yoshida-kaori.com

自分が存在している意味を掴めなくなってしまう人がいます。

それがうつになる人です。

うつは沈んだ状態の人です。

「恥」にとりつかれている人もそうです。

 

基本的に人を信用できないため、様々に起きる「自分のダメージ」をうまく発信、表現することも苦手。

愚痴の一つが言えずいろんなことを抱え込み、どんなに歪んでいたとしても親の期待(社会の期待、上司の期待)に答えようと努力を絶やさず自分を見失います。

 

周囲に求める承認欲求

心と体のセルフアップサポート専門

吉田かおりです。(私のプロフィールはこちら

 

他人に認めてもらいたい気持ちというのは誰でも持っていますが、ウツになる人の傾向として意識的にも無意識的もその思いが根深くある場合があります。

 

 

多くは自分の育ってきた環境、その生い立ちの中で親との関係が要因となっています。

 

親が束縛的で支配的な要素が強い、また十分な愛情を受けていないなど、このような環境の中で過ごしてきた子どもは、自分の満たされない思いに堪えていくためにも物事の考え方を歪めてしまいます。

 

たとえどんなにひどい親であっても、

どれだけ毒親であっても、

幼い子どもは「親から愛されたい」と願っています。

 

どの子も親の愛を求めています。自分の最も身近な他者である「親」の愛を十分に受けること。そこを求めない子はいません。

 

親から十分な愛を受け取ることなく大人なると、今度は周囲の人間の承認を得ようと努力します。それは、大人になった今もなお、無意識的に”親に認めてもらいたい”という欲求から起きます。

 

このようなことは特に、親がアルコール依存、精神的不安定、経済的不安定、親の暴力、親が片親である、などそのような状況だから起きているのではありません。

 

 

いたって普通の家庭のなか、あるいは親が教師や警察官といった職業など社会的には立派(ちゃんとしている)であるような家庭にも起きやすい問題です。

 

自分(親)に非がない・・・わけない。

つまり、
どこの家庭の中でも子どもという存在を
あまりに軽視している。

 

これまで長い期間、威圧的な関わり方によって子どもを管理してきた親の言い分は、「必要なしつけであり、自分に非はない」と平然と当たり前のように言います。(フ ザ ケ ン ナ ヨ・・・)

 

だから子どもとの関わり方に上下の支配関係があって当然だとも思ってます。

そもそもそこが苦しみの元になってると疑うことができない。

 

 

親っていうだけでなんでそうなる?

自分もそのような環境で育ってきているから疑いようがないんです。

全く本質を見ることができない。

 

いつまでも「自分に非はない」、「子どもが問題」とみるばかりだから問題が一向に良い方向に向かわないんですよ?

 

で、こういう言葉↓をよくつかう場合…

「あなたのことを思ってこうしてるのよ」

 

おぉぉ‥‥
マジで重すぎ重すぎ気色悪い。

 

自分のことをちっとも振り返らず、子どもに要求ばかりしてしまってないでしょうか。

 

この言葉の背景には子どもを無理やり納得にこじつける威圧があります。親との関わりによって威圧的に管理されてきた子どもは、このようなとき、悲しいかな反射的に親が納得する答えを差し出しています。自分の意思をすでに放棄してるんですよ。そしてそれは、大人になっても同じことをし続けてしまいます。

 

”支配的な親”に限らず逆に子どもに

「無関心な親」
「親が親としての人生を楽しめていない親」

 

なども同じです。

 

こういった親を目の前にすると、反射的に体が萎縮し自分の感情と思考を止め、親のいう通りにしなければいけない、楽しんではいけない、などという固い思い(信念)を持っています。

 

誰かのせいするのは間違っている

大人になって社会に出ても、無意識的に親の縛りのなかで物事を選択してしまうことに気づくことです。それに気づき不要なものを手放していかなければ、「自分の意志だ」と思っていることも実は「自分のものじゃない」わけで。

 

自分軸で、本心で、物事を選択できていない。

自分を放棄してしまっている。

それを「今」する必要はどこにもないのです。

だからすぐさま自分を取り戻せばいいんです。

 

 

「親のせいでこんな考え方しかできなくなった‥‥」

 

「こういう親の元育ったのだから、(環境のせいだから)どうにもならない‥‥」

 

 

このように考えるのは間違っています。

 

