yoshida-kaori.com

「ありのまま自分を大切にしたいんです!私は●の妻とか、子供の母親とか、●●●(フルネーム)でもなく、私は私、●●(自分の名前)なんです!ありのままの私を私は大切にするんです!」‥‥?え?、(苗字じゃなくて名ならいいんだ?!)えっと、とにかくそれで、自分を大事にしている満足感があるのなら自傷行為がやめられないというのは不自然なことですよね。

反発していればその反作用は自分へ

「自分をもつこと」

「ありのままを大事にすること」

 

これをするためには「人に合わせること」や「世間体を気にする」などをやっていたら不可能、と思っている時点でもう終わってます。

 

「他人軸で生きていたら疲れてしまいました」そりゃそうですよね。自分を常に抑圧し他人に合わせて生きていれば生きづらいだけです。

 

でも、だからと言って「自分だけ」になって、それが「ありのままの自分で自分を生きる!」と勘違いするともう本当に重度のコミュ障。結局はこちらもこの社会では生きづらさが増す一方です。

偏ったそれは同じです。

 

会話の中で「それ私興味ないんで」と空気をひんやりさせるなど平気でしてしまう場合じゃないんです。

 

確かに人の会話で興味ないこといっぱいありますよ。たとえばあなたが爬虫類の猛烈なファンで、犬猫に全く興味がない人だったとします。そこへ犬猫大ファンの人に「可愛いでしょ〜〜見て見てこのふわふわ〜〜」とかって動画見せられても「・・・」(私はふわふわよりもザリザリとかツルツルとかがたまらないの!)ってなりますよね?

 

 

でも、その「・・・」の中でもうまいことかわすことで、結局は自分が生きやすくなるのです。コミュ力はそうやって身につくのです。なんでもストレートに自己表現して自分をさらけ出していては結局は生きづらいだけです。

 

「興味ないから」この一言で終わるのは、お金が絡むようなことであれば全然問題ないことだとは思います。

 

良かれと思ってセールスしているその人に対して変に気を持たれて何度もセールスされるのはこちらも面倒ですし、相手に対しても「それいらない」とはっきり言ってやらないと、「見込み客」と思われている以上セールスしてきます。きっとお役に立てる、という思いを抱いておられるわけですから。

 

そういう意味で私は電話でセールスなどあってもはっきり丁寧に「2度とかけてこないで大丈夫ですから、うちは不要です。」などと申し上げます。「今、●は不在なんで」とか「今来客中なんで」とか「今ちょっと立て込んでいるんで」とかのような、その場しのぎではお互いが時間の無駄だと思います。

 

社会に適応しようとする意識(フリでいいんです)がこれぽっちもない場合、ある意味、意識的に『反発』しているのです。反発は絶対に自分にその反作用が跳ね戻ります。だから自傷行為が増すのです。

 

反発しているから「考えの違う相手」がいれば、その相手を見下し批判していることに気づけないとか。「あなたと私は違って当然」と言葉では言いつつ相手を絶対に認めないとか。

 

その自分の中の矛盾が自分を不安定にさせ、自傷行為を起こすというパターンになるのです。

理解したくない人っている

どんなに言ったって分かり合えない人間はいます。

 

理解したくない人間に対して理解してもらおうとする必要ってないんじゃないですか。そこを「同じ」にしようとするから苦しくなる。

 

「なんでわかってくれない?!」とがっついたところでわかりあえない人は分かり合えません。「あんなやつ最低だなアホだな」と見下し切り離すような場合も同じ。

 

このがっついてみんな同じを求める人も、アホ扱いして見下す人も、この両者は同じです。自分を絶対的に存在としていて、自分以外の他者とどのような関わりをもつことが自分にとって最善なのかに意識が向けられていないのです。

 

自分の魂が喜ぶことなければ単なるエゴです。

多くの他人がアホに見える

 

精神性が高い人は「なんであの人はあんなにアホなんだ、くだらないんだ」と、人をそのように見ることが多いです。なぜなら精神性の低い人間はあなたとは全く違ったレベルで足掻いているのがわかるからなのですよ。

 

でも、精神性が高いが故に、横とのつながりがうまく持てず相手を切り離し相手をアホ呼ばわりしているだけでは、生きづらさにつながります。

 

精神性が高いというのは宇宙人のようなものです。でもそれでもやっぱり地球に住む地球人なのですから、地に足つけて他者との関わりをもつことが必要なのです。宇宙人のまま地球で生きるから生きづらさを感じるのです。

 

そういう意味では自分はそうなんだ(普通の人とだいぶ違うんだ!)、と認めることですよ。

 

その上でコミュニケーションをどのようにするのかを学ぶことです。

 

 

理解し合えることを求める必要はないです、というか、もともと次元が違いすぎますムリです。また切り離し見下しているだけではあなたのその精神性の高さが活かされません。他者との関わりの中でうまくハンドルを切っていくだけです。

