yoshida-kaori.com

心と体のセルフアップサポート専門
吉田かおりです(私のプロフィールはこちら

 

誰かに愛されたい、誰かを愛したい、愛し合いたい
人はみんなこんな感じで「愛」を求めています。

 

よく、「親が子どもに愛情を注ぐ」と言いますが、愛情ってね、ほんと、微妙なやつ。
改めて愛情とは何かと調べてみると、

「相手にそそぐ愛の気持ち」です。

 

つまり、愛の気持ちを持つその人が、自分よがりの視点で相手に気持ちを押し付ける、ということもあるのが愛情です。

 

っていうか、ほとんどがさー、
愛の気持ちの上なんだからと自分の勝手な解釈を正当化して相手に押し付けてくるのが愛情じゃないですかね。

 

そういう意味で愛情っていらないんです。
できるだけ愛情から離れるべきです。

 

 

本当に必要なことは「」なんですよ。

 

『こんなに愛情を注いできたのに、なんでこうなるの』、とかって不満を思うことって、そのいい例じゃないですか。

 

そんなあなたの勝手なわがままを相手に押し付けといて、”それは愛情なんだから!”と相手を無理やり変えようとしていること。そんな「愛情」がどんなにすごいと言いたいのでしょう。

 

 

そんなものははっきり言います。
どクソです。

(ファック!!٩(๑`^´๑)۶)

 

相手がどんなであれ、その状態であることをそのまま認めること、これが愛です。

これは自分についても同じこと。

 

意味があってそういう状態で存在しているわけです。

なのに、その相手(自分)の存在を否定して自分の中に持つ良い悪いの判断で相手を認めない。

 

でもね、「その良い悪いの判断は本当に自分自身のものなのか?」そう聞いてみると、多くの人はこう答えます。

 

「だって、普通そうじゃないですか‥‥」

 

なんだよそれって
自分の判断じゃないじゃない。

 

世の中によって作られた”良い・悪い”に疑問を持つことなくそれに従い、目の前に存在している相手や自分自身に対してはすぐ疑う。
そんなものから生まれた判断は真実じゃない、本質から離れています。

 

愛情を持っているからこそだと相手に何かを主張するときこそ最もやばいときです。

 

「愛」を振りかざして相手に押し付けるのは、もうお願いだからやめてください。

愛情はどクソです。ほんと、いらねー!!

自己犠牲とは

それらから「自分を犠牲」にして
何かを守ろうとしていくことを選ぶ人がいます。

 

これは、愛情による被害です。

 

誰か自分の大切な人の辛い気持ちを思い感じるほど、その人のためにと自分に無理をして振る舞い、自分がなんとかしなければ‥‥と努力に向かう。

 

こういった傾向が強い人は、幼いころ母親に対してこんな気持ちを抱いていた経緯がよくあります。

 

 

「お母さんかわいそう」

 

「我慢ばかりしてかわいそう」

 

「何も言えずにかわいそう」

 

そんな風に相手の気持ちを強く強く感じるほど、自らに無理を課してでも母親を癒そうとします。

 

 

子どもの頃にこれらのようなことを学んだ人の多くは、自分を犠牲にして誰か他人に尽くすことを、大人になっても続けてしまいます。

 

人に尽くすこと。

 

自らが望み自発的にそうしたいと心の底から思い行うものであれば、それは素晴らしく価値があります。やっていて喜びや充実感を得られるはずです。

ですが、

尽くすことで自分の何かを犠牲に感じたり、


損をしていると感じたり、


罪の意識に捉われるのが嫌で尽くしていたり、

 

”ただそうしなければいけないから”という『考えのない考え』のもとの行いだったり、


そうしなければ自分は愛されない、

 

と考えているならば、その行為は純粋に自分が望んでいるものではありません。自分の本質から離れていく行いであり、相手との関係においてもそれは同じこと。

 

本当はあなたの問題ではなかった〇〇の感情を自分の中で受け入れられることなく大人になると、大人になってからも別の誰かへとその感情の矛先が向かい続けてしまいます。

 

まず、

 

その受け入れのために
カウンセリング、心理セラピーを利用してください。

 

何もかも背負ってきたのかもしれませんね。
もうその重荷を下ろして自分をもっと自由にしてあげましょう。

 

弱音を吐くことは負けでもなく
あなたの落ち度でもないのです。

 

セッションにて自分を明確にもつ!

セッションにて感情の元になる思考から変容し豊かさを加速しよう!
・ご質問などこちらからお気軽にどうぞ

 

●心豊かな自分になる!無料メール講座●
ご登録はこちらから↓↓
「自分の認め方無料メール講座8ステップ」

感情と思考と行動が自分の人生を創ります。
自分が幸せになることを拒む思考を手放すためのステップへようこそ!

 

●吉田かおり書籍サイト●
Yoga salashanti book’s 
ヨーガ的生き方はあなたに力を与えてくれます。
でも綺麗事で片付けていては本質的な豊かさに繋がりません。
「変わりたいのに変われない」
「自分らしさってなんだろう」
そんなあなたにオススメの1冊。
↓↓↓

ヨーガの落とし穴 ~そこで学んだもの~

吉田かおり書籍 アマゾンKindle版