yoshida-kaori.com

どんな塩とってますか?

こんにちは。吉田かおりです。

 

体を舐めればわかるように人間ってしょっぱい生き物です。私、「自分ってしょっぱい‼︎」と知ったのは、保育園のお昼寝時間。眠くなくて、暗い部屋のなか一人起きていたとき、暇だからよく自分の腕をチュッチュして気づいた‼︎結構衝撃だったです。

 

 

この「塩」が足りなくなれば体の不調は起きて当然なんです。

結論、塩が足りなければボケる。
ボケるということは脳がやられるということです。

認知症などを引き起こすという流れです。

 

 

 

それから筋肉の機能が落ちる。

ということは、心臓も働きが弱まる。

ということは、血流が弱まる、呼吸も悪くなる‥‥。

つまり活力が弱まる。

 

 

ほんとうに必要なミネラルを含んだお塩を取らず、ミネラルバランスが崩れてしまった塩(再加工塩とか加熱塩)や、化学工業塩(電気分解によって塩化ナトリウムだけを取り出した塩=「塩化ナトリウム」=食塩)などは人体が必要としている塩ではないのです。

 

本当の塩は、その塩をとるだけで体は熱を発し元気になるというのです。

私の実感としても確かにそう感じます。

意識的に塩をじゃんじゃんとるようにしているのですが、パワーアップした感じ、ありますよ。٩( ‘ω’ )و

 

 

人体約70%は血液を含めた体液(水分)です。
その水分に「塩分」が含まれています。

 

人の祖先を辿れば「海」につながっていく…、だから海水と人体の体液は似通ってもいます。含有元素のことですね。ひとまとめにいうとそれが「ミネラル(無機質)」です。

 

人が生きていく上でミネラルは必須。

人体の体液に活力を与えるには「本当の塩」を取ることで可能です。

(汚染のない)「海」のミネラル(塩)をとること。

ミネラルとは体内では作られないため外から補うことが必要なのです。

減塩と高血圧

「減塩しないと血圧が心配だから」とおっしゃるお客様。降圧剤をもう長年飲んでいらっしゃるとのこと。塩を取らないように気をつけているとおっしゃったのですが、その減塩すべき塩とは、薬局で売ってある化学薬品「塩化ナトリウム」と全く同じである「食塩」(=塩化ナトリウム)です。

 

降圧剤を飲んで血圧を下げている方は本当に多くいらっしゃると実感してます。

 

病院へ行けば血圧が基準値より外れれば「高血圧」ということで薬を飲み続ける流れに入るわけですが、お塩を見直すことが大事。それによって、そのお塩次第で他の病気を招いたり、その逆で血圧を正常化させ元気を取り戻すかも知れません。

 

とにかくまずは、
本当に取るべきお塩とそうでない塩を見分けることが重要です。

 

必要なお塩と必要でない塩がある。

冒頭にも書いた「食塩」が必要ではない、減塩すべきと言われる塩です。

そりゃ当然のこと、化学薬品じゃあ必要なミネラルは当然全くない、だけじゃなく害がある。だって、食べもの(食塩)と言いながらも化学薬品なんですよ。そんなものせっせと毎日摂取する訳でしょう?・・・。

減塩の代わりに添加物まみれっ

コンビニのおにぎり一つにしても、家で握ってしまえばただの塩味のご飯なのに、売ってあるものはそうは行かない。

 

酸化防止剤やらグリセリンなんちゃらとか増粘剤とか何種類もの添加物が入ってます。おにぎりなんてシンプルだから添加物少ない、とかじゃないです。ジャンジャン入ってます。塩分なくてもそっちの量半端ない!

 

化学調味料まみれのものばかりを食べ、人の味覚がどんどんおかしくなっているのではとも思います。

 

 

なんでも美味しく感じられる『味の素』とか、『ほんだし』をジャンジャン使って「美味しい」と思って食べるそれ・・・、ただ「美味しい」からって、どの料理にもジャンジャン入れてみんな同じ味になってるの気づいてます?

 

テレビを見てれば大好きな芸能人があの商品のCMに出てる♪

可愛い顔して美味しそうに食べてる♪

で、「良いもの」って思っちゃうのですよね?

