yoshida-kaori.com

こんにちは!かおりんです。
(私のプロフィールはこちら→私について

 

 

疑うことってすごく大事です。

 

そう聞くと、「疑ってしか物事を見れないなんて….」と、否定的に受け取る方も多いのかもですが、それこそ極端な解釈です。

 

 

疑ってみることができない人は、表面に見えることだけで判断するしかなく、その裏側に存在しているものへの理解が全く無い状態。

 

 

 

そういう生き方をしていると「人間の深み」なんて出てこないんです。物事への理解も、人間への理解もあまりに単純化しすぎている。

 

 

 

世の中も人間も…..
そんな単純なわけないじゃん。

 

 

 

たとえば、笑顔は素敵ですよ。

 

 

だからといって、どんな場面でも笑顔でいる人が本当に素敵でしょうか?辛い時にその辛さを隠して笑顔でいても不自然さは伝わるものです。

 

 

例えば相手の発言に傷つき、その悲しみが怒りとして起きるのも自然な感情の動き。でもその時、「怒りは悪」と決めつけていたら…?

 

 

そこで取る行動は笑顔で傷ついたと表現するかもしれないですが、それで自分の思いが相手に伝わるのでしょうか?

 

 

 

辛い話をしているのにケタケタ笑って話す人に私は不信感さえ覚えます。

 

 

 

それから、

自分の発言に対してウンウンと頷いてもらえることって嬉しいものですよ。

 

 

だからといって、自分の話を聞いている相手がず〜っと笑顔で頷ずきっぱなしだったら….?「ちゃんと真剣に聞いてます?」ってなるでしょ。

 

 

相槌やうなずきは適度に入るからこそ自然であるもの。相手の話を真剣に聞くほど自然に「良い間」を持って頷くもの、そういうもんです。

 

 

 

が言いたいかというと。

 

 

なんでもこれがいいんだ!って一方方向からの光しか当てずにそのことを「良いこと素敵なこと」として固定してしまうと、その時点でそのほかを排除されがちだということ。

 

 

 

視野の狭さがこういったところからやってくると思うのです。

 

 

 

単純化、効率化ばかりを求めると歪んでみていることもわからないまま、この理解度の浅さが、ただ搾取され利用されるという位置にしかなれないのです。

 

 

 

なぜ表しか見ないの?

裏も見ようよ。

 

 

人や世の中の表面しか見てなかったら、頭のいい人に搾取されても、全然気がつかないよ?これが世の中の仕組みにあるんです。

 


お医者が患者にお薬を一生飲んでもらわないと成り立たない仕組みのように。電通がマスメディアを操作しているように。

 

 

そこを気づかないまま、

何も疑わずして表面に見えることだけで判断しているまま….結果的にこういうんです。

 

 

「どうしていつまでもこんなに生活が苦しいんだろう」

 

「こんなに一生懸命働いているのに」

 

「こんなに色々とやっているのに」

 

 

 

表だけじゃなく裏側もみて視野を広げてみましょう。

 

表だけでも裏だけでもダメ。

バランスするのは自分です。

 

 

純でピュアなあなたにも臭いところはあるだろ

 

継続的にブログを読みたい方はこちらからご登録どうぞ🐷