yoshida-kaori.com

こんにちは!かおりんです。

 

 

資本主義社会においては生産性が大事。機械化、テクノロジーの進化によって生産効率性はどんどん上がりじゃんじゃん物を作り出す。

 

 

でも、有り余った物を民衆に分配されると民衆が潤ってしまう。これでは支配層たちの立場が危うくなるので分配できない仕組みもうまーく作る。

 

現状維持ダイジ。
( *`ω´)ケッ

 

だからちゃんと2年そこらでガタが来るように物は作られているのではなかろうか⁇だから戦争がなくならんのではなかろうか⁇

 

 

作っては破壊し、大量のゴミを作り出し、
地球がどんなに悲鳴あげようが知ったこっちゃねー‼︎

 

 

産業革命時に多くの化学物質が生産され、たくさんの産業廃棄物は結果的に、再利用されて薬ができるなど……..結局は人間にとって悪影響になるものがこの世界の仕組みの根底にある。健康面からも、金銭面からも。

 

 

 

生産性がないことは決して悪いことではないのに。

そう決めつけてしまうと「自分」に対する判断に歪みが起きてしまうようです。

 

 

 

生産性がない=消費するだけで生み出すものがない=この世のゴミのようなもの=誰の役にも立たない=生きている意味がない

 

 

 

むかし、カウンセリングの中でそんな発言をしたお客様がいらしたことを思い出してこんなことを書いています。

 

 

 

世の中の歪みがこんな風に個人の思考に影響を与えていると思った次第。

 

 

 

「自分の存在」とはその部分で決定するものではないです。でも人は生産性を求めるが故に、このように自分自身を認識してしまい、 生産性が全て、生産性が高くなければ価値がない、というような思考をしてしまうこともある。

 

 

本当はそれが全てではないです。

 

 

ただ、今のこの資本主義の中で簡単に利用できるものがあるなら利用してみると、「なんだ!こんなお金の得方ってあったのか😳 」という現状を実感している私です。

 

 

「ハッピー案内人かおりんJA
https://line.me

 

継続的にブログを読みたい方はこちらからご登録どうぞ🐷