yoshida-kaori.com

些細なことですぐに相手と言い合いになってしまう人、振り返ればどうでもいい内容なのに、と思えても、その時はどうしても許せないと思ってしまう‥‥
「負けたら終わり」っていう”敗北感”から回避するために、相手と戦う必要があるわけですね。

「勝ち負け」ってなんだろうね

 

心と体のセルフアップサポート専門
吉田かおりです(私のプロフィールはこちら

 

人生において勝ち組とか、負け組とかっていう言い方があるようですが、あなたなら一体何について勝ち負けと判断してますか?

 

結構この言葉を使っている人の話を聞いていると、「どーでもいいだろっ?」て思うのと同時に、「それだから自分が面白くないんじゃん?」と思います。

 

その代表的なのが、子どもを持っている人に対して使う場合。

 

「結婚して子どもを産む」それが「女性としての幸せをつかんでいる」=勝ち組みという表現なわけですが、ほんっとバカバカしい。

 

「お金持ちの人と結婚する」とか、「医者の奥さん」というそれだけに対して使う場合も。

 

「まぁ〜幸せですねぇお医者様の奥様だなんて」とか。。。んなワケないじゃん!とーんでもないのにね。意味わかんないですねその言葉。

 

医者の奥さんだからってなんで幸せってなるの。
現実には不幸な人の方が多いですよ。だって、旦那さんが”お医者様”ですよ!!エリートですよ!!もうこの時点で危険信号が出る感性を持たなきゃ。

 

エリートで子どもの教育に熱心な家庭で育った子どもは、アダルトチルドレンである場合が非常に高いです。なにも親のアル中や家庭内暴力によってアダルトチルドレンになるというものではないのです。

 

一般的に高学歴の人は、ある意味競争力や攻撃力も高いという見解をする人もいます。医者に限らず「エリート」と呼ばれる家庭の子どもが多く通う大学などを例にすると、その会話の一コマを聞くだけでも寒気ものです。

 

なぜなら、エリート学生、彼らは同級生においても、常に上下関係をしっかりと品定めをしている。こいつは「庶民人間」か「エリート人間」って。その中でもランクをつける。その上で人間を区別して分け隔てを持って人に接します。ほんと、おそろしい。

 

勝ち負けとは、自分の生き方において判断するものであれば良いと思います。

 

エリートと結婚とか、子どもに恵まれることとか、そんなことで勝ち負けの判断を持っているようでは一生しんどいです。

負けられないのは男性性の強さ

実のところ、私はものすごい負けず嫌いです。

どちらかというと男性性が強いですし。
完璧主義的な部分もあり、この二つががっちんするとしんどくなるというパターンがあるんだなあということに気づいてます。

 

男性性の素晴らしいところは何と言っても熱意と行動力。

 

数字で言えばスタートの1がその象徴でもありますが、物事を起こすことに対してこの力は重要です。

でもこれが裏目に出るときとは、競争力のみ、攻撃力へとなってしまいます。

 

で、続けて私ごとですが、最近髪をおもいっきりショートにした私ですが、随分と男前になってしまいましたー!

(ツーブロックにしたのでその辺が特にね)

 

そこで、男前になったことで決意したのが、女性らしさをこれまでより意識してみようということ。

 

もともと男性性が強い私。
数年前までは一切スカートを履いておりませんでしたし、ピンク色に対して過剰な拒否反応があるくらい。でも、そんな私自身の偏りをうまくバランスを取るように心がけつつ、今はスカートもズボンも履いていて、ピンク色も身につけてます。

 

さて、冒頭に書きました、「些細なこと、後になってみれば本当にどうでもいいことで相手と喧嘩したり言い合いになってしまって険悪ムード‥‥」となってしまうようなとき、

 

負けられないっていう熱が上がってるんですよね。
で、それはやはり「負けたら終わり、敗北」という思いがあるからだと思うのですが、それは「相手と自分」という関係において、どっちが勝者でどっちが敗者かというランクづけです。

 

うちには2匹の犬がいますがもうこのランクづけが毎日すごいです。

 

左がマックス君。兄貴分で上位格。
右がベリーちゃん。弟分。下位。

 

犬は完全な縦社会。

数匹いれば必ずその1匹1匹のランクがあるようです。(室内で飼っているのなら、人間も含めた全ての生き物に対して格付けをするそうです。)

 

「マックス君の方が上位だから〜!」と、みんなちゃんとわかっているのですが、遊びで挑発してくる弟分のベリーちゃんに対して兄貴分のマックス君は許しません。

 

即マウンティング!!!!

 

オラオラ!!オイラがオメーより上なんだからな!!!逆らうんじゃねー!!

 

って具合ですね。

 

 

で、あなたがワンちゃんのように、本当にそのランクづけが必要なことなのかどうかを考えてみたとき、いらないんだよな〜と思うようであれば、自分と自分という関係において、勝ち負けを判断すればいいんじゃないかと思うのです。

 

なんで相手に対してそんなに「オラオラ!!」って言いたいのか?

 

なんで相手に対してそんなに「お前がおかしい!!」って言いいたいのか?

 

オラオラ!!的な感じは自己の強さでもあり男性性の特徴ですが、それは一つの個性です。それが良い方に出ているときは、行動力や決断力、ユーモアや楽しみが増しているとき。

 

結局、良いも悪いもそれは個性ってものから生まれてきてます。

 

だから、自分を否定するのではなく活かしていきましょう。

 

 

ヒーリング(遠隔/対面)について

体や心の不調に向けて浄化・癒しによって根本から解消へ。
自分の本当に求めていることへ。

 

心理セラピーで豊かさを加速させよう

 

カウンセリング/自分磨き/

 

●心豊かな自分になる!無料メール講座●
ご登録はこちらから↓↓
「自分の認め方無料メール講座8ステップ」

感情と思考と行動が自分の人生を創ります。
自分が幸せになることを拒む思考を手放すためのステップへようこそ!

 

●吉田かおり書籍サイト●
Yoga salashanti book’s 
ヨーガ的生き方はあなたに力を与えてくれます。
「変わりたいのに変われない」
「自分らしさってなんだろう」
そんなあなたにオススメの1冊。
↓↓↓

ヨーガの落とし穴 ~そこで学んだもの~

アマゾンKindle版

一目置かれる「自分センス」の磨き方
〜「カッコいい」女性でありたいあなたへ〜


Kindle版 自分を大切にする5レッスン