yoshida-kaori.com

こんにちは!かおりんです。
(私のプロフィールはこちら→私について

 

 

ビジネスや投資をするにあたり、「誰か」が「すごい良い‼︎」と言ったその言葉だけで始めるのはある意味すごく危険です。

 

 

でも、良いものは良いと伝えたい
という人の「純粋な思い」はすごく大事。

 

 

そこを踏んだ上で、
同時に見極めなければいけないのが、

 

 

その「誰か」は実は一部しか見えていないかもしれないということ。

 

 

もっと全体的に視野を広げてその案件を見たときに、実は「穴だらけ」ということもなきにしもあらずということです。

 

 

 

じゃあ、どうしたら良いのか?

 

 

 

極論言えば、
自分で判断できる基準を持つしかないんですよね。

 

 

 

でも実際には、まずネットを使えば

溢れんばかりの案件情報があります。

 

 

手探りで案件を探すしかないところでスタートしたら、おそらくどの案件の話を聞いたところで

 

 

「全部良い」あるいは
「全部怪しい」としか思えないでしょう。

 

 

 

案件の説明を聞いて、「全部良い/怪しい」としか思えないのは、まず自分自身に疑問を持てる知識がないからです。

 

 

基本的にその知識がないから
「すごい!」としか思えない。

(当然会社は良いことしか言わない)

 

 

 

けれども自分自身の判断に自分が信用していないことから裏返しに「怪しい」となる。

 

 

 

本来、知識を持った上に出る疑問があり、
それを埋められるものがないときに
「怪しい」と判断するかと思います。

 

 

 

なので、自分自身がそういう判断基準を持っていないのであれば、まずはその業界の知識を持った人、ビジネスや投資について勉強をし理解を深めてきている人、

 

 

そういう人から情報をもらうことが大切。

 

 

一人だけ自力だけでやったところで良いものに出会えるにはかなりの時間がかかります。その分損失も大きくなり信用も失うかもしれません。

 

 

だから、そこを回避するためにも
他力を使わせていただく。
ここは時短です!

 

 

何でも時短が良いとは思いません。
でも「ここは」と思うのです。

 

 

ここは時短であっても、そこから先の情報を確認すること、それを何度も何度も繰り返すのは、常に自分の足を使って行動するのみです。

 

 

 

誰かから聞けば良い

 

誰かがしっかりしてくれれば良い

 

 

いつまでもどこまで言っても人頼みで、そこにも時短をしていては自分の力なんてつかないですしね。

 

 

 

WowAppでかおりんと繋がる

 

ラインで繋がりたい方はこちらから

 

自力と他力のバランス