yoshida-kaori.com

問題だらけで今苦しくてしんどいその理由

自分探求に取り組んでいるKさん。

「今、いろんなことで本当に苦しくてしんどいです。」

 

Kさんに限らず、多くの方が「もっと幸せになりたい。でもどうしたら良いのかわからない」こういった状態で、様々な人の意見を聞いたり、本を読んだりしながら「良い考え方」という知識を増やし、その「考え」の中で迷っておられます。

 

Kさんのようにご本人が自分について、

「自分を持ちたい」「幸せになりたい」と、その意思表示があり、「そのためにはどうしたら良いのか」というその人自身からの問いかけ、は本当に重要です。

 

なぜなら、本人が自分に今起きていることを受け入れようとしていない場合や、本当に変わろうとしていないのなら、こちらが何を取り組もうとしたところで無駄なのですから。外野がそれをすることは無駄なアドバイスになり、いらぬお節介。つまりその人にとって無意味なものなのです。

 

 

Kさんは自分探究への取り組みをスタートしたのですが、どのような問題でも、このご本人の「問いかけ」があるなら、いつの時点でもスタートは切れるのです。

 

遠隔ヒーリングにおいても、お客様がヒーリング(浄化)を「受ける」という 「受け身の立場」だけではなく、意識レベルを高め共に向上していくことが価値あることなのですね。

 

始めは「痛みを取り除いて欲しい」、その意思表示から始まり、取り除けるだけの取り組みはできるだけ行いますが、ご本人の意識レベルが高まることが本当に価値あることなのです。

 

ですから、たとえば私から

「何か問題が起きた時、全て自分が悪いんだ、といったように責任を強く感じるようなことはありませんか?よかったら振り返ってみてくださいね」

 

などのような感じでご本人の思考と現状の関係性はないか、喜びを拒む思考を手放し意識レベルの向上へ向けて、お伝えすることもあります。

 

また、
「痛みが生じる時の自分の感情に注目してみてください。その時痛くていやだいやだ、そんな気持ちがあった時、難しいかもしれませんがありがとうありがとう、と思ってみてくださいね、もう呪文のようにありがとうといってみてください」

 

などなど。
このようなことをお伝えをさせてもらっています。

苦しみの元はなに?

さて、

「本当に苦しくてしんどい」とおっしゃるKさんの悩みが起きるのはなぜか?。それは「何をやっても自分を問題視し続けること」でした。

 

知り得た「知識」、その「良い考え方」、それを目標にして行いをしていくのは素晴らしいことです。

 

でも、
その良いこと、「良い考え方」をすぐに自分のものとできないこと、を許せない。すぐ結果が出ないことに対して「できない自分」を責め、結果的に自分への不安を強めているのですね。

 

 

「本当はこうあるべきなのに、それができないんです」

 

「本当はこう思った方がいいとわかっているのに、そう思えないんです」

 

 

あーーー。
そんなの無理ですよー。

 

それがふつうですよ。

 

「本当はこうあるべきなのに、それができない」

「本当はこう思った方がいいとわかっているのに、そう思えない」

 

それが事実じゃないですか!
つまり、そういうものだ、ということですよ!

 

そう在ること、それが「正常」だということ。

 

だって、そうじゃないですか?

 

そう考えることが幸せへの思考の必須条件だと知った。それが「100」だとして、今の自分がその100じゃない。

 

「100」になるために、現実で様々な選択肢を見つけて自分で選び取っていくという経験の上で、「100」と「自分」って馴染んでいくものですよ。

 

そもそもですね、
その「100」を持って生まれてきているのですから。

 

 

 

知ったからと言って全く理想のそれになれない。

 

でも、そいういう自分があるのは「当然」「正常」なのであれば、じゃあ一体どこに問題があるの??

 

 

どこどこ??

 

ん?

 

ほんとは問題なんてどこにもないでしょ??

 

 

じゃあ、自分はだめだ、と思っていることだけが問題なんですよね?

 

それをやってる限り自分の実際にやるべきこと、がどうしても見えてこないんですよ。やることなすこと自分への問題視してるのですから、(自分を不安に落とし込んでいるのですから)自分を持てないのです。

 

 

「良い考え」、「良い」と思ったそれは、自分がより良い方向へ進んでいくためにきっと間違いなく必要な望ましい要素なのです。

 

ですが、すぐさまそれ手に入れようとするから、「〜〜〜あるべきだ」「〜〜〜でなけれな幸せになれない」、などと自分に規制をかけるわけですよね。

 

それが「苦しい」という悩みを生じさせているわけじゃないですか!

 

誰だって無理ですよー。

 

目指すそれを、すぐさま(何もしていないうちから)自分のものとする。なんども言います。無理無理ーー。

 

ぞうさんを歌う幼稚園生に、「なぜオペラができない?!」と言っているようなものです。

 

「それ」に向かいながら、一歩一歩現状において自分のするべきことを選択して行動していく。それが価値あることなんですよ。そうやって、「それ」が自分のものへと近づき、徐々に馴染んでくるのです。

 

 

まだそれに向かった経験さえない自分に、無理やり完全形を求める。だから「問題」が起きるだけです。

 

 

それによって、どんどん自分を見失い、あれもこれもそれも「悩み」で何をどう手につけていいのかわからなくなってしまうのです。

 

行動ができるとき。

Kさんは、悩みのなかで「自分の働き方」において望んでいることと、現状には大きなギャップがありました。

 

それについて、職場で自分の望んでいる働き方ができるのかどうなのか?まずは職場にそれを伝えてみて、改善できることなのか、できないことなのか?

 

自分のために、まずはそれを試してみることが「今できることだ」と気づけ、早速!!そのための行動へと進みました。

 

いつもなら、悩んで思うだけで行動にいたらないことの多いKさんが、その日のうちに行動!!

 

人は、自分のすべきことが明確になれば、行動への力は加速します。

 

 

人を巻き込めばいいの。

1人で抱え込まず、思いを表現しよう。

自分のために。

 

ひとりで抱えこむから誰にも表現することなく終わってしまい苦しくなるのだから。

 

 

こうやって一歩一歩、現実の自分の生活の中で自分で選択肢しながら『行動していく』という積み重ねが大事なのです。

 

自分のものでない考えに惑わされて、何の行動にもならないことが自分を望む自分に変えられない最大の原因なのです。

 

Kさんは一歩一歩進み始めました。共に関わらせてもらいながらKさんが自分の意思で堂々と選択し、本当の自立へと向かうお手伝いができることは私の喜びでもあります。

 

今後のKさんが楽しみです!

 
【オススメ姉妹記事】

悲しみや怒りを解消する方法〜許しとは〜


 
 

 

 

●吉田かおり書籍サイト●
Yoga salashanti book’s 
ヨーガ的生き方はあなたに力を与えてくれます。
「変わりたいのに変われない」
「自分らしさってなんだろう」
そんなあなたにオススメの1冊。
↓↓↓

ヨーガの落とし穴 ~そこで学んだもの~