yoshida-kaori.com

「旦那さんがセックスをしない」

「奥さんがセックスをしない」

 

日本は肉体関係がない夫婦が多い現実。

今日は「旦那さんがしない」理由についてを書いてみました。

 

女と母と男とこども

こんにちは。吉田かおりです。

 

 

女性は「妻」になると、「おかあさん」にもあっという間になれます。なんでって、男性がそもそも「こども」だからです。

 

 

そのご夫婦にお子さんがいなくとも同じ。

で、お子さんがいれば特にです。

 

 

子育てしていれば、女性は家庭の中で子どものお母さんとしてやることがいっぱいです。そのうち、それが板についてしまい旦那さんにとっても常に「おかあさん」になりがちです。

 

 

 

まず、女性は母性によって「母」になれますね。これは女性自身が子どもの時から備わってます。女性として生まれ持った本能的特質です。

 

 

この世に生命を産む偉大な存在が「女」ともいえますよ。

 

 

 

で、男はどうでしょうか?

 

男はそのような本能が備わってはいません。

 

女(母)から生まれ、そして基本的にずっと「こども」なのです。

 

ほとんどの場合、ある程度(中年的程度まで)生きてきて、ようやく「夫」としてバランスが取れてくるようになるかと思います。

 

 

だって、、、周囲の妻が漏らす夫の話や、世の夫の様子を見聞きするなかで感じるのは、男性のかなり多くの割合で、どう見ても30代ではまだまだ相当な子どもをやってます。

40代でも怪しいです‥‥。

50代でようやく「夫」ができるのでは?と感じもします。

 

 

 

実際、若いうちから女性は同級生などを恋愛対象にしようとしても、

「ガキっぽくてお話にならない‥‥」

と感じる女性は大変に多いです。

 

 

 

ですから、そんな男性の特徴と女性の特徴を踏まえて、自分自身が旦那さんの「おかあさん」になっていることをやめ、ちゃんと「妻」「女」になること!!

 

 

 

「妻」「女」であることのための行動ってなんだろうね。

 

 

 

それって、旦那さんを立てるために、ただ黙ってついていく‥‥などとは違いますよ。

 

 

それを何十年もやり続けると、結局は旦那をダメにします。

 

 

 

「黙って何も言わずについてこい」

 

「俺のいう通りにしておけ」

 

 

ってねぇ‥‥、こどもである旦那さんの手取り足取り召使いのように黙ってなんでも言うこと聞いていたらどうやって健全なコミュニケーションが取れるんでしょうか????

 

 

 

 

それが「旦那を立てる」だなんて大間違いです。
これは、夫婦としての機能を壊すことです。

 

 

 

何も物申さずになんでも許して旦那さんの言うことをウンウンと聞く。

そして、うん十年経って‥‥旦那さんのことボロクソにしか言えなくて不満しか出ない。

 

 

こうなるのはお決まりです。

 

 

 

妻であるあなたが「ウンウン」と黙って聞くだけしかしていかなければそうなります。これって結果的には自分も旦那さんも大切にしてない、ということです。

 

 

そばにいる妻が旦那の何もかもをウンウンして許してばかりできたことによって、旦那は「夫とはこういう夫が立派」と大勘違いを増すんです。

 

 

 

コミュニケーションを怠るとこういうことになります。

 

 

 

ご自分を大切にするための行動をしなきゃやっぱり幸せってないんです。自分にとって本当は何が望んでいることなのかを見つけてください。

 

 

伝えなければ何も伝わっていません。

 

 

っと‥‥

内容がずれちゃいましたね。。。

 

 

 

 

さて、話を戻して。
旦那さんがセックスしないことについて妻の方が考えてできることって何か?

 

 

まず自分が旦那さんを「こども」としてみることをやめ、あるいは「友だち」としてみることをやめる。

 

 

 

「男」
としてみること。

 

 

 

 

そうでなければ旦那さんがあなたを「女」として見れないです。

 

 

 

だから、自分が「女性であること」
を大切にすることから始めましょうか。

 

 

 

女性らしい服装きてウキウキしましょ。

 

綺麗になろう♫とお肌のケアをしてみましょ。

 

下着も可愛いの買ってつけましょ。

 

エプロンも新しいの調達しましょ。

 

 

 

なんでも思うことをやってみましょうか。

 

 

 

 

 

改めて・・・

女性である喜びって何でしょう?

 

 

 

可愛いねって言われることもそうなんですよ。
そもそも「女性として見られること」そのものなんですよ。

 

 

 

ということは、まずは自分が女という性をもって生まれてきたことを喜び受け入れることです。

 

 

 

●吉田かおり書籍●
ヨーガ的生き方はあなたに力を与えてくれます。
「変わりたいのに変われない」
「自分らしさってなんだろう」
そんなあなたにオススメの1冊。
↓↓↓

ヨーガの落とし穴 ~そこで学んだもの~
              
Kindle版
一目置かれる「自分センス」の磨き方
〜「カッコいい」女性でありたいあなたへ〜
           
Kindle版 自分を大切にする5レッスン

Related Posts

おすすめ関連記事

関連記事はありませんでした