yoshida-kaori.com

この三次元に生きる人間だからこそ大事にしなくてならないのが、ちゃんと地に足をつけて生きることです。

地に足をつけて歩いていない人は世の中たくさんいます。
(?!)もちろん、物理的な話ではないですね。
できるだけ具体的な説明をするならば、それは人の身体に起こるシステムの設定のトラブルなんです。

グラウディングができていない時に起きやすい不調とは

心と体のセルフアップサポート専門
吉田かおりです(私のプロフィールはこちら

 

実際、人は生まれてから重力のかかったこの地球で生きます。その地球と接点でもある足の裏が、ちゃんと地面についていないって‥‥

 

どーゆーこと???

 

‥‥そのまんま、そういうことです。

 

物理的に浮いた状態で歩いている人、地面より沈んだ状態で歩いている人なんてもちろんいませんよ。でも、そういうことです。
そのトラブルが起きていることによって身体の不調は様々に起きていきます。

 

身体がいつも重たく感じるのも、逆にあまりに軽く感じるのも、疲れやすいのも、耳が詰まりやすいのも、お腹が張りやすいのも、のぼせやすいのも、カッとなりやすいのも、原因としてこのグラウディングができていないことが多く見られます。

地面から浮きやすい時ってどんな時?

今回のブログでは、地面から浮いてしまったことに焦点を当てて書いていきますが、さてさて、精神本を読んだり、この物理的なことだけではない様々なことを知ったりした時、それにどっ〜〜〜〜ぷりはまってしまうこともあると思います。

 

こういう本とか、

新・ハトホルの書 ― アセンションした文明からのメッセージ

こういう本とか。

[完全版]生きがいの創造 (PHP文庫)

 

ヨガの世界もそうですが、精神的な修行(瞑想)ばかりに走り、しっかりとしたグラウンディングが持てていない時、低次元の霊気に巻き込まれることや、人格分離によって苦しむことだって起きます。(やれこわいこわい)

 

地に足がついてない典型が、夢見る夢子ちゃんタイプ。
どうしても現実が見えていません。

 

現実を認められないからどうしても歪んだ形でしか出来事を認識できず、本質的な幸せを掴めるような異性と恋愛できない、とか、いつも軽いこととか大きなことばかり言ってて現実味がなくフワフワした感じが抜けないとか、どうしても行動が伴わないとか・・・。

 

もしあなたがその当事者ではなく、第三者として誰かを客観的にみてそう感じ取るだけの話であれば、それをあなたの問題としてあなたがなんとかしようと取り組まないことですよ。

 

結局はその当事者が「それでしか生きていけないんだ」と思っているのであれば、それがその人にとって必要な価値になる、というわけですから。

 

第三者として真摯に関わるならば、どんなことでも、気づいている者が気付いていない者へなんらかの「質問」という形で関わることです。
で、その答えを矯正しようとしないことです。

 

その人自身がどこかのタイミングで何かを感じるのか、感じようとし始めるのか。

 

そこが始まらないうちは、そうあること(夢見る夢子ちゃん=現実化できない現状)に価値を見出しているし、それで納得しているのだから。部外者がピーピーと腹立てたり文句をいったりする筋合いはないのです。

「上から下」と「下から上」への循環

 

地に足がついていることで日々いろんな活動を通してこの物理的世界を過ごします。そしてこの大地(横)の世界は常に負荷がかかっています。それが地球に存在するからこそである重力です。上から下へ向かって働く力です。

 

またこの世界に存在する物質の全て(自分の肉体も)同じように上から下に(地球に向かって)力が働いています。これが大地(横)の世界、物理的世界。

 

これとは逆に、下から上(地球から天)に向かった力、これがたての世界、精神世界です。

精神的世界をエネルギーの上昇、霧、もやの世界と現し、それが縦の世界です。

 

これらの力(エネルギー)のバランスを取ることが大事なことです。

 

 

仏教の開祖であるシャカを紹介しますと‥‥。

 

シャカは今でいう蒸発男!
彼が出家をしたのは29歳の時。
妻子を捨てて出家しています。

 

地に足をつけているということは、横の世界(3次元の世界)をしっかりと生きるということです。もう一方で、物理的(横の)世界だけではなく、この地球に生きる存在、生命を考えた時、縦の世界(精神的世界)は切り離せないものなのです。

 

シャカは、煩悩から離れ、輪廻から解脱する方法「悟り」を説いた人です。

 

つまり精神性が圧倒的に高まった人は物理的よこの世界でみると、『蒸発男』という‥‥。こういった結果でも、「物質から精神」とともに、「生命」とか「存続」とか全体的に視野を広げて捉えた時には結局はバランスが保てているということなのですーー!。

 

今でいえば、妻子を捨てた、蒸発男です。よこの価値観からみれば、ひどい男です。伝説によると、若い妻は泣いて、赤ん坊をシャカの足元に起きこの子を踏んづけて出て行けるなら、出家してください。といったといいます。シャカは、顔色を変えず、赤ん坊を踏みつけ、出ていきました。

ヨガと冥想―入門から神秘体験へ  P73-9~12

 

親が宗教にハマっているという場合もあります。
それが子どもにとってどれだけ危険なことかが理解できますか?

 

シャカをみるとわかると思います。

 

子育てで物理的に忙しく大変な時期に、精神世界にハマってしまうと危険。何が危険って、子育てをまともにしなくなるから。
目に見えない世界を重んじるばかりで、目の前に育てていかなきゃならない子どものこと、それに纏わるあらゆることを放棄し始めます。

 

親が宗教にハマっていくと、お節介がすぎるほど「教え」を強要してきます。「これが絶対なんだから」という猛烈なアピール、家族以外の考えや意見を否定しがちで「自分は悟っている、偉いんだ」という前提で話してくる、などです。

 

そのような形で宗教にハマってしまった親ほど
まともな子育てをしていない。。。

 

”自分は偉い”という態度、子どもに対して親としての凄さを誇張したい親ほどまともな家庭環境を築けていないことが多いのです。

 

私は精神世界を抜きにしてはあらゆることにおいて、損な生き方になるものだと 確信しています。
ですが、その一方で自分の身に置く環境をしっかりと把握し、まずは地に足をつけていることがなされていなければ、うまく廻らないということも認識しています。

 

身体に起こる不調も、病気や痛み、これらは心の問題と密接です。

肉体に現れた痛みや不調は、肉体的な問題だけで引き起こされたわけではないことがほとんどです。

 

感情や強いこだわりなど、絡んでいます。

心の痛みも体の痛みも同じ一つのサインです。

意味があってのことなのですよ。

 

セッションにて自分を明確にもつ!

セッションにて感情の元になる思考から変容し豊かさを加速しよう!
・ご質問などこちらからお気軽にどうぞ

 

●心豊かな自分になる!無料メール講座●
ご登録はこちらから↓↓
「自分の認め方無料メール講座8ステップ」

感情と思考と行動が自分の人生を創ります。
自分が幸せになることを拒む思考を手放すためのステップへようこそ!

 

●吉田かおり書籍サイト●
Yoga salashanti book’s 
ヨーガ的生き方はあなたに力を与えてくれます。
でも綺麗事で片付けていては本質的な豊かさに繋がりません。
「変わりたいのに変われない」
「自分らしさってなんだろう」
そんなあなたにオススメの1冊。
↓↓↓

ヨーガの落とし穴 ~そこで学んだもの~