yoshida-kaori.com

かおりんです。

(私のプロフィールはこちら→私について

 

 

お料理は特に思うのですが、

自分のためにというよりも、

誰かのためにの方が断然行動に起こしやすい。

 

 

それと同じで綺麗になりたいとか、

ダイエットを成功したいといか、

 

 

それも「自分のため」というよりも、

「この人のために綺麗でいたい」とか

「あの人に好意に思われたい」など

 

 

そっちの方が、行動が習慣化しやすく

結果を出しやすいんですよね。

 

 

 

これって

人間の本能的な欲求なんでしょうねー

 

 

 

人のためになりたい

人を喜ばせたい

それが自分の喜びに繋がるということ。

 

 

 

でもこれを表面的にしか捉えないと、

自分を犠牲にして無理くり人のために動くことになる。

 

 

 

そうなると、人のためにという表面的な言葉とは裏腹に、常に見返りを求めながら「人のため」と動くことに。

 

 

 

結局、他人を管理しコントロールしようとした不純な動機でしかなくなる。

 

 

 

その人間関係に幸せ感はないはずです。

 

 

 

去年から不労所得に向けてご縁を持った世界とは、

 

 

 

正直いつどうなるのかわかないギャンブル案件に対して正当性を見出して取り組んでいたという結論。

 

 

 

そこにはその頭しかないリーダーがいたわけですが、
それでもそれが「良い」と判断したのは自分。

 

 

 

 

そこは、やたらと「人のために」と言いながらも行動が一致していない矛盾が垣間見れる中、何か違う…という気持ちでいた私。

この経験を得て思うのが、

 

 

 

人のために、という言葉。

 

 

 

その美しい言葉を利用して、

自分の肥やしにする人もいるということ。

 

 

 

それによって大金持ちになりそれを成功と呼ぶ人もいるのでしょうが、

それによって信用を失うことの方がよっぽど問題であり、

そんなものは成功ではなく

人生における大損失としか思えません。

 

 

 

ギャンブル案件だとは思うことなく善意で誰かに紹介し、結果的にその案件の正当性を持つことが難しくなったとき、

 

 

 

「とんでもないものを人に紹介してしまった」と責任感に押しつぶされて辛くなって逃げる人もいます。

 

 

 

でも、逃げるということは、やっぱり卑怯だと思うんです。

持つべき責任感は、自分の落ち度も受け入れ出来ることをやることでしかないです。

 

 

 

誰かのため

人のため

 

 

 

その誰かを肥やしにしてお金儲けをしようとする人間ではないのなら、

起きている現状からできること、

考えるべきこと、を真摯に伝えるしかないです。

 

 

 

 

それをしなければ自分のやっていることに意味を持つことなどできないと思いますし、

 

 

 

そうやって、
人のために動くことができなければ

ずっと自分だけの世界でしか生きることができないです。

これが貧しい生き方だと思います。

 

 

 

とにかく自分が、自分の居場所を底上げしていくしかないです。

 

 

WowAppでかおりんと繋がる

 

ラインで繋がりたい方はこちらから