時や苦手な人に会うときなど、精神的なものから起きているということを、自分の生活を振り返るだけで認識できる場合もあります。今回は過呼吸についてまとめてみました。

過呼吸直前と過呼吸になった時に感じていること

心と体のセルフアップサポート専門
吉田かおりです。(私のプロフィールはこちら

 

過呼吸の症状や人前での過剰な緊張感を持ってしまう人は、どんな状況の時にそれが起きているか、振り返ってみると、

 

心がすごく不安な状態であったり、
緊張状態の最中という状況であるなどのことと思います。

 

 

はじめは

ドキドキドキドキ・・・・と心臓の音

 

そして、いつの間にか

「息が苦しい!」「息が吸えない!」


といった身体感覚症状になり、

 

 

「このままどうなってしまうのか?(強い不安感・恐怖感)」

といった気持ちへ‥‥。

 

その強い不安と恐怖体験から

「また起きてしまったらどうしよう」
といった予期不安を持ちやすくもなることから、慢性的な不安を抱きやすくなってしまいます。

 

「息が吸えない」

「息苦しい」

「呼吸ができない」

 

過呼吸時のこの身体感覚は、意識としては死を意味することですからその不安と恐怖感はかなり強いことと思われます。

 

 

それと共に徐々にその他の身体感覚として

「手がしびれる」

「頭痛が起きる」

「動悸がする」

「意識が混乱する」

 

などが起きてその果てに発作(パニック)を引き起こしやすくなるようですね。

 

理解したいことは、

呼吸が苦しいという事象は意識としては死を意味していくことへ繋がりやすいのですが、実際には体の内側では決して死へ促しているのではなく、あなた自身を守るために緊張の状態が起き始めているということ。『守るため』です。

 

 

今、落ち着いている時に
そのような状況になる時の自分をイメージしてみながら、客観的に自分をみてみるんですよ。

 

そして、

不安でいっぱいになっている自分に対して「不安を抱いているんだね、その不安ってもともと何に対して抱いていたの?」と問うてみるんですよ、イメージの中で。

 

不安が強まっている自分に

「不安がっちゃダメ」「不安に思うことない」「大丈夫大丈夫」

などと声をかけても不安を煽るだけです。
不安なんだし大丈夫じゃないんだから。

 

過呼吸の原因とは

人の呼吸とは、吸気と呼気のバランスでもあります。そのバランスが何かの拍子に偏ったり乱れたりすることもありますが、それでもトータル的にバランスを保っています。ランニングすれば、自然に呼吸を短くし回数を増やして体内に適切な酸素を取り入れるように、そうやって無意識にバランスしています。

 

また、ストレス状態の時も同じ。
呼吸が早くなり、酸素がたくさん肺の中に入ってきます。そして二酸化炭素がどんどん出ていっています。

 

過呼吸は、
走ったりするなど肉体面の影響はない(肉体的には呼吸回数を増やす状態では本来ない)にも関わらず、増える状態。精神的な影響が体のバランスを崩しているというサインでもあるし、肉体的な何かの問題が関連していることもあります。

 

(これらは『イネイトヒーリング』にてその人の脳の情報を捉えて行くことで本当の原因を調べてよくして行くことができます。2019.1月追記)

 

 

精神的な影響とは、強い不安にあるとき。そのとき体の防衛反応が働き、緊張させて自分自身を守ろうとする働きをしています。

 

その働きは、自律神経で説明すると交感神経優位に切り替わること。呼吸においては吸気が交感神経支配ですから「吸気が過剰」にされて行く流れになります。

 

交感神経過剰になると気管支は拡張します。
息をどんどん吸い込もうとする働きです。

 

ですから、とにかく

「酸素を過剰に取り込んでいる状態」なのです。

 

ここで、体を守るための働きはちゃんと起きます。

脳からは”呼吸を止めろ”という命令がちゃんと出されているわけです。

 

 

ところが‥‥
私たちの意識を司る大脳皮質は、
「呼吸(息が吸えなくて)ができなくて苦しい!!!!」

と感じてしまいます。

 

そして
もっと呼吸しなくちゃ!!
深呼吸しなくちゃ!!

 

 

でも‥‥もうわかりますよね?深く吸い込もうとしたらダメってことが。

これが「過呼吸」が起こるカラクリです。

 

もしあなたの周りに突如、
過呼吸になって苦しそうにしている人がいたら、慌てずに対応してあげてくださいね。

 

「はい!
ちょっと息止めましょう」
って。

 

それから、落ちついて声をかける。

 

「呼吸は深くしようとしなくて大丈夫ですよ」

「呼吸のリズムを意識してみましょうか」

 

などと声をかけて背中をそっと触れてみると良いかと思います。すぐに落ち着いてきますから。

 

過呼吸になっているとき、どれだけ吸おうとしていても体の中に酸素がうまく行き渡らない状態です。その原因は呼吸のしすぎにあるのですから、少しの間呼吸を止めることが必要です。

 

胸の苦しさは心の問題として受け止め放置しない

たとえば職場で過呼吸が引き起こされる、とします。

 