自分がいつまでも「そこ」にしがみつくことで自分を育むことができないということです。「どうにもならない考え」にしがみつくからこそ「どうにもならない現実」が続くのですから。

 

 

いいですか。

 

大人になった自分を尊重しなければ、どうするんですか。ずっと子供の心で生きていては自己責任がないままです。

 

自分自身のことなのですから、大人になった自分が変えていくことは「できる」のです。

 

人はみんな「自分」が幸せを掴みながら生きていくこと、そのために生まれてきたのです。自分に起こることは「自分」だからこそ変化を起こすことができるのです。

 

楽と幸せは違うんだよ

自分を見失ったままだと、どうしてもいざという時の判断は”他人任せ”にしてしまいます。

そして、自分以外の人間の言う通りにして行動を済ませてしまいます。

 

つまり自分を信じられないから、なのですよね。

 

自分には責任を持てる器がないと自己を放棄している、ということ。だからいつでも逃げられるような状況に身を置いてしまう。

 

 

責任をとるような出来事はうまく回避し、楽な方へと流れていくことばかりでは、「意欲」というものが湧かないのです。これが生きることへの虚しさを生じさせるのですよ。

 

これがウツになる流れです。

 

楽な方へと逃げてばかりならば、”失敗”や”責められる”ということを回避できます。そこを回避したいのはひどく恐れているからです。

 

それは自分のことを「ちっぽけな人間」と決めているから。

”こんなちっぽけな人間に責任を取ることなんてできるわけない”と。

 

 

本当のあなたは偉大な存在なのに、あなたの「意識」がそうは認めない。

 

本当の自分とは、偉大な存在です。
それがあなたの本質です。
それはあなたの良いも悪いも全てを認めています。

 

 

楽してその楽の中だけで生きていたら幸せを感じるのですか。

いや、それは無理なんですよ。

「楽」と「幸せ」は違います。

 

ある程度立ち向かっていく「力」がなければ、「ただただ自分の生命を維持するだけ」の小さな生き方にしかならないのです。そんな惰性の人生を選びたいか、その問いの答えは何でしょう。

 

立ち向かう力はあなたの中にすでにもともとあるんですよ。

あなたの意識が「ない」と思っているだけ。

そもそも完全な人間なんてどこにもいないんですよ?

 

自分を見失ったままだから、常に自分以外の意見を尊重し、他人に合わせることを優先する在り方しかできなくなるのです。でもそれは、ほんのいっときの安心感を得るだけでしょ。

 

これは”偽の安心”なのだと気づくことですよ。

 

漠然とした不安や怖さがいつも根底にあり自分を信用できないのは、このような状況を繰り返していることからです。

 

楽と幸せは違うもの

 

誰もが与えられている愛

 

なぜ漠然とした不安や怖さが湧いてくるのか、ここには理由があります。

人は基本的に誰もが自分の生命を守るべく本能が働きます。

だから、周囲の顔色を伺い誰かの意見のもと生きていくことを続けていれば、その本人の意識とは無関係に「本能」が働きます。

 

それが「不安」や「怖さ」を過剰に感じるということ。
その人の本質からのサインです。

 

人は最終的にはどうしても自分の責任を取るように神様、宇宙の根源、元、と呼ばれる存在から仕向けられています。だって私たちはそこから生まれたんですから。

 

創造主である神様は、ひとりひとりに無限の愛を与え個々の人生に自由を与えています。その自由が、言いかえれば「自分に責任を持つ」ということ。

 

 

誰も決して神(根源、元)から見放されることはありません。愛されているのです。愛された結果、存在したのが私たち人です。

 

あなたの手足は誰かが操作していませんよ。あなたです。もっと言うならば、酸素はいつでも吸えます。「自由」と「経験をする楽しみ」を私たちは与えてもらっているのです。あなたがそうだと認識し、求めればより良いのです。

 

人の魂を通じて神の意識と繋がっています。

 

だから元(本質)からの情報もいつだってその体の持ち主である本人に伝わるようになっているのです。それはとても自由で豊かな生き方に繋がるものであったり、あるいは苦しみや痛みであったりします。

 

苦しみや痛みがあることに”翻弄され自分を見失って生きていく”のか”そのサインを受け取り意味を掴んでいくのか”、その選択ができる立場に誰もがあります。

 

つまり!
自分が全てを作り上げることができるということ、全ては自分の自由な意志の上に自分の人生が成り立っていることに気づくだけ!

