yoshida-kaori.com

「少し前から両膝が痛くなっていて、昨日からは両足首が痛くて走ることもできない」と、かなり真剣に困っているという表情で言ってきたうちの次男。

 

 

次男は痛い時も調子が悪い時も、騒ぐことなく静かに黙々と時が経つのを待って自己回復していくタイプなので、私に「イネイト(ヒーリング)して欲しい」と言ってくるのは非常〜〜に珍しいのです。

 

なので、”これは…これまでにない痛みで本当に困っているんだな”と、すぐに応えました。

 

『その状態を引き起こしているのは‥‥?』と情報をとっていく前に、誰にでも必ず確認している項目が3点ほどあるのですが、そのうちの一点は以前のブログでも紹介した坐骨のトラブルです。

あぐらがかけない原因は坐骨にある

 

次男にも坐骨のトラブルが起きていることがわかったので、情報を捉えていくと、「足首の痛みの原因の10割はこれ!」だということがわかりました。

 

!なんと!
足首の痛みの根本原因はたった一つ!

 

いつも通り検査にて、坐骨のトラブルがある時に生じてくる身体的特徴も確認できました。

その検査の一つは、立っている姿勢で検査側が相手の肩を上から押します。

 

すると、被験者は、真っ直ぐにたっておれず、体が”ぐにゃっ”と崩れます。

 

どっちの肩を押しても同じように”ぐにゃっ”となります。

 

 

 

あまりにもグニャグニャなので、彼に、「私の肩をもっと力強くでいいから押してごらんよ」と私の検査をさせてみました。

 

が、私の肩はびくりともしませんー(イェ〜〜〜〜イ!)

その違いをみて、本人もびっくり。。。

 

 

その後、彼の体に軽く触れてアジャスト後、

もう一度同じように肩を押してみると、本人もびっくり!!全然ぐにゃっとしないのです。もう全くびくりともしません。

 

その他の検査も確認してみると、アジャスト前とは全く違って体がくずれません。

 

そして「足首の方はどうかな?」と聞いてみると、

 

 

「!!!痛くないー!!!!!」

 

 

結構クールな彼も目をクリクリさせて大喜びです。

 

さっきまでジャンプしても痛かったのが、数分後(検査もやって5、6分くらい)ジャンプしても平気になり、足首が痛みでぐるぐる回せなかったのが回せるようになり!両膝に痛みも…ないっ!!!とパーフェクトな速攻変化です。

 

 

原因がシンプルな場合は特に、本当に驚くほど体は瞬時に変化します。

 

つまり、今回の彼の足首の痛みには、足首には何も原因がなかったのです。

こういうことは本当によくあることです。

 

遠隔ヒーリングさせていただいている方ですが、昔捻挫した足の古傷が痛みはじめたそうです。情報をとってみると、その足の古傷は確かに治りきっていない。その原因は捻挫箇所ではなく、別の箇所(骨以外)にありました。

 

そのような関連性があることについて、私が適当なことを言っているのではなく、相手の脳から情報を捉えていきます。

 

そして、色々な検査によってその関連性があることを実感することもできます。

 

原因がわからず不調が起きているなどありましたが一度ご相談いただければと思います。

お力になれることがあるかと思います。