その職場を振り返ってみると、上司の態度、あるいはそのほかの人間関係に対して、とても怯えている(緊張している、過剰に相手の目線を気にしているなど)そういう自分があったり、あるいは仕事の量が多すぎて上手く回らない状態が続いていたりするなど‥‥ストレスを感じる場面があったとします。

 

まず、
職場であってもその立場を持つのは「自分のため」です。
自分の人生は自分のものであり会社のためではないです。人生の中心にあるのは「仕事」ではないです。人生の中心にあるのは「自分」です。自分をよりよく生きるために仕事があります。

 

ならば、我慢我慢、職場とはそういうもの、などという考えは変なのです。

 

 

このような我慢は抑圧にしかならず、臓器にだって悪影響を与えます。

決してストレスから逃れられません。

 

だから、我慢するだけとした在り方を選んだその時点から相手に自分の力を渡しているってことなんですね

 

 

(私の心はあなたにお任せ…)

 

そんなことをしていたら
あなたの幸せも不幸も全部他人任せ!ということになってしまうのですよ。

 

「それでいいのでしょうか・・・?」

 

心の問題として、そういう部分が自分はどうだろう?と自分自身に問いかけ、自分の答えをみつけることです。自分を持つことです。

 

相手に力を渡さない・奪われない在り方

先ほどの例えのように、気になる人間関係がある時、相手に対するには「自分の考え方」に注目していきます。

 

自分の考え方に注目することなく、相手の在り方に意識を向け続けている以上、相手主体になるばかり。だから相手によって振り回されてしまうんですよね。そういうポジションに自分の身を置くことからそうなってしまうわけです。

 

では、
我慢しないでもっと自分が自分らしく過ごせるようになるにはどうしたらよいのでしょうか?

 

それはやっぱり、
自分を中心に物事を考える。
(決して自分よがりで自己中心的とは違いますよ)

 

確実に流れが変わっていきます。
方向性が変わっていきます。

 

「あなたはどうだこうだ」
という言い分を置いておいて、

 

「私はこうだ、ああだ」
という言い分にしていきます。

 

 

そして、
自分が何を感じているのかをよく知ってみてください。

 

理不尽な対応をされたり
納得できない事々を我慢するなど、
そのような繰り返しをしてきてはいないか?

 

こういった状態は、結局自分で選んでそうしているということ。そしてそれをすることは幸せなことではないこと、しんどいこと、苦しいこと、辛いことだ…そう理解することに時間を十分にとってみましょう。

 

 

でも今度はこんな考え方↓に迷走するかもしれません。

 

「我慢ばかりはしんどいけれど‥‥相手に意見して争うのは怖いし嫌だ」


「どうせわかってもらえないはずだから‥‥」


「きっと、そんなことしたらただじゃすまないはずだ」

 

そうなると、また同じ考え方にすぐに元に戻っちゃうんですよね、「やっぱり我慢するしかない」と。いやいや諦めないでくださいね。我慢ではない本当の解消法はあります。

 

自分らしさを求める

自分を大切にすることがなされていなければ、全てのことは「偽善的」になります。自分がどうしたらもっと自分らしく居ることができるのか、といったように自分を大切に考える癖をつけていくのです。

 

 

人は、自分の気持ちや感情、思考、行動の責任は自分にあるのだということをどれだけ自覚しているかによって大きく変わります。

 

諦めずに一歩、そしてもう一歩、もう一歩、自分に向かってみると、思考が変わっていきます。

 

「相手と争うのではなく、自分の気持ちを表に出して意思表示出来る言い方ってどんな感じだろう」

 

この方向へと流れを変えていきましょう。

 

相手を敵とみなし、争う体制をもつから、


「そんなことはできない」  


「そんなことをしたら大変だ」

 

と思ってしまうわけですが、戦いをするわけではないのですから。

 

 

もし、
あなたが誰かに嫌がらせをされたりするようなら状況があるならば、あなた自身が相手に対して「怯え」という反応をしていないか確認してみる。まず自分。自分を振り返る。もし怯えが多少なりともあるようなら、その相手の心中の「脅してやりたい」衝動をどんどんと働かせてしまうことに繋がります。

 

そういう類の相手は、他人に意地悪をすることで「自分は他者から意地悪されない」「自分の方が強い」などという…決して幸せを実感できるような思考をしてないものです。それによって自分の安全を保っていると大きな勘違いをしているのです。

 

人に意地悪をするような人は幸せを実感できてませんから、絶対。
だから、そんな不健全な関係は断ち切ります。

 

自分のためにもっと適切に相手と関わるのです。

 

自分のために『自分の気持ちを争う形でなく伝えること』ができる人は、相手との歪んだ関係性を断ち切り、相手の問題を相手に返していくことになるのです。

 

呼吸機能は自律神経をコントロールできる

呼吸の不バランスによって生じてくる過呼吸ですが、不安や恐怖、抑圧といった過度な緊張から体の調節系である自律神経のバランスが大きく崩れ過呼吸を引き起こしてしまいます。

 

自分を大切にする在り方を身につけていく努力によって、見失っていた自分を取り戻していくことです。自分らしく生きることです。

 

