yoshida-kaori.com

だらしなく見られたくない、まともに見られたい、綺麗に見せたい、よく見られたい、などなど、自分以外の『他人の目線』を誰だって大なり小なり持っていますよね。
そうやって人はある程度は「見た目」で判断しています。(それがその人の全てではないですが)

嫌われることは誰も求めてはいない

こんにちは。吉田かおりです。

 

人からの見た目、その判断において、他人に好意を持ってもらいたいという気持ちは基本的に誰の中にもありますよね。

 

「好かれたい」という認識を置き換えてみて、「嫌われたい」という思いがあるかないか、と考えてみたとき、その答えは「ない」がはっきりしますでしょ?

 

 

たとえば、人との良好な関係、健全な関係は、自分も相手も共に傷つけるようなものではなく誰もが望むこと。

 

そこで、相手に関心を向けて、相手が喜ぶことをする、相手の幸せを思って何かする、これらは思いやりや優しさですが、それをするにあたり‥‥、

 

 

「そうすることで相手は自分に好意を抱くだろう」

 

「そうすることで相手はこうするであろう

 

 

と、このような考えを持った上での行動になると、その優しさとか思いやりは、言葉だけのものであり、本当に純粋に相手に向けたものではありませんーー。

 

形だけ優しさ、形だけの愛。
中身がないってことです。。。

 

相手を自分の思うままにしたいからそうする、という不自然なパターンです。

 

このパターンはほんとにほんとによく見られます。

 

いろんな悩みの中でこのパターンはあります。

 

で、そのパターンは相手も自分もほんとに幸せには繋がりません。

 

本質とのズレが思いを現実化させない

形だけの優しさ、形だけの思いやり。

これは、愛と見せかけているだけで愛は不在です。

 

 

「自分がそうしたい」「自分がそうすることで喜びになる」、そういったものが自分になく、優しさや思いやりという仮面(偽物)の善意で相手(関係)を『コントロールしよう』としているわけです。これは本質からずれています。だからやってる当の本人が疲れる・・・。そう、やってる本人がちっとも喜びに繋がらないのです。

 

 

仮に、相手がその形だけの善意を喜んだとしても
与えた本人は・・・

 

心から嬉しくない。
幸せではない。
何かぽっかりしていている。
なんか、疲れている。

 

 

と、こんなことになります。本質からずれていると言う結果です。

 

 

あなたの思いは「こうしたい」と思っていた。

相手はそれで「喜んだ」。

なのに、あなたは「喜べない、幸せでない、満足感がない。」

 

 

「あなたの意志」と「あなたの魂の意志」ここが一致していないと言うことです。”本質とのずれ”、とは、あなたの魂とのズレ、なのですね。

 

【関連オススメ記事】

自分の上位の存在に導かれよう

 

操作的な心根で相手と関わっているため、本当は相手に関心など一切向いていないのですよ。相手に関心が向いていないだけではなく、ほんとは自分にも向いていません。

 

 

これがよく言う他人基準であり、

相手を操作しようとした不自然な人間関係。

 

 

自分がそうしたいから、自分がそうすることが喜びだ、幸せだ、という「自分」がない。だから「こうしたいと言う思い」それが現実につながらないのです。

 

こういう自分がない人は、自分の中身がないから外見に異常にこだわりを現す場合もあります。

 

フォッション誌に夢中になるのは不幸!

だから、たとえば外見を飾ることに夢中になり過ぎて、チャラく見られるようにもなることも。若い子は特に多いですが、中年期の女性も同じ。

 

流行ファッション目指してファッション誌を毎月買って熱心に、ファッションセンスをあげてキレイになる!☆なんて思っておられることと思うのですが、ただただその業界に流され動かされているのですよ?。実際よほど見る目をお持ちでなければあれは、結果的に個性が消えます。

 

 

女性向けの雑誌、ファッション誌、よく考えてみてくださいね。
”流れるもの”を発信してる。それ、最先端だからイケてるんでしょうか?

