yoshida-kaori.com

美しい日本海の海を久しぶりにみて大感動!!

懐かしの・・・
長年住んでいた石垣島の海を思い出すような、本当に綺麗なエメラルドグリーンの海。

 

美しい場所は本当に気分を最高にしてくれますね。

そう、美しいって素晴らしい!

アンチエイジング目指すなかれ

この「美しさ」というものを、老いる人間の中でどの様に見いだすことができるのかが大切なんですよね。

 

アンチエイジング!!
アンチエイジング!!

ってね、

必死になるだけ生命に対抗してるのよね。

もっと自然体でいていんですよ。

 

若さが全てみたいな、そう言う発想は老いを認めないと言う苦しみを生むんでしょ。

 

10代20代の頃の恋愛はとにかく「見た目重視!」なんてほざいていても、歳を重ねてくれば多くの人が、相手を外見だけで選ぶのではなく、もっと違った部分、内面的なことに重きを置いて見るようになっていきます。

 

そうでなければ・・・

 

「本当は若い女がいいに決まってる」

「男とはそういうもの」

 

などと、自分の彼女を目の前にそんなことが言えてしまう『ミスコミュエロ男』になっちまうのです。

 

「私の彼はベンツ乗っているから好き♪」
とかっていってしまう女も同類ですね。

 

つまり、”外見を愛する”という人。
そんなのは薄っぺらで偽物なんですね。

 

どんなに言ったって、みんなおっさんおばさんになるんですよ?

おじいちゃんおばあちゃんになるんですよ。

 

自分もいい歳になっているのにどうして平気で恋愛中の相手にそのようなことが言えちゃうのか?もう‥‥自分よがりで相手を思いやる気持ちが持てない人なのだろうと思います。私ならそんな恋愛相手はドン引き。心の底から離れます。

 

さぁて、

歳を取っても綺麗なおばあちゃんっています。

カメロン・ディロリフィチェさんのように。

 

以前書いたこちら↓の記事に彼女の美しい写真載せてます。

 

お金をかけずに美しくなる方法

いや、綺麗、美しいです本当。

 

でも、どんなに彼女が綺麗っていったって
20代の肌の美しさには完璧負けなんですよね。

 

カメロンさんがどのような美容を意識されているのか、本当のところはわかりませんが、彼女の発言からは、彼女の内面の美しさを感じることができ私は素敵だなと感じています。

 

芸能界とか見ると、何十年経っても私が子供の頃と変わりのないよう人も結構いらっしゃいますが、シワがあまりになく、はっきりいって不気味。

 

年齢的に確実におばあちゃんと呼んでいい年齢のはずなのに。

 

これって相当不自然なこと。
おばあちゃんになっても肌がパツンパツンでピカピカしている〜って憧れます?いやぁ〜・・・あまりに不自然でやっぱ不気味感が出てきちゃうよ。とても憧れの的とは言えないー。

 

 

たしかに自分を大切にする一つに
肉体をメンテナンスすることがあります。

 

この体は人生を創造する道具ですから、大切なことです!でも必要以上になるのは間違っています。だって、それ以上でも以下でもないのですよ。

 

なぜなら私たちの本質はそこにはありません。

 

美を愛することは、
外見のことではないのです。

 

相手の肉体の奥にある魂(本当の自分)を求めることです。
そこを受け止め、そういう本質を持つのが人の存在(自分の存在)なのだと言うそのことを持つことです。

 

「モテる」ことを求めるのはなんで?

 

恋愛が続かず何をやっても虚しい理由

 

 

 

●吉田かおり書籍サイト●
Yoga salashanti book’s 
ヨーガ的生き方はあなたに力を与えてくれます。
「変わりたいのに変われない」
「自分らしさってなんだろう」
そんなあなたにオススメの1冊。
↓↓↓

ヨーガの落とし穴 ~そこで学んだもの~