自分を持つことで物事をフラットに見ることができます。おかしいことはおかしいと認識できます。疑問を感じ、そういうことをスルーせず、自分にとって適切な表現をします。そして、不自然に物事を過剰に捉えてきたことに対して、なんだ実は何も問題はないな、といったようにとてもシンプルにとらえることができるようになっていくはずです。

 

 

そして、呼吸機能とは唯一無意識に行われている自律神経の働きを調整できる部分です。

 

吸気は交感神経
呼気は副交感神経

 

胸が苦しくなってきたとき、
「息が上手く吸えない!!」と感じ、死の恐怖や猛烈な不安に掻き立てられ心がパニックになってしまうこともある過呼吸。

 

吐く息をスムーズに行わせることが吸う息の正常化を取り戻すコツです。

 

そして、この自律神経を調整できる呼吸法を普段から取り入れてみることをお勧めします。

 

腹式呼吸を日常的に行ってみること。

 

お腹に風船があるとイメージして、
吐き出す息からしっかりと意識を向けて練習です。

 

 

吐き出す際にはお腹の力を絞って吐き切っていきましょう。

 

そして次にお腹の力を緩めながら
お腹(風船)を膨らませていくイメージで吸い込んでいきます。

 

腹式呼吸が身についてくると、お腹→胸→肩といった感じで胴体全体で呼吸をしていくことができます。

 

感覚が鋭くなっていくと、胴体というよりも
身体全体で呼吸ができるようになっていきます。

 

胴体全体、身体全体で呼吸をするイメージができると、意識がとても広がっていきます。この意識の拡大が心に癒しを与えるのです。

 

そもそも自律神経ってなんだっけ

自律神経とは、人間の体の調節機能を担う重要な働きをしています。

「交感神経」「副交感神経」

これら2系統のことを自律神経と呼びます。

 

脳の視床下部から指令を受けて
24時間生命維持のために対応してくれているわけですね。

 

この2系統はシーソーのような関係で働きます。

簡単にいうと

交感神経(緊張)

副交感神経(リラックス)

 

 

交感神経の働きによって、
活動的に行動することもできます。
しかし、それが過剰になると

 

心臓はいつもドキドキドキドキ・・・・
汗がダラダラ・・・
筋緊張で体がこる・・・
便秘がち・・・

 

などなど、いくつも問題が起き体に負担が押しかかってきます。
身体的ストレスから精神的ストレス、農薬や添加物、薬害などの蓄積も大きなダメージとなります。

 

 

 

では次に副交感神経。
この働きによって夜スムーズに睡眠に入ることも出来ます。
そして体を休めることもできます。

 

となると、リラックスの副交感神経が立派で大切、と思われがちかもしれませんが、リラックスのし過ぎもダメなのです。

 

身体全体に血液をうまく循環できない・・・
喘息やアレルギーを引き起こす・・・
やる気を出せない・・・
下痢がち・・・

 

などなど、こちらの場合もいくつも問題が出てきます。

つまり、自律神経の交感神経・副交感神経はバランスがとても大事ということです。

 

どちらかというと全体的には副交感神経が優位になりつつも時と場合によっては交感神経がきちんと働く、という関係が良いようです。

 

自分の命ですから

 

この世を去る時の呼吸は「八ッ‥八ッ‥」と口を開けて肩を引きあげながら息を短く素早く吸い入れます。この時の吐く息は人にとって重要ではないようです。

 

命の終わりが近づくからこそ、自然に体は『この世で使い切らなければいけないエネルギー』を使いきるために、交感神経を優位に立たせ活動する。それを使い尽くすからこそ、肉体から息を引き取り次の段階へ向かうことができます。

 

だから、とにかく
息を吸うことも吐くことも生きること。呼吸について「吸うこと」の方が重要(表)で、吐く息はその残り(裏)のようなイメージをお持ちの方が多いような気がしますが、二つで一つである呼吸をよく理解し、生きていることの証である「呼吸を大切にする=自分を大切にする」ことを日常から行っていきましょう。

 

 

【関連オススメ記事】

呼吸が浅いと肩こりになりやすい

 

イネイトヒーリング(対面/遠隔)について

体や心の不調に向けて浄化・癒しによって根本から解消へ。
自分の本当に求めていることへ。

 

心理セラピーで豊かさを加速させよう

 

カウンセリング/自分磨き/

 

●心豊かな自分になる!無料メール講座●
ご登録はこちらから↓↓
「自分の認め方無料メール講座8ステップ」

感情と思考と行動が自分の人生を創ります。
自分が幸せになることを拒む思考を手放すためのステップへようこそ!

 

●吉田かおり書籍サイト●
Yoga salashanti book’s 
ヨーガ的生き方はあなたに力を与えてくれます。
「変わりたいのに変われない」
「自分らしさってなんだろう」
そんなあなたにオススメの1冊。
↓↓↓

ヨーガの落とし穴 ~そこで学んだもの~

アマゾンKindle版

一目置かれる「自分センス」の磨き方
〜「カッコいい」女性でありたいあなたへ〜


Kindle版 自分を大切にする5レッスン