yoshida-kaori.com

女性のみなさん、ズバリ!体のことを考えて布ナプキンをオススメします。

できれば早いうちから使用されることを強くオススメします!!!

なぜなら子宮筋腫や子宮内膜症などの女性特有の病気が多いのも、月経前症候群や生理の不調を訴える方が多いのも、その要因の一つに市販のナプキンが影響していると考えるからです。

布おむつと布ナプキン

 

ちなみに私は自分の子どもを布おむつで育てた人間です。

その当時でも布おむつ派は少なく、ほとんどの人が紙おむつを使っていました。

 

なんで布オムツで育てたか?というと、私の母が私の年の離れた弟を育てるのに布おむつを使っていたから。だからそれで当たり前感覚です。

 

そして、私の心境としても「その方が赤ちゃんが気持ちいいだろう!」 と思ったことと、
「無駄にお金かからなくて最高!」という思いから。

 

実際それで日々を過ごしていると、オムツの上にうんこしようが全然大したことない。いろんな知恵や工夫が生まれるんですよ、ほんと全く心配なんてない。確かに出かける時の荷物は増えますけどね(笑)それに所詮自分の子ども、赤ちゃんのおしっこやうんこです。かわいいもんです。

 

なのに!!!

ず〜〜〜〜〜っと、自分の生理に関しては、市販のナプキンを使用していました。

布おむつで子育てしてきたのに、布ナプキンは別物としてました。

 

 

生理用品は別。

いやいや全然そんなことないのに!!!

 

当時は「布ナプキン‥知ってはいるけど、あれは無理だろう‥‥」と完全に別物扱いをしていました。

 

私は今でこそテレビは全く見ないのですが、以前までは日々当たり前にテレビがついていました。そうしたら、毎日必ず生理用品のコマーシャルって流れますよねーー。

 

 

安心!吸収!肌に優しい!天然素材!!

っていろんなキャッチコピーを使って流してます。

 

そう、毎日毎日生理ナプキンについてテレビを通じて見てる。
だから、それで当たり前のものだと、もう勝手に思い込んでいたのです。

布おむつ経験者にもかかわらず・・・そう思っていたのですから、ほとんどの人はもっともっとそう思っていても普通なのでしょうね。

トキシック症候群って知ってますか

Lauren Wasserさん(@theimpossiblemuse)がシェアした投稿

私がかつてタンポンボックスの底に埋もれていた小文字の中で一度読んだTSSという文字は、すぐに私を定義するようになりました。TSS – 毒性ショック症候群:ある種の細菌感染の潜在的に致命的な合併症 膣は女性の身体の中で最も吸収性の部分であり、その場所に化学物質、毒素を持ち込むことができるタンポンを置きます。彼らはそれがまれであると言い、最も長い間、私はTSSの犠牲​​者であると感じました。物理的な傷だけでなく、精神的なものも残しました。私はPTSDと戦って、何が起こったのか後で暗いうつ病に陥った。私は私のベッドに溶け込み、人生はちょっとだけ止まった。

私の恋人、写真家のジェニファー・ロベロが私の写真を数百枚撮ってから、私の切断から回復して、物事が変わり始めるまではありませんでした。このプロセスは、ジェニファーが「写真療法」と呼んでくれた私の治療のようなものでした。自分の美しさと強さ、カメラのレンズを通しての旅を見ていました。撮影中は、若い女の子にTSSのことを聞いたことがあるのか​​、それとも真実だと信じているのかよく聞きました。彼らの大半は否定した。

足を失ったモデルのワッサーさんの語り

↑翻訳が少し微妙な部分がありますが、だいたい理解できますね。

 

一般的にお店でずらりと並ぶ商品の謳い文句はそれなりに健康に配慮してます的文言が多いです。

「肌に優しい」「かぶれない」「天然コットン使用」などなど、その辺りから消費者は”これは天然でより安全なのだな”という『イメージ』をもたれることと思います。

 

でも実際に使われている素材は、合成素材ばかり。不織布とフィルムなどが使用されており、それらの有害性についてはごく稀という判断で小さな記載があるのみです。

便利さと引き換えに健康が害される

天然素材100%のものであれば問題ありませんが、先ほども書いた通りどこのお店に行っても大量な種類が並んでいる市販のナプキンはそうではありません。安価な化学繊維によりコストを抑えて経血の吸収率をあげ、さらに大量生産で安く販売することができる。

 

この構造は食品にしても何にしても大衆が望むからこそでもあり人気なのですが、やはり有害性について浅はかです。

 

ちなみに私はシャンプーももう何年になるかしら?5年くらい経つのかな??もっとかな?

全く使っていません。

なんと楽でお金がかかからないことか!

