yoshida-kaori.com

自分が存在している意味を掴めなくなってしまう人がいます。

うつになる人もそうです。

うつは沈んだ状態の人です。

 

沈んだ状態が常となってしまう人の特徴は、
自分を信用することができない。
他人を信用することもできない。

 

基本的に人を信用できないため、様々に起きる「自分のダメージ」をうまく発信することも苦手。

愚痴の一つが言えずいろんなことを抱え込み、どんなに歪んでいたとしても親の期待(社会の期待、上司の期待)に答えようと努力を絶やさず自分を見失います。

周囲に求める承認欲求

心と体のセルフアップサポート専門

吉田かおりです。(私のプロフィールはこちら

 

自分の育ってきた環境、その生い立ちの中で親との関係性が束縛的で支配的な要素が強い、また十分な愛情を受けていない、などこのような環境の中から子どもが見出した信念は本質から大きくずれている場合が多く見られます。

 

その親が暴力的でひどく歪んだ価値観をもつ人であっても、親の期待に答える努力をやめられないのは、親から自分のことを”承認して欲しい”と言う欲求を抱いているからです。

 

それは幼いころに子どもが純粋に求める親の愛なのです。

 

どんなにひどい親であっても、どれだけ毒親であっても、幼い子どもは「親から愛されたい」と願ってます。

 

子どもの頃に親から十分な愛を受け取ることなく大人なると、今度は周囲の人間の承認を得ようと努力します。

その背景には大人になった今もなお無意識的に”親に認めてもらいたい”という欲求から起きるのです。

 

このような問題は、親がアルコール依存、精神的不安定、経済的不安定、親の暴力、親が片親である、などと言った状況だから起きているのではありません。

 

いたって普通の家庭のなか、あるいは親が教師や警察官といった職業などいたって社会的には立派(ちゃんとしている)であるような家庭にも‥繰り返しますが「普通の家庭」にも起きやすい問題です。

 

 

つまり、どこの家庭の中でも子どもという存在をあまりに軽視しているということ。

 

いくつになっても自分で考え選びとるその「選択権」さえ与えずに、親という権力を振りかざすような支配的な関わり方の親が多くいます。

 

これまで長い期間、威圧的な関わり方によって子どもを管理してきた親は、まるで選択権を子どもに与えているように”見せかける”ことができます。

 

「あなたのことを思ってこうしてるのよ、そう思わない?(だからこっちを選びなさい)」

この言葉の背景にこれまでの親との関わりによって威圧的に管理されてきた子どもは親が納得する答えを用意します。反射的に。

 

なぜならば子どもがこういった親を目の前にすると、自然に体が萎縮し自分の感情と思考を無くし、親のいう通りにしなければいけないという信念を手放せていないからです。

 

このような状況に置かれた子どもは大人になっても社会に出ても親の縛りのなかで物事を選択してしまう。自分軸で、本心で、物事を選択できないのです。支配的な親に限らず、逆に子どもに無関心な親、親が親としての人生を楽しめていない親なども同じです。

 

つまり、人はみんな「自分」が幸せを掴みながら生きていくことが必要なことなのです。

 

自分を信用できないから責任を持てない

こういった環境のなか大人になっていくと自分を信用することができません。

自分をなくすことが得意になってしまっているのです。

同じ人間である他人を信用することもできません。

 

だからどうしてもいざという時の判断は”他人任せ”にしてしまう。

自分以外の人間の言う通りにしてひとまず行動を済ませてしまう。

 

ひとまず他人のいう通りにしたくなるのは自己責任感がないから。つまり自分を信じられないから。自分には責任を持てる器がないと自己を放棄しているから。だからいつでも逃げられるような状況に身を置いてしまう‥。

 

これは、”失敗”や”責められる”ということを恐れているのですよね。
言い換えれば「自分の不足を認められない」ということ。

 

でもね、完全な人間なんていないのですよ。
それなのに、完全じゃない自分はダメだ‥‥と自分を否定する。

否定し反発した生き方を改めない限り幸せを掴んでいくことはできません。

 

どうしていいのかわらない‥と自分を見失ったまま自分以外の意見を尊重し他人に合わせることを優先する在り方は、ほんのいっときの安心感を得るだけです。

 

これは”偽の安心”なのだと気づくことです。

 

漠然とした不安や怖さがいつも根底にあり自分を信用できないのは、このような状況を繰り返していることからです。

 

誰もが与えられている愛

なぜ漠然とした不安や怖さが湧いてくるのか、ここには理由があります。

人は基本的に誰もが自分の生命を守るべく本能が働きます。

だから、周囲の顔色を伺い誰かの意見のもと生きていくことを続けていれば、その本人の意識とは無関係に「本能」が働くのです。

 

それが「不安」や「怖さ」などとして現れる。
それがその人の本質からのサインなのです。

 

人は最終的にはどうしても自分の責任を取るように神様、宇宙の根源、元、と呼ばれる存在から仕向けられています。

 

言い換えれば誰も決して神(根源、元)から見放されることはありません。

必ず自分の本質の訴えがその人の魂を通じて神の意識と繋がっています。だから元からの情報もいつだってその体の持ち主である本人に伝わるように仕向けられています。その自分の本質を切り離しているのはあなたです。

 

どんな人であっても見放されることなく、なんらかの形であなたの本質からのサインが届きます。それはとても自由で豊かな生き方に繋がるものであったり、あるいは苦しみや痛みであったりするのです。

