yoshida-kaori.com

歳を重ねていくごとに、老化という現象もくっついてくるわけですがー!そこに抵抗感を抱いて若者に負けじと頑張ってはなりません。あなたの本質的なことへの気づきの時期が遅れるだけです。

おばちゃんでも自分は自分

心と体のセルフアップサポート専門
吉田かおりです(私のプロフィールはこちら

 

年を重ねていけば肉体的な若さに欠けてくることは真実。
“おばちゃん”になっていくことを受け入れていくことは大切です。

 

でも、わたしがまだ子育てで忙しくしている時もそうでしたし、また今現在明らかにおばちゃんと呼ばれる年齢にいる中でもそう、

子どもたちから「おばちゃん」と呼ばれた記憶がありません。

 

こないだなんて、小学校2年生の可愛い僕ちゃんと一緒にケーキ作りをしたのですが、私が「おばちゃんがやる??」と言ったら

 

「いや!おばちゃんじゃない!おねえちゃん!」

 

 

とはっきり言われ、手を横に振りながらあたかも(あなたがおばちゃんだなんて!!とんでもないです!!)みたいな様子をされてしまい拍子抜けしたもんですわ。

 

いや、おねえちゃんって‥‥

お母さんに仕込まれてるんかいなこれは???

 

世の中の子どもにとって「おばちゃん」が死語になってきているの?なんてねーそんなこと思いました。

 

そんなこんなで世の中のアラフォーたちが、自分自身のおばちゃん度を正面から受け入れるタイミングを、逃していることもあるのではないのか?などと感じたわけで。

 

子育て世代のママたちが、おばちゃんネームを排除したく子どもたちに働きかけているのでしょうか。私が子育て時期もその傾向はありましたねぇ。

 

 

お友達のお母さんに対して「おばちゃん」なんて絶対呼ばさない!!!と、徹底して育ててきた結果、多くの子どもたちから「おばちゃん」という言葉は「相手に失礼な呼び方」という認識になっているのではないか?

 

おばちゃんの何がいけないのでしょう??

 

変におばちゃんを避けようとすると、どっかでしんどいですよ。

 

老いを認められない人の美への努力は、側から見るとイタイものです。ある程度年齢重ねてくると、どんなに若い風貌してもほとんど実年齢バレてますよ!!

 

なのに20代の若者と変わらない服装をしているのをみると、結構見てる側は苦しいです。でも女性同士は決してそんな会話はタブーです。

「ええ〜〜〜??!!!●歳なの〜〜〜??!!!見えなあ〜〜〜い!!!若〜〜〜〜い!!!」と、本心とは真逆のことを言う。

 

ガハハハ!!!

 

定番ですな。

 

ある程度の年齢を重ねてくると、その人にしかない個性を生かせるような素敵でカッコいい女性になりたいものです。

年を重ねるからこそ深まる自分らしさ

 

アラフォーにもなると、人生の折り返し地点という考えも根付いているような部分もあるし、ある程度生きる経験をしてきた上で、自分のこれまでについての良し悪しを客観し、

 

「あの時のことをそのままにしてきていることが、結局自分の引っ掛かりになっているのではないか?」

 

「あの時のことを乗り越えていないことが、今現在の精神面の弱さと関係しているのではないか?」

 

「そういえばいつも同じようなところでつまづくのは、今までも気づいた時に何もしないで放っておいたことが関係しているのではないか」

 

などなど、人の旨味が引き出されるための自分への向き合い方を始められる方が多いものです。自分を正常に、ちゃんと本当の自分と繋がっていくために、考えることって大事です。

 

 

歳を重ねるということは、内面がより一層磨かれることですよ。
ここに価値を見出していくことがなければいつまでも外見に執着して苦しむことになるわけです。

 

で、実際自分の心のこととかね、内面的なことに対しても「疑問」が湧いてきているのではないですか?

 

これまではスルーできていたのに、どうしても引っかかる、って感じで。これまでなんとなく気づいてきたことに対して、臭いものには蓋をしておけ!と、蓋をしてどっかに置いたままにしているものがあることは、本人はやっぱり忘れてはいないんですょ。

 

本人のことですから、本当は本人が一番知っているんです。

 

でも、一人で向き合う勇気がもてないから放置してきているだけ。

何をどういう風に自分と向き合えばいいのかわからないから放置しているだけ。

 

でもほんと、心身は正直です。
やっぱりこの臭いものの蓋をした上に自分がいるってことは、なんだか納得いかないなあ‥‥っていうサインをちゃーんと出しますから。

 

あと、ある程度年齢を重ねてきても、サインをキャッチできる人とでいない人がいます。

 

それはそれでいいんです。

キャッチできなまま人生を終えていく人はまたそのカルマを持って輪廻するだけです。

キャッチできても拒否することももちろん自由です。

それならそれで、それに納得した生き方ができれば十分なわけです。

 

それは、

求めることをやめることです。

 

求めるのなら、その問いが『いつまでも若くいたい!!!』では答えが出ないのですよ。いい加減そこんとこ気づかなきゃ自分がずっと苦しいですよ?

 

人には自分の内面を充実させたいという欲求があります!

 

自分の本質から離れている時に、サインをからなず発信してます。
体の問題もそうですし、心の問題もそうなんです。

 

 

自分を本当に大切にすることで、自分を育てていくことができます。
生き方を豊かにしていくことに望みを持つ方は、そうなります。

 

【関連記事】お金をかけなくても美しくなる方法

 

 

ヒーリング(遠隔/対面)について

体や心の不調に向けて浄化・癒しによって根本から解消へ。
自分の本当に求めていることへ。

 

心理セラピーで豊かさを加速させよう

 

カウンセリング/自分磨き/

 

●心豊かな自分になる!無料メール講座●
ご登録はこちらから↓↓
「自分の認め方無料メール講座8ステップ」

感情と思考と行動が自分の人生を創ります。
自分が幸せになることを拒む思考を手放すためのステップへようこそ!

 

●吉田かおり書籍サイト●
Yoga salashanti book’s 
ヨーガ的生き方はあなたに力を与えてくれます。
「変わりたいのに変われない」
「自分らしさってなんだろう」
そんなあなたにオススメの1冊。
↓↓↓

ヨーガの落とし穴 ~そこで学んだもの~

アマゾンKindle版

一目置かれる「自分センス」の磨き方
〜「カッコいい」女性でありたいあなたへ〜


Kindle版 自分を大切にする5レッスン