 

本当の情報はテレビでは得られません。

だから、テレビをよく見る人ほど被害者になってしまうんです。

 

「健康のために味噌汁を!」って、毎日「ほんだし」使って作ってるくらいならあんまり健康に意識している行動にはなってないのでは・・・。

 

お出しをとるのが手間とか色々あるかもしれませんが、『だしの素の出番を減らす努力』はあった方が良いと思います。せっかく健康を意識されるのなら。

 

味の素、表示を変えて様々な食品に入っていますが、ささっと一振りでたちまち料理の仕上がりが美味しくなる。そう、私も知ってますよ。使ったことはありますから。でも、それをお料理で使ったのはよそのお宅で20年も前の話。自分で買ったことは1度もありません。

 

味の素のその成分って、どうなんでしょうね

私は使わないのですが、名前を変えて結構いろんな食品入ってますねぇ・・・。グルタミン酸ナトリウム。。

日本すごっ!!

日本は食品添加物大国。

イギリスでは21品目、フランスは32品目、ドイツ64品目、アメリカ133品目、で、添加物大国日本は、ずば抜けて351品目なんですと!!!

飛び抜けすぎじゃない????

 

ここまで飛び抜けてるのってなんで?と考えませんか?

厚生労働省は年々この添加物認可を増やしてますが一体この数字の違いはなんだ?

海外では禁止のものを日本だけ認可してるのもあるって一体何?

とにかく世界と比較しても、
やっぱりおかし過ぎますよ。。。

 

早く病気になって早く死んでねってこと?

 

という感じで日本の流れは、本当の塩を取らない代わりに化学調味料がてんこ盛りのものばかり。そうやって神経が毒され体が毒されていくことでも本当に病気は作られるのです。

 

だから不調や病気をよくしたいのなら、食べるものも見直すべきです。

何から何まで完全に安全なものをとることははっきり言って無理だと思います。

 

でも、

せめて人体に活力を与える塩は、本当に本物の塩に変えてみてはいかがでしょうか。それとかせめて、自分の体に入れるその食材を選別するとか。ただ賞味期限とかだけを見るのではなく。

 

そのためにはその選別基準になる知識を得る必要があります。無知で、ただ売っているものは安心だと何も疑いなく取り込むのは愚かなことなのです。無知は本当に愚かなのです。テレビや新聞、雑誌やラジオに騙されてはいけないのですよ。

お塩のあれこれ

私が試したお塩、色々ありますが、

ぬちマースはミネラル含有量がギネス認定されていると言うことで興味もち購入しましたが、私にはマグネシウムが多いのが合わないのか塩を入れたお白湯を飲むと確実に下痢をしてしまいます。

 

これって体に負担がかかっているってことなんです。

 

海水に含まれるマグネシウムは体液と比べると非常に多いそうですが、その辺りが私にはキャパオーバーのようでした。あと、個人的に味が好きでなかった・・・。

 

とにかく私は毎日せっせと塩を取りたいので日頃からジャンジャン摂取できる(下痢しない)お塩を求めており・・・

 

よかったのがこちら↓皇帝塩。

すごい美味しい。ほんと美味。今はこれ使っています。

でも、300gが1,436円とは、なかなか高い‥と感じます。

皇帝塩1kg(無添加 天然塩 )海水天日干し なら少しお得な3,590円。

それでもなかなかのお値段ですな。

 

で、

もっと高いけど、私の先生から「すごくいい」と聞いたのがこちら。

くだかの塩 月之雫(150g)

150gで2,376円!なかなかのお値段!!おぉおぉ〜〜!!高級!

 

そんななか、
最近知って早速今届くの待ち状態のお塩がこちらの天日海塩。

 

天日海塩 750g

 

750gで1,080円と、とってもありがたいお値段。

海が奇麗な南オーストラリアの海岸の塩田で、約2年以上かけて太陽と風の力と自然の力を借りて、結晶する塩を原料とします。表面のゴミやミネラルなどを飽和塩水で洗い、乾燥させます。その原料塩を、沖縄の塩職人さんが、手作業でゴミや色のついた塩などを取り除き、理想の粒子まで、粉砕・篩作業・乾燥を繰り返します。原料、製造工程で、一切熱を加えません。ですから『生のお塩』です。大海の神秘の力が持つ本来のエネルギーが、人間にやさしく届くようにと願いを込めて造った水に溶けやすく、体になじみやすい『生のお塩』です。

天日海塩750gの総販売元:お塩ちゃん夕張店  

 

日本の医療費は43兆円、それプラス介護費が10兆円。

相当おかしな数字です。

 

国税はいくらか知ってますか?

 

最近では58兆円。

もう絶句・・・。赤字じゃないですか。

年金制度も保険制度も現状破綻している状態です。

で、実際いつどうなるかわかりません。

 

自分の身は自分で守ることが大前提に必要です。

 

添加物大国である日本は、世界の30%以上の薬を使っているという薬漬けの人種です。何かおかしいと気づきませんか?