yoshida-kaori.com

まともに見られたい、綺麗に見せたい、よく見られたい、などなど、自分以外の『他人の目線』を誰だって大なり小なり持っていますよね。好きになった人なら特にその気持ちは高まるもの。

嫌われることは誰も求めてはいない

こんにちは。吉田かおりです。

 

「他人に好かれたい」という認識を置き換えてみて、「嫌われたい」という思いがあるかないか、と考えてみたとき、その答えは「ない」がはっきりします。うん。

 

 

人との良好な関係、健全な関係は、

自他共に傷つけあうようなものではないと誰もが望むこと。

 

 

そこで、相手が喜ぶことをする、相手の幸せを思って何かする、これらは思いやりや優しさですが、それをするにあたり‥‥、

 

 

「そうすることで相手は自分に好意を抱くだろう」

 

「そうすることで相手はこうするであろう

 

 

このような考えを持った上での行動になると、

その優しさとか思いやりは言葉だけのものであって、また本当に純粋に相手に向けたものではなくて「自分のため」ですよね。

 

 

でも、当然感情を持つ人間なのだから、

自分が相手にする行為に対して相手から喜びの反応が帰ってくるのはそれは当然嬉しいこと。

 

 

その喜びを求めることが悪いということではなくて。

 

 

「自分の思い」を埋めるために
「相手への優しさ」を向ける場合、

 

 

特に、本当に大切にしたい男女の愛ならば「うまくいかない」、あるいは「苦しいばかリ」になるのではないでしょうか。

 

 

自分を埋めるためのものではなく、やはり純粋に相手に与えたい、そういう気持ちから起きる行動は見返りを求めているものではく、それを愛というのでしょうし、そういうものを持って人に接することは大切なことなのかと思います。

 

本質とのズレ

形だけの優しさ、形だけの思いやり。

愛と見せかけているだけでこれには愛は不在。

 

 

「自分が心からそうしたい」「自分が相手にそうすることで自分も喜びになる」、そういったものが自分になく、優しさや思いやりという仮面(偽物)の善意で相手(関係)を『コントロールしよう』としている場合、相手に良かれと思ってすればするほど疲れます。

 

 

与えようとするのではなく、
貰おうもらおう…と自分のためにやるのだから。

 

 

相手をコントロールするのは難しいでことです。だからなかなか思いとおりにならない方が多いことでしょうしね、疲れますよねこれでは。本人のスタンスが「もらいたい」なので常に足りない精神で過ごすことになっています。

 

 

そこには喜びがありません。

 

 

もし、相手があなたのする形だけの善意を喜んだとして、それに対して与えたあなたは喜びを感じたとしてもそれはほんのいっとき。すぐにまた欲しい欲しいと思い始める。

 

 

操作的な心根で相手と関わっていると、本当は相手に関心など一切向いていないのですよ。相手に関心が向いていないだけではなく、ほんとは自分にも向いていない。

 

 

自分がそうしたいから、

自分がそうすることが喜び幸せだ、

そんな「自分」がない。

 

 

だから「こうしたい」と言う思い自分の願いが結局は具現化されないと言うこと。

 

 

このように「自分がない人」は、自分の中身がないから外見に異常にこだわりを現す場合もあります。

 

フォッション誌に夢中になるのは不幸!

流行ファッション目指してファッション誌を毎月買って熱心に、ファッションセンスをあげてキレイになる♪なんて思っている方も多いようですが、でも、ただただその業界に流され動かされているのですよ?

 

 

実際よほど見る目をお持ちでなければ、

ファッション誌なんて結果的に個性が消えます。

 

 

女性向けの雑誌、ファッション誌、よく考えてみてくださいね。”流れるもの”を発信してる。それ、最先端だからイケてるんでしょうか?

