yoshida-kaori.com

仕事のストレス我慢するしかやっていく方法がない、と思っておられる方がいます。そして多くの認識は、そのストレスが心身にあらゆる不調や疾患を引き起こし、病気の元であるかの様に捉えています。でも、これには大きな落とし穴がありますよ。

ストレスが原因ですってなに

心と体のセルフアップサポート専門
吉田かおりです。(私のプロフィールはこちら

 

身体に不調をきたし病院へ行き、「ストレスが原因ですとお医者さんから言われた」、とおっしゃる方もよくいらっしゃいますが、じゃあその「ストレスって何?」ってこと。

 

ここに向かわなかれば、お医者さんが言うようにただ言葉だけで片付けてしまい、対処法として薬を飲んでおしまい。

 

‥‥これではなんの解決にもなりませんよね。ちっともおしまいにはなりませんし、その出された薬を飲み続けていれば二次被害にあってしまいますから。

 

疑うことで救われる〜病気を生み出すシステム・薬に依存する人たちへ〜

 

「人生に起きるあらゆる困難の時」その時起きているそのものを「ストレス」だと言います。(お客とトラブった、上司の態度がひどい‥‥など)

 

これは「外部の状況」を非難しているだけにしか過ぎず、根本的に解消されるものになりません。

 

 

ストレスは決して「外部的状況」ではないです。

「人間の内面」に作り出されるもの。

 

一言に仕事のストレスといっても様々あり、またそこにある人間関係も様々です。でもその状況のなかで、共通していることが『しんどい、大変、辛い‥‥』といった思いを持っていること。

 

これは仕事ではなくても、プライベートのことでも同じですね。

 

ストレスを感じる時には何が起きているか?

それは先ほど書いた様なネガティブな「思いを抱いている時」ですよ。つまり見えない部分のことなのです。

 

その見えない部分に「それを抱いていなければ」目の前の見える出来事はストレスにはなりません。

 

だから、外側の見える状況をただ非難するだけではどうにもならないと言うことです。

 

たとえば
”離婚”はある人にとっては
「束縛」「苦悩」です。

 

ですが、ある人にとっては
「自由」「解放」「喜び」

 

!!!

 

真逆じゃないですかー!

 

見えることじゃないのです。見えない部分、ここに意識が向かない限り、同じことが繰り返されるだけになるのです。

 

”我慢するしかない”をやめるなら、どうしたら良いのか

お客さんと接する場面が多いお仕事のKさん。
そのお客さんが思いもよらないイライラの態度でKさんに向かって発言してきたことをきっかけに、トラブルが起きたとおっしゃいます。

 

お客さんを室内に案内したKさんは、

 

「今はまだ暑いですがすぐに冷えてくると思いますので‥‥」
と言いながらエアコンをつけたそうです。

 

その部屋を出た後、数分後に用事で再びその部屋に行くと、

 

”あれ?冷えてない?!”

リモコンを見ると『暖房』になっていたそうです。

 

この時Kさんは瞬間的に「自分が押し間違えてしまったか?」と言う発想よりも、「お客さんが温度調整か何かでリモコンを触って、その際に誤ったのではないか?」と言う発想が起きたとのこと。

 

そこで
「あら?リモコン触りました??暖房になってしまってるようで‥‥」

と言いながらスイッチの切り替えしたそうです。

 

 

するとお客さんが激昂!!

それ以前のことごも含めて様々に批判的なことをKさん訴えられ、困惑したKさんはヘルプでMさんを呼び、そのお客さんの対応をすることに。

 

お客さんは後から来たMさん向けてに、

「この人(Kさん)は、私に向かって”リモコン触ったんでしょう??!!と怒って言って来たんですよ!!!!」「この人はさっきもこっちが言うことにをちゃんとしてくれない」

 

などなど、Kさんに対する不満をあれやこれやとMさんにぶちまける‥‥、と言うような状態になったそうです。

 

 

 

冷房になっていなかったことに気づいた時、

「あ!すいません、冷房になっていませんでしたね!今切り換えましたのですぐに冷えてくると思います」

 

の方が”事実”に対しての対応のみでスムーズです。

 

「‥‥リモコン触りました?」のような言葉は結局は相手に疑いを向けている表現です。またこう言う場面で相手に返答を求めるようなコミュニケーションは適切ではないです。こじれの元ですね。

 

冷房がきいていないのは

「誰のせい?!」「私?」「あなた?」「だれ?」と言う犯人捜しでしちゃってるってこと。

 

そのことが、距離を持つべき人に無駄なコミュニケーションをし、問題を生じさせている。

 

Kさんは仕事は常に「我慢しなくてはならない。そんなものだ」という思いを持っておられます。でもー、我慢して自分をなくしてしまうから、そんな「自分」に固執しちゃうわけよ?

