yoshida-kaori.com

恋愛が始まったばかりの時は、お互いがお互いのことをよくわかっていない分、ワクワクドキドキしながら幸せオーラを実感しまくりの時。

 

そしてそんな時、

 「一生離れない」

 「ずっと幸せでいようね」

 「ずっとラブラブでいようね」

 

って、そんな気持ちで溢れることでしょう!

永遠の絆にときめいている時

心と体のセルフアップサポート専門

吉田かおりです。(私のプロフィールはこちら

 

「私たち二人の絆は強く固い」

「私たちならずっとやっていける」

 

もうこれほどの気持ちがあるのだから絶対に『ずっと』そうだ!と思うのです。

 

このドキドキ感があって「ずっとラブラブでいられる」って信じられている間は、

お互いのことをほんとはまだよくわかってないからです。

 

ラブラブベタベタと一見すごく近い存在にみえてもほんとはまだまだ知らないことだらけ。

 

これが「距離感」です。

こんなころの距離感は『近いようでほんとは近くない』のですが、まぁべったりしているので『近い』のです。

 

不倫の持つ距離感

よく不倫は燃えるっていうでしょう?

それも当然のこと、距離感があるからです。

”どうやっても入り込めない距離”がまず物理的にもあるからです。

でも不倫の距離感は辛いものでしょう。

 

本来人間関係とは、その距離感が保てていることで末永付き合うことができるもの。

不倫が末永く・・・

ほんとはそれはだれも望まないですよね

 

不倫の始まりってそもそも自分の目の前の環境にある不満から逃避することがきっかけで起こっていることがほとんどです。

 

だから、相手といる時のドキドキときめき感と、内面にある問題は背中合わせのものであり、慢性的な不安定感はつきものになってきます。不安定さを感じたくないことから、相手とより刺激の強いセックスに溺れていきやすいものです。

 

 

不倫が”セックスだけの繋がり”のようにだんだんと思えてくるのもそのような背景からです。

 

どうやっても縮めることのできない距離感があることから、繋がり合える唯一の手段としてセックスは欠かせないもので大変重要。それが不倫の関係です。

 

まぁ、でも・・・

そこからどのような変化を辿るかは人それぞれです。
始まりが不倫であろうがその後環境を変えて一生のパートナーとなる場合だってあるわけですしね。

 

でも、稀に不倫を繰り返す人がおられます。

 

不倫相手の子どもを妊娠をして自分の体を痛めてしまう人もいます。そのような繰り返しは自分のためにならないと気づいて欲しいです。自分の闇に向き合ったほうが健全に生きていけますよ。

 

不倫の話が思いの他膨らみましたが・・・

 

えっと・・・一生ラブラブ!!

ラブラブで永遠の愛を誓い合っていた二人が、なんかの拍子にはびっくりするぐらいあっという間に別れてしまうことはよくあるあるです。

ラブラブしていたこそあるあるです。

 

これは、ある程度の年齢生きている人なら知ってるというか経験済みというか、わかってますよね。(人生で自分が経験したかもしれないしそういう友達を見たかもしれないし)

 

そうなんです。本当にあっけない。
刺激の強いカップルは壊れやすい。

 

つぅーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーと、なんとなくカップルやってる感じの二人の方が末長く一緒にいたりする。

 

 

でね、若い子は恋愛もののドラマや漫画の影響を少なからず受けてるなー!!って思うのです。そのファンタジーな恋愛を実際の恋愛に当てはめてしまう傾向があります。

 

そういうバーチャルな世界でドキドキした恋愛を夢見て現実とのギャップに苦しんでしまう。

 

漫画の一コマのように、寂しい顔して待っていれば白馬の王子さまがやってきて救ってくれる。

だから実際そうやって出会った彼は、救世主のように思える。で、恋愛漫画をモデルにしてずっっとそうあれるって求めちゃう。

 

ドラマや漫画にどっぷり影響を受けてしまってメルヘンちっくな恋愛や結婚に夢見すぎて憧れ抱いててると、”どんな時でもいつでも一緒にいたい”そう望んでしまうのですねぇ。

 

いやいや、現実はそれ重いですわー。

 

寂しい寂しいと相手に求めても、その寂しさを埋められるのは本当は自分自身しかないのですよ。

 

寂しい寂しいと自分以外の人に寂しさを埋めてもらおうとしている限り、

 

とにかく相手は男なら誰でもいい。

だれか側に一緒にいて。

寂しいから一緒にいて。

 

・・・つまり、誰でもいいわけです。

 

その相手と付き合い当所のラブラブ感がなくなれば、(それは本来自然なこと)あなたはまた寂しさに襲われる。

そして刺激を求めて他の男を求めてさまよう。

 

絶対にあなた自身にしかその寂しさは埋められませんよ。どれだけ理想的で素敵な人に出会ったとしてもです。

 

もうそのことに気づいて。

気づいて悩んだらご相談くださいね。

 

相手に理解させようとしても無理。

どんなに相手に求めたところで、よほど女性性の強い賢い男性でなければあなたを理解することなんてできないのです。いやほんと、無理なんですよ、まず基本的に男って生き物は女と違う。

 

 

そこをどうしても相手に要求するのなら、そのための努力がいりますよ。

男と女の違いからまずしっかり知らなきゃ。

自分と他人が違うってことまず知らなきゃ。

違いがあって当然だってこと認めなきゃ。

 

 

自分が求めていることをまずちゃんと聞いてもらうには、自分のタイミングだけで「聞いて聞いて、こうなのああなのああして欲しいこうして欲しい‥‥」っていったところで相手が電話中だったりトイレ中だったらまともに聞いてもらえないことくらいわかりますよね。