 

常に流れ動くなんて、なんてしんどいんでしょうか。流され動かされ。。。

 

 

「去年の流行モノはもう今年は古くていやー」


「流行に乗ってないとダサい」

 

こういう思考があると、物を大事にするという感性は無くなります。

 

丁寧に物を扱うことや、磨いたり拭いたり、洗ったりして手入れしながら大事に何年も使うことなど、それをダサいとか貧乏くさいとしか思えないくなるなど、これではお金の浪費も無駄に多くなるし、ちっともエコじゃない。

 

流行ばかりを追って流れている人は、本当にものを大事にする、そういう感性が育たない。だから自分を本当に大切にするとかそういう感性が「意味わかんない」ままなんですよ。自分自身も大事にできないんです。

 

 

女性の綺麗でいたいと言う思いは自己愛でもあります。

そしてそれは「愛されたい」も含まれる。

そこで、このファション業界はその女性のナルシシズムをうまく利用して発信しているのです。

 

”愛されたい”を満たすための構図になってます。

 

??!つまり、
男にモテやすい構図になってると言うこと。

 

で、どんな男に?と考えてみた時、流れ流れて安定しない女を好む男、つまり、セカンドにしかつけないような愛され女になる。女性の味方のようでちっとも味方じゃない女性ファッション誌。

 

ある程度の時期が来たらこっち、今度はそっち、完全に流れを作って固定されたものは古い、ダサい、と仕向けて女優やモデルを使って「愛されるにはこれ!♡」「愛されキャラはこれ!♡」と女のナルシシズムをうまく刺激して豊富なアイテムをあちこちに載せます。

 

セクシーな下着、服や化粧品‥‥、そっちへ消費する流れに繋げる。

つまりファション誌は広告ですよね。

 

そのようにセクシー下着、そんなに欲しいのでしょうか‥‥。超ミニスカでモデルさんが可愛いいショットでいるのを見て、私もそうなれる!と期待し、仕上がっていくと、すっかりセカンド仕様。

 

コロコロ移り変わる『トキめいていたい♡』恋愛体質の出来上がりです。ときめき続けるのなら、そう言う恋愛じゃないといけないでしょ、ときめきが欲しいってね、そういう刺激を求めるわけですから同じ人と長く付き合うのは難しいのです。コロコロと付き合う人が変わる。それ以外ならば不倫でしょ。

 

そういう人こそ、
「外見で判断しないでくださいっ!!」など言うんですよね。

 

外見だけで一人の存在の全てが判断できないことは確かです。

 

でも、現実まずは外見で判断はされます。

 

その外見がなんなのか?自分で理解していないのが問題なのですよ。理解していれば「外見で判断しないでください!私、こんな見た目ですけどほんとはもっとしっかりしてます」とか、そんな自分勝手な言葉はでない。いやほんと勝手ですねー。

 

そう見られて当然、と自分が納得して判断して外見作ってください。それが自己責任です。

 

【関連オススメ記事】

「モテる」ことを求めるのはなんで?

 

腕組みの姿勢には意味がある

人と話をしているとき、腕を組む人がいます。

寒い季節だと私もついつい寒さゆえに腕を体に巻きつけたりしがちです。

 

腕を組む姿勢、よくプロレスラーとか強さアピールで腕組みしたポーズを見ますね。

でもーー、その腕組みさえなければもっとかっこいいのにぃ〜〜〜〜と、私は思います。

 

腕を組んで話をする人って強がってるとしか見えません。

なぜなら、基本的に腕を組んでいるのは防御体制です。

 

なんらかしらの「抵抗」を感じていて、それに対して「負けられない」、という態度に出たのが腕組みです。だから、寒い時も腕組みをしたいのは、寒さと言う抵抗に負けられない(身を合わせて暖かくする)と言う態度です。

 

寒くもないのに腕組んで話をする癖がついている人は、常に何らかの抵抗感を持っていてそれに負けられるもんかと強がってるわけ。

 

腕を組んだ状態、その態度を相手から見ると何を受け取るか?

 

それは「拒否」「不満」「威圧」などです。

 

リラックスしていないのは、自分を強く見せようとしているからです。本当に強い人は、腕組んで「オラオラ!俺はお前より強いんだぞ」とアピールする必要なんてないのです。

 

”そんなつもりは全くない!ただの癖だ!”

と思われる方も、コミュニケーションとは言葉だけではないと言うことを知ってください。

態度でもコミュニケーションしているのです。

一方通行なコミュニケーションではコミュニケーションとは言えません。

 

腕を組むあなたにその意識がなくても相手にとっては威圧感や拒否感などを受け取っていることはあるのです。

 

 

●吉田かおり書籍●
ヨーガ的生き方はあなたに力を与えてくれます。
「変わりたいのに変われない」
「自分らしさってなんだろう」
そんなあなたにオススメの1冊。
↓↓↓

ヨーガの落とし穴 ~そこで学んだもの~

Kindle版
一目置かれる「自分センス」の磨き方
〜「カッコいい」女性でありたいあなたへ〜


Kindle版 自分を大切にする5レッスン