 

自分は被害者だと思ってるから自分に落ち度があることに気づけないわけ。

 

「自分は正しかった」と主張したくなっちゃうわけ。

 

だから「自分がやったか、誰がやったか」が気になる。言葉では「気にしていない」とおっしゃったのですが、現実に信頼関係のない相手とこのようなコミュニケーションをとっているのですよね。

 

「自分を持たない」(=仕事では自分は常に我慢)このことで、このようなミスコミュに気づけなくなります。「リモコンお触りになられました?」などと、どれだけご丁寧に話しかけようが関係ないです。

 

その問いかけをする意味がない、と言うことに気づくことが必要なんですね。

 

プロ意識を持つ

そんなこんなで結果的にこのお客さんとの様々なことに対しての不満を訴えられKさんは始末書を書くことに。

 

そのお客さんは実際には他でもトラブルがあった方でもあり、また訴えられる様子からも精神的に不安定で要注意な人物ではあったことは周知の事実のようです。

つまり、ちょっと厄介な人ではあるようです。

 

上司にも「あなたはなんでそんなことをしたの‥まったく‥‥」と飽きられたように言われ、お客さんに対してや上司に対しても全てにおいて、仕事なのだから我慢するしかない、と面白くなさそうな表情でおっしゃいました。

 

そんな後ろ向きな重荷を背負って毎日仕事していたら病んでしまいますよ。

 

すでに「我慢するしかない」と発言していた時のその表情の重さには、彼女の絶望感を感じました。ならば実際にその場にいて仕事していれば当然同じ心境でやるわけですから、しんどいでしょう。

 

仕事なのだから、と言う一線があるのは当然です。

 

仕事だからしょうがない→我慢する

 

と直結させるからしんどいわけですよ。

 

 

そもそも我慢する、と言う発想を変えた方がよくないですか?

 

 

仕事なのですから「プロ意識を持つ」。

プロ意識を持つことで
その道のプロとしてお客さんに対応をする。

 

自分にすでに持っているものを我慢して行動する、と言うのは自分に対するマイナスが働きます。自分を抑え無くしていく。

 

自分を無くしていく人が、その道のプロとしてやっていく責任が取れますか?難しいですよ。不安定な土地に家を建てたてても、それがどんな素敵な家だったとしても、脆く、いつ崩れるかわかんないのと一緒。

 

ですが、自分がすでに持っている自分はそのままそこにある。その上でさらに「プロ」がくっついた行動とは、自分に対してプラスの働きです。

 

自分を抑え無くしていくのではなく、プラスして、プロの立場を持って自らが選んで行動していくのですから。

 

仕事において、本当の意味で成功するとは、自分を抑えて我慢して仕事を成し遂げていくことではないです。

 

これではどれだけの優秀な結果を出しても不幸ですよ。

常に自分の我慢の上に(自分を無くした上に)成り立たせたのですから。

 

と言うことは、基礎となる「自分そのもの」このプロになることがもっとも重要なことなのです。

 

その自分を持つからこそ、社会における様々な場所においての立場を理解し、その立場において責任を持った行動ができるようになるのです。

【オススメ姉妹記事】

目の前のすべきことで精一杯の未来のないあなたへ

 

 

 

 

●吉田かおり書籍サイト●
Yoga salashanti book’s 
ヨーガ的生き方はあなたに力を与えてくれます。
「変わりたいのに変われない」
「自分らしさってなんだろう」
そんなあなたにオススメの1冊。
↓↓↓

ヨーガの落とし穴 ~そこで学んだもの~

アマゾンKindle版

一目置かれる「自分センス」の磨き方
〜「カッコいい」女性でありたいあなたへ〜

Related Posts

おすすめ関連記事

関連記事はありませんでした