 

できるだけその真実に早い段階で気づき、自分の”責任と自由”の関係は表裏一体であり、それを掴んで生きる立場に立つと、喜びを実感しながら豊かな人生になるのです。

 

誰かのために生きてはダメです。

自分が自分の幸せを掴むために生きるのです。

 

自分の思いを知る

 

どのような「思い」と共に生きているか。
不安、心配、恐れ、恨み…そのような思いをベースに過ごせば当然幸せや喜びを経験する機会を失います。

 

また、どれだけ言葉で色々と目標を語っても、心の底で自分がどんな思いを持っているか、ここの違いがある場合もあります。それによって言葉で言う思いはなかなか現実に反映されてこないのです。

 

たとえば、「健康で幸せになりたい」と願っていても、潜在的に「健康で幸せになれるわけがない」という無意識的思考が存在していればそちらの方が強力に身体に影響を与えます。

 

自分自身が今の状況に対して、

 

「自分が変わる必要がある」
「自分は幸せになりたい」
「自分に起きる問題を解消したい」
「自分に起きる不調の理由を知りたい」

 

などのように、自分に『関心』を向け、自分がよくなるための方向に流れをシフトさせていくことが重要です。それには不足した自分、完全ではない自分をしっかりと受け入れ認めることです。完全なんて本当にないのですから。

 

つまり、あんまり自分を問題視しないこと。

 

あと、「誰かがよくしてくれる」「薬がよくしてくれる」と‥‥自分を内省することなく自分以外に求めても、よくなっても一時的なものなのです。すぐに元に戻ります。

 

自分の未来に前向きな目標を持つためには、自分自身に起きていることの責任をとる、自分の人生の舵は自分しかいないのだという意識が必要です。

 

幸せを掴むのは自分でしかありません。

幸せでない状況を選んでいるのは自分でしかありません。

誰も人の人生を操作することはできません。

自分が操作するしかないのです。

 

考え方は一瞬で変わる

自分が幸せを実感できるように、『もっと自分らしく本質的な自分との繋がりを持って生きていく』には【考え方】を変えることは必要です。

 

そう聞くと、、、

 

その考え方を変えるには『ものすごく長い月日をかけなければならない』と思い込んでおられるかもしれません。

 

でも、それがなんども伝えている”完璧な状態”を求めると言うことですよね。それを求めるがゆえに現状の不満や不調とを起こすのです。完璧を求めることは無理なことです!

 

無理なことをやり遂げようと取り組む、だからちゃんと”苦しみ”としてサインを表すわけですよ。

 

いちいちそのサインに翻弄されている場合じゃないのです。

 

一瞬で物事の見方を変え、自分の考え方が変わることだってできます。

それは非常にシンプルなのです。

 

 

 

え、まだ信じられない?

もぅ〜〜〜!完璧、完全は無理なんだってば!!

これは本当のことなのですから。

 

で、

自分の人生の創造主は自分なんだという、この当たり前のことにさっさと気づくだけです。

 

さっさと自分を信じる立場に置くことです。

誰も人の人生は操作できません。

このことに気づき、自分の人生の責任を全うしていくのです。

 

【関連オススメ記事】

自分に厳しい人は愛と優しさが必要

 

イネイトヒーリング(対面/遠隔)について

体や心の不調に向けて浄化・癒しによって根本から解消へ。
自分の本当に求めていることへ。

 

心理セラピーで豊かさを加速させよう

 

カウンセリング/自分磨き/

 

●心豊かな自分になる!無料メール講座●
ご登録はこちらから↓↓
「自分の認め方無料メール講座8ステップ」

感情と思考と行動が自分の人生を創ります。
自分が幸せになることを拒む思考を手放すためのステップへようこそ!

 

●吉田かおり書籍サイト●
Yoga salashanti book’s 
ヨーガ的生き方はあなたに力を与えてくれます。
「変わりたいのに変われない」
「自分らしさってなんだろう」
そんなあなたにオススメの1冊。
↓↓↓

ヨーガの落とし穴 ~そこで学んだもの~

アマゾンKindle版

一目置かれる「自分センス」の磨き方
〜「カッコいい」女性でありたいあなたへ〜


Kindle版 自分を大切にする5レッスン