 

 

月に1回ほどガスールで洗髪し、基本は湯洗いです。ボディソープなども使ってません。
そしてお風呂は毎日汗をかくほどつかっています。

ナイアード ガスール粉末(パウダー)タイプ 500g

 

でね、もうちょっと脱線しますが、うちの夫も中年ですから汗をかけば加齢臭がしたりしてもいいものです。でも、本当に本当に素晴らしく無臭。汗をかいたシャツが乾いてもそのシャツは無臭。全くの「む」!!!ですよ?!!

 

 

っと、話をナプキンに戻して‥‥

市販の生理ナプキンしかも香料がついているものなどは、さらに有害性が増すものだと考えた方がいいです。

 

それを身体の中で最も経皮吸収率の高い性器に当て続けるのです。

腕の内側の経皮吸収率が「1」で性器は「42」倍!!!!

 

よく香水とかプンプンなくらいつけていらっしゃる方がいますね。それから柔軟剤とかリンスの香りとか、ものすごく強い方がいらっしゃいます。

 

 

あれは決していい香りではない。

本物の香りを知っている方からすると本当にあの化学の匂いの臭いことと言ったらたまりません。

はっきり言って臭いです。

でも香りを”まとい”、いい感じと思っていらっしゃる。(もうコマーシャルの影響もろ受けです)

 

私はとても純度の高いエッセンシャルオイルを使っていますが、その香りとは本当に良いものです。

化学的な香りの特徴とも言えるあの”いやらしさ”が全くないのですから。

 

「香害」というものもあります。

 

ですから、香り付きの市販のナプキンやタンポンを使っていると、よりよろしくないです。それを使用している間中じわりじわり年月をかけて経皮を通じて体内にその有毒性が入り込んでいる・・・・・・・・・・と想像してみるとどうでしょうか?

 

●参考記事

体の部位によって吸収率が違うの?

 

生理は浄化

女性の方が長生きなのも、女性は一生のうち一定の期間、毎月生理を起こすことで血液を排出しそのぶん新たな血液を体内で作り出すわけですよね

 

男性にはないはたらきです。

 

毎月子宮内で古くなった細胞が剥がれ落ち血液とともに流れ出ていくなんてすごく神秘的だと感じるのです。

 

だからそれがうまくなされなくなると不調が起きます。

人はそもそも自分で自分を癒す力があると、考えていますがこのこともその一つ。

 

生理はまさに浄化なのですよね。

布ナプキンを使ってからの私の変化

私が使い始めたことによって変化したことは生理期間が短くなったことですね。

4日でほぼ終わります。

以前は1週間くらいは続いてました。

これは大きな違いです。

 

そして以前の私は月経前症候群があり、生理1週間前頃からイライラが起きていたのですが、これについてはイネイトヒーリングですっかりなくなりました!

 

そうそう先日、遠隔でのヒーリングで、毎回初日の生理痛がひどく半日くらい?(だったかな?)はずっとひどい状態がいつもの様子だそうなのですが、遠隔ヒーリング後、生理痛を感じ始めてから2時間も経たないうちにすっかりなくなっている!!と、大喜びのお電話をいただきました。

 

 

私の年齢も年齢なので、もうそう長くはこの布ナプキンは使えないのかな〜と思いましたが、そんなことはなかった!おりもの用が使えますね♪こちらもとても快適です。

 

布ナプキン、私はラミコナップさんのものを使用しています。

もともと私の生徒さんからの布ナプキンをプレゼントいただき、それがきっかけでラミコナップさんとご縁をいただきました。

 

一つ一つ手作りでとても丁寧に作られていて、使い心地も最高です。
何よりも作っていらっしゃる彼女がとても素敵な方なのです。(偶然にも同級生!)

 

【関連記事】

疑うことで救われる〜病気を生み出すシステム・薬に依存する人たちへ〜

 

 

ヒーリング(遠隔/対面)について

体や心の不調に向けて浄化・癒しによって根本から解消へ。
自分の本当に求めていることへ。

 

心理セラピーで豊かさを加速させよう

 

カウンセリング/自分磨き/

 

●心豊かな自分になる!無料メール講座●
ご登録はこちらから↓↓
「自分の認め方無料メール講座8ステップ」

感情と思考と行動が自分の人生を創ります。
自分が幸せになることを拒む思考を手放すためのステップへようこそ!

 

●吉田かおり書籍サイト●
Yoga salashanti book’s 
ヨーガ的生き方はあなたに力を与えてくれます。
「変わりたいのに変われない」
「自分らしさってなんだろう」
そんなあなたにオススメの1冊。
↓↓↓

ヨーガの落とし穴 ~そこで学んだもの~

アマゾンKindle版

一目置かれる「自分センス」の磨き方
〜「カッコいい」女性でありたいあなたへ〜


Kindle版 自分を大切にする5レッスン