本当の自分(魂)を大切にするとは

まず、社会に「適応する」必要は全くないと思います。奴隷のように何も疑問も持たずに決められたスケジュールにはまって「自分」の考えを持たずに生きる必要はない、ということ。

 

でも社会に適応したフリは絶対必要です。

 

「人に合わせて笑ってばかりでもう疲れた」もうそんなレベルで生きることをやめることですよ。「もう疲れた」じゃないんですよ。この腐れた社会の中で「本当の自分」を大切に生きるために、適応したフリをしながら生きていくことは必須です。

 

そういう色が濃い職種の一つに水商売があります。水商売で笑顔作れなかったムリです。「笑顔して相手の話に合わせるのがもう疲れた、もうムリ」というのならその仕事を諦めてもっとそんなフリばかりをしなくても良い職種に変える他ありません。

 

そして、もう疲れた、もう人に興味ないとか言っちゃダメです。
人間に興味持たないというのは自分にも興味持たないということです。生きている意味や価値を見失った状態です。

 

人間に興味を持たなければ、ただこの社会の奴隷として流れるように生きるだけです。人に興味を持たなければ、疑問も湧きません。だから疑問と向き合うこともできません。

 

そこに向き合わないから自分が害を受けていることも気づかないし、損をしていることも気づけないのです。

 

どのような場合もまず人です。
人間を知るとは心の動きやなぜそう思うのかを発想ができるようになることです。

 

つまり相手の深層心理が自分の中にわかるようになることです。そうなれば、何をされようが何をしていようが自分に被害を受けることはかなりの確率で無くなります。

 

たとえば人とよくケンカになるような人に対して

「あー、そうか、そうやって相手に文句を言ったり嫌がらせをすることで相手にダメージが与え、それによって自分が優れ勝っていると思い、こういう手段でしか自己価値を持てないんだなぁ」

とかって冷静に見れるようになります。

 

たとえば病院や医療と社会の仕組みに対して

「あー、そうか、落ち込みが回復しないといえば「うつ病」、年齢によって高くなって当然の血圧も一定の基準値から外れれば「高血圧症」、クラスの「普通」の枠に収まらない子は「発達障害」、そうやってどうやっても病扱いしてなんでもかんでも「薬」に流れる仕組みになってるんだなぁ」

と、薬漬けシステム(相手:薬、医療、製薬会社などなど)を知るほど冷静にもっと広い相手(世の中)のあらゆることがそういう市場に向けて流れ動いているのかが見えてきます。

 

悲しいことは全部「うつ」

「積極性や自己主張が評価されるアメリカでは、『悲しみ』『落ち込み』といった感情は好ましくないものであり、すぐに『うつ病』と診断されてしまいます。

一方日本では、そうした負の感情も生きてゆくうえで避けることのできない、時には必要なものだとさえ考えられてきた。うつの基準には、文化的な違いがあるのです」

アメリカのジャーナリストで、著書『クレイジー・ライク・アメリカ 心の病はいかに輸出されたか』が日本でも話題となったイーサン・ウォッターズ氏はこう語る。

 

「しかし、それでは日本でうつ病の患者数が増えず、市場になりません。製薬会社にとっては都合が悪い。

そこで彼らは、『病的なうつ』と『自然な悲しみ』の境界線を操作することに決めました。それまで病気とはみなされなかった自然な感情も、病気であることにする。そうして製薬会社は、日本を抗うつ薬の『メガ・マーケット』に仕立て上げることに成功したのです」(ウォッターズ氏)

今、「クスリ」の信頼が大きく揺らいでいる。

 

大特集病気はクスリで作られる!特効薬の販売で、「うつ病」患者が2倍に増えた

 

 

とにかく、自分が生きるこの地球は今何が起きているのか、関わる人々をよく見てこの社会に蔓延っているしがらみを知って、変なシステムにスケジュールされないことです。

 

精神性が高くて生きづらい人も、精神性低いのに自分は高いと思ってただのスピリチュアル好きになっている人も、とにかく人に興味を持つことをやめないことです。

 

 

ヒーリング(遠隔/対面)について

体や心の不調に向けて浄化・癒しによって根本から解消へ。
自分の本当に求めていることへ。

 

心理セラピーで豊かさを加速させよう

 

カウンセリング/自分磨き/

 

●心豊かな自分になる!無料メール講座●
ご登録はこちらから↓↓
「自分の認め方無料メール講座8ステップ」

感情と思考と行動が自分の人生を創ります。
自分が幸せになることを拒む思考を手放すためのステップへようこそ!

 

●吉田かおり書籍サイト●
Yoga salashanti book’s 
ヨーガ的生き方はあなたに力を与えてくれます。
「変わりたいのに変われない」
「自分らしさってなんだろう」
そんなあなたにオススメの1冊。
↓↓↓

ヨーガの落とし穴 ~そこで学んだもの~