 

自分の最も伝えたいことのためにどのようなタイミングで、どんな風に伝えると、できるだけ聞いてもらえるのだろうか?っていう工夫は必要ですよ。

 

それでもやっぱり、相手に100%を埋めてもらうことはできないですよ。

 

 

人が他人と共に末長くいい関係を保っていくには、どうしても距離感が必要なんです。

山登りでべったりくっついて登ることが困難なように。

 

 

刺激の強い短距離走だって疲れるでしょ?
心臓バクバクになってしんどいじゃないですか。

ずっと短距離走してたら寿命が縮まる。

それと同じ。

長く続けたかったらゆっくりできるだけ刺激を少なくすることがコツなのです。

 

セックスは独占欲

強い刺激を相手に求めるばかりでいると、そのうちセックスだけで繋がっている?という疑問をもったり、疑問を持ちつつもそれしかないという状態に自らが向かっている場合もあります。

 

相手に要求して私のことわかって欲しい、欲しい、欲しい・・・なんでもわかり合っていたいっ・・・ずっと最初の頃のようなラブラブでいたい!!!もっと私を求めて!・・・私を欲して!と、セックスに執着してしまう。

 

セックスでの繋がりで独り占めできる感覚。

これが独占欲です。

男も女も、性欲と独占欲は繋がってます。

 

 

べったり親密であるからこそいつも笑いが絶えず、価値観が全て一緒でなんでも分かり合える♪いつもラブラブでセックスも毎日充実!!そんなハッピーな関係がいい!!!

 

っと・・・いい歳重ねてきてそれ望んでるなら
やばくないか?

 

ってあり得ないーーー。

もぅ、書いててもしんどいわ・・・

ふー。。。

 

いい関係が続けられる人こそ、セックスレスだったりします。いちいち夜の「お勤め」=「義務」をしないんですよ。

 

●40代など働き盛りの男性あるある。

外で一生懸命仕事してきて遅くに家に帰ってきて疲労しているなか、奥さんが寂しい寂しいっていうからせめて週1、2回は夜のお勤めを。。。という男性。
(日本の働き方、雇用や経済の問題も背景に見えてきます‥‥また、日本人のセックスに関する偏見、アダルトの世界観の悪影響がはびこっているとしか思えない。)

(逆パターンも後に書きました→性欲命の男性)

 

 

当然大事な奥さんですから、勃起さえすれば速攻挿入!ってわけにもいかず、疲れているなかも色々と時間をかけて奥さんにサービス・・・・・・・

 

いやぁ、なんかかわいそう。。。

 

そんなんなら何も考えず自分の本能のままでも許してもらえるお店でお金払ってでもしてきた方がなんか発散されるべ。(んだんだ。私の中の男性性曰く)

 

妻の”寂しい”に応えてくれない夫の場合、寂しいを埋めるために妻は浮気、不倫へと発展するんですよね。ドラマでもそーゆうのいっぱいありますよね。

 

ああいうドラマみて悶えてる人はヤバイよ。

 

ほらほら、ラブラブずっと永遠に”ときめいて”いたい!!!!
っていう若者カップルと同じじゃないですか!!

 

寂しい寂しいって相手に求めていたら、
結局は自分が求める相手は空洞なんですよ。

 

“誰でもいい”から”私の寂しさ”を”埋めて”

になってしまいます。

 

性欲の強い男

性欲の強い男性は、まさに「男」が強いのです。「男性性」が強い。男性性の世界は縦社会であり支配欲がそこにはびこってます。

 

その現れとして女の嫌がることに快感を感じる、という特徴があります。

 

そこで何でも男の欲求に応えていると、奴隷ごっことか首締めとかね、そーゆー気持ち悪い類になっていくわけでしょ。

で、そーゆう男が歳重ねてEDになってもバイアグラ飲んでなんとか勃起させて女を支配する感覚をどうしても得たいわけ。

 

そこに喜びを感じて疑問がない女性はもうそれでいいんですよ

 

もう男性向けのアダルトやら男性向けの雑誌そこらに描写される性に世界観があるんですよ、もうそっちなんですよ。スピリチュアル的にいえばそこは全然違います。あれはアダルトの世界観でありその世界の人がお金儲けのために作られた性です。

 

そのようなセックスが本質的な性であり愛だと錯覚してるわけですが、それに価値を見つけてるのであればそれはいいんですよ。

 

でもそこに疑問を感じて苦痛を感じるのなら、セックスに虐げられる必要はないのですよ!

愛がセックスじゃないです!

そこに幸せがあるんじゃないのです。

 

 

ヒーリング(遠隔/対面)について

体や心の不調に向けて浄化・癒しによって根本から解消へ。
自分の本当に求めていることへ。

 

心理セラピーで豊かさを加速させよう

 

カウンセリング/自分磨き/

 

●心豊かな自分になる!無料メール講座●
ご登録はこちらから↓↓
「自分の認め方無料メール講座8ステップ」

感情と思考と行動が自分の人生を創ります。
自分が幸せになることを拒む思考を手放すためのステップへようこそ!

 

●吉田かおり書籍サイト●
Yoga salashanti book’s 
ヨーガ的生き方はあなたに力を与えてくれます。
「変わりたいのに変われない」
「自分らしさってなんだろう」
そんなあなたにオススメの1冊。
↓↓↓

ヨーガの落とし穴 ~そこで学んだもの~

アマゾンKindle版

一目置かれる「自分センス」の磨き方
〜「カッコいい」女性でありたいあなたへ〜


Kindle版 自分を大切にする5レッスン