 

 

常に流れ動かされているなんて本当はしんどいものでしょう。それも相当強い勢いですよ。

 

 

「去年の流行モノはもう今年は古くていやー」


「流行に乗ってないとダサい」

 

 

こういう思考があると、物を大事にするという感性は無くなります。丁寧に物を扱うことや、磨いたり拭いたり、洗ったりして手入れしながら大事に何年も使うことなど、それをダサいとか貧乏くさいとしか思えないくなるなど、これではお金の浪費も無駄に多くなるし、ちっともエコじゃない。

 

 

流行ばかりを追って流れている人は、本当にものを大事にする、そういう感性が育たない。

 

 

だから自分を本当に大切にするとかそういう感性が「意味わかんない」ままなんですよ。自分自身も大事にできないのです。

 

 

女性の「綺麗でいたい」と言う思いは自己愛とも言え、それは「愛されたい」と言う気持も含まれます。

 

 

そこで、このファション業界は

女性のナルシシズムをうまく利用して発信しているのですよねー。

 

 

”愛されたい”を満たすための構図になっているでしょ?

 

言い換えると、男にモテやすい構図になってると言うこと。

 

 

そこで「どんな男に?」と考えてみた時、流れ流れて安定しない女を好む男、つまり、セカンドにしかつけないような愛され女・・・でしょう??女性の味方のようでちっとも味方じゃない女性ファッション誌。

 

 

ある程度の時期が来たらこっち、今度はそっち、完全に流れを作って固定されたものは古い、ダサい、と仕向けて女優やモデルを使って「愛されるにはこれ!♡」「愛されキャラはこれ!♡」と女のナルシシズムをうまく刺激して豊富なアイテムをあちこちに載せます。

 

 

下着、洋服や化粧品‥‥
結局は消費する流れに繋げる。

つまりファション誌は広告なんだよね。

 

 

流されているとすっかり『セカンド仕様』の出来上がり。『トキめいていたい♡』恋愛体質の出来上がり。本当の愛はそこではないのに。

 

 

ときめき続けるのなら、同じ人と長く付き合うのは難しいのではないでしょう。コロコロと付き合う人が変わる、そういう恋愛が必要ということなので、本当に愛し合える人と出会えないということになる。

 

 

でもそういう人こそ、「外見で判断しないでくださいっ‼︎」などと外見にこだわることをよく言うんですよ。

 

 

外見だけで一人の存在の全てが判断できないことは確かですが、でも現実まずは外見で判断はされてます。

 

 

自分の外見がなんなのか?自分自身で理解していないのが問題なのですよね。

 

 

理解していれば「外見で判断しないでください!私、こんな見た目ですけどほんとはもっとしっかりしてます」とか、そんな自分勝手な言葉はないのでは?いやほんと勝手ですねー。

 

 

そう見られて当然、と自分が納得して判断して外見作ってください。それが自己責任です。

 

【関連オススメ記事】

「モテる」ことを求めるのはなんで?

 

腕組みの姿勢には意味がある

人と話をしているとき、腕を組む人がいます。寒い季節だと私もついつい寒さゆえに腕を体に巻きつけたりしがちですが。

 

 

腕を組む姿勢、よくプロレスラーとか強さアピールで腕組みしたポーズを見ますね。でもーー、その腕組みさえなければもっとかっこいいのにぃ〜〜〜〜と、私は思います。

 

 

腕を組んで話をする人って強がってるとしか見えません。だって、基本的に腕を組んでいるのは防御体制ですよ。威嚇している。

 

 

なんらかしらの「抵抗」を感じていて、それに対して「負けられない」、という態度に出たのが腕組みです。だから、寒い時も腕組みをしたいのは、寒さと言う抵抗に負けられない(身を合わせて暖かくする)と言う態度だと思うんですよ。

 

 

寒くもないのに腕組んで話をする癖がついている人は、常に何らかの抵抗感を持っていてそれに負けられるもんかと強がってる心理が根底にあるとみてます。

 

 

ちなみに腕を組んだ状態、その態度を相手から見ると何を受け取るかは意識的に何も感じていないと思う場合もあるでしょうが、無意識的には「拒否」「不満」「威圧」などを受け取っています。

 

 

リラックスしていないのは、自分を強く見せようとしているからです。本当に強い人は、腕組んで「オラオラ!俺はお前より強いんだぞ」とアピールする必要なんてないのです。

 

 

「そんなつもりは全くない!ただの癖だ!」

 

 

と思われる方も、コミュニケーションとは言葉だけではないと言うことを意識された方が良いかと思います。

 

 

態度でもコミュニケーションしているのです。

 

腕を組むあなたにその意識がなくても相手にとっては威圧感や拒否感などを受け取っていることはあります。

Related Posts

おすすめ関連記事

関連記事はありませんでした