yoshida-kaori.com

かおりんです。
(私のプロフィールはこちら→私について

 

 

経済産業省がキャッシュレス・インフラの構築支援をしている中で、

私の関わるある会社は、

この分野にて行う事業を展開しています。

 

 

その内容は確実に伸びるとしか言えないほどの材料を揃い持っていて、

 

 

その市場の中で、

一般的にいう「オーナー権利」

を得ることができるのは

唯一無二この会社のみが可能です。

 

 

 

キャッシュレス市場でオーナー権利を得る魅力は、

他のどの資産運用と比べても

還元率の伸び率もダントツで間違いないものと思われます。

 

 

 

まず、資産運用、投資運用、

これに関して暗号通貨やFXなどは該当しません。

 

 

 

それとこれは次元が全く違います。

ここを一緒くたにする考え方を持っている場合は、

まず、知識を増やして

お金に関する自分の求めるもの、

人生に対する自分の求めるものを明確にされることをお勧めします。

 

 

 

この会社は、一般的にいう「オーナー」による分配収益について20年先までを語る事業です。

 

 

そのような長期に渡って収益を語るためには

当然、その収益の原資が肝になります。

 

 

 

その原資への理解の一つが、

「電子決済がなくなること」

などは「あまりに考えにくい」という点。

ここはかなり重要な点です。

 

 

 

決済端末機の設置が1万台に近づいている現状ですが、

実際に1万台になればその時点で

現状の月間端末収益が4倍になることが

仕組み上で起きてきます。

 

 

 

キャッシュレス決済端末の持ち主になると、
キャッシュレス手数料の一部を収益として分配されるという基本的な仕組みがある訳ですが、

 

 

その権利収益は契約した翌月から確実に発生します。

 

 

 

「お金がそんなにあった方が良いですか」

などという人もいます。

 

 

 

私自身、有り余るほど持ちたいと望んでいる訳ではありません。

ただ、ない苦労をするよりも

あった方が良いと思ってますよ。

 

 

 

だから、ない苦労をしないためにも

こういうものを活用した方が良いと思います。

 

 

 

人生の中でのお金の問題をクリアして

本当に自分のやりたいことをしたいと思います。

 

 

 

時間もお金も自由になるならば

仕事は志事になります。

 

 

人生という大切な時間を、
お金が原因で起こるストレスに当てたくないですよね。

 

 

ビジネスとして捉えるなら随分とやりがいのある中身のものです。

 

 

オーナー業として捉えるならこれほどまで魅力の高いものはないものかと思います。

 

 

オーナー業の魅力

WowAppでかおりんと繋がる

 

ラインで繋がりたい方はこちらから