・自分がいなくなったって誰もなんとも思わないのではないかと思ってしまう。

・自分が行うことについて責任が大きければ大きいほど恐怖感が湧いていくる。

・不安定になった時その恐怖感から育児放棄をしたくなる。

・(恋愛)相手と親密になると別れたくなる。

・責任ある仕事を任されると体調を崩す。

・定期的に心が不安定に陥る。

・生理前あるいは生理後に不調が起きやすい。

 

このような声をたくさん聞いてきています。そしてね、その苦しみや痛みがあることに”翻弄され自分を見失って生きていく”、それもその人の選択の結果なのです。

 

でもその意味を掴むことができれば、自分が全てを作り上げることができるということ、全ては自分の自由な意志の上に自分の人生が成り立っていることに気づきます。

 

それが自分の本質に繋がるときであり、できるだけその真実に早い段階で気づき、自分の本質と繋がった生き方を自らが掴めるのだという真実にできるだけ早く気づくことです。

 

誰かのために生きてはダメです。

自分が自分の幸せを掴むために生きるのです。

 

病名にしがみつきたいですか

複雑な生い立ちを持たれるAさん。
相談内容は自分の精神的な不調が繰り返されることについて、考え方を変容していくことが重要であることを伝えました。すると、このような質問がありました。

 

私は自分の考え方に問題がある、というよりも対人恐怖症なので病的な理由があるためこのような場合は難しいのでしょうか?

 

それに対して私はこう答えました。

”薬に頼るしかない”、自分でそう決めていればそうしかなりません。

”病気のせいだから考え方を変えていくことは難しい”、これも同じことです。

”私はうつだから仕方ない”、これも同じことです。

 

こうして「自分」と「病名」を同化させ、本質的な自分の存在を認めないことを選ぶのであれば、あなたは病気に自分を取り囲まれ身動きできない状態を選んだということです。

 

自分にどんな病気があろうがそれは自分そのものになんの関係もありません。

事故で足を切断されたからといって自分の存在そのものが欠けるのですか?

いいえ、足を失っても自分の存在そのものは変わらないです。
存在し続けている限り自分は自分であり、本来それは何にも影響を受けることはありません。

 

これが自分の本質です。

 

でも、足を失ったことで自分の存在そのものも失ったと捉えるのであれば現実にそうなるのです。やけくそになり人生を投げやりに生きることも自由です。

 

これが私たち一人一人に与えられた自由な意志です。

 

この地球に生かされている私たちは本当に自由を与えられてます。

神様、宇宙の根源、元‥どの呼び方がしっくりくるでしょうか?

とにかく個人がどのような考えのもと、どのようなことをしようがそれを認めてくれます。

そうですよね?

あなたは何者にも支配されていないのですよ。

全て自分が自分の人生を作っていってるんです。

 

自分の思いを知る

「思うこと」どのような思いと共に生きているか。
恨みや憎しみを抱き様々なことを否定していれば幸せや喜びを経験する機会を失います。

 

どれだけ言葉で色々と目標を語っても、心のそこで自分がどんな思いにしがみついているのかによって結果に違いがおきます。

 

簡単に言えば、「健康で幸せになりたい」と願っていても、潜在的に「健康で幸せになれるわけがない」という無意識的思考が存在していればそちらの方が強力に身体に影響を与えます。

 

自分自身が今の状況に対して「自分が変わる必要がある」「自分はよくなりたい」「自分に起きる問題を解消したい」「自分に起きる不調の理由を知りたい」などのように、自分に関心を向け、自分がよくなるための方向に流れをシフトさせていくことが重要です。それには不足した自分、完全ではない自分をしっかりと受け入れ認める作業が必要です。

 

これを「誰かがよくしてくれる」「薬がよくしてくれると‥‥自分を内省することなく自分以外に求めても、よくなっても一時的なものなのです。すぐに元に戻ります。

 

自分の未来に前向きな目標を持つためには、自分自身に起きていることの問題の主は自分なのだという意識が必要です。

 

誰かや何か、ではありません。

まず自分なのです。

幸せを掴むのは自分でしかありません。

幸せでない状況を選んでいるのは自分でしかありません。

誰も人の人生を操作することはできません。

自分が操作するしかないのです。

 

自分が幸せを実感できるように、もっと自分らしく本質的な自分との繋がりを持って生きていくには考え方を変えることは必要です。その考え方を変えるにはものすごく長い月日をかけなければならないと思い込んでおられるかもしれません。

 

でも、その”完璧な状態”を求めることが現状の不満や不調とを結びつける原因です。
完璧を求めることは無理なことです。

 

無理なことをやり遂げようと取り組む、だからちゃんと”苦しみ”としてサインを表すわけですよ。

いちいちそのサインに翻弄されている場合じゃないんです。

その意味を受け取っていきましょうよ。

 

 

一瞬で物事の見方を変え、自分の考え方が変わることだってできます。

それは非常にシンプルなのです。

自分の人生の創造主は自分なんだという、この当たり前のことにさっさと気づくだけです。

 

どうやっても人生の責任は自分で取るようにこの世界は作られています。自分が幸せだと思うものはすぐさま選択することができるのです。選択することができない、これを選んでいるだけです。

 

さっさと自分を信じる立場に置くことです。

誰も人の人生は操作できません。

このことに気づき、自分の人生の責任を全うしていくのです。

 

 


******************

【心豊かな自分になる!無料メール講座】
ご登録はこちらから↓↓
「自分の認め方無料メール講座8ステップ」

 

【吉田かおり書籍サイトはこちら