yoshida-kaori.com

こんにちは!かおりんです。

 

 

時短効率よく過ごすことは確かに便利で楽です。でも何から何まで効率性を求めてる様はすんごい危ないと思うんです。

 

 

私が思うことは、全体を見ようとする視点を持たない限り、自分の身に起きたことを被害的に受け取るだけだったり疑問を持つこともできないってこと。

 

 

疑問を向ける先とは、
自分にも相手にも全てです。

 

 

それができる時とできない時って人間だったらある。いや人間ならあって当然。

 

 

でも例えそんなことがあっても

 

 

「なんて自分だったんだろう!」と、その情けない自分に気づけ、さらにその情けない自分を受け入れられるのは、ニュートラルな位置に立てた時だけです。

 

 

そんな自分を知った時は

自分を恥ずかしく思いもする。

 

 

でもそんな自分を受け入れない以上、反省すべきことは自分にはいつもないわけで……。

 

 

つまり何が起きようとも自分が関わるもの全て、結局は「自分」の中にしか答えはないってことです。そこに落とし込めるためにも大切なことは人との関わり。

 

 

これはほんと、大きいと思う。

 

 

 

時短は簡単便利。

嫌なとこ臭いとこは知らなくてよし。

 

 

 

でもそれは

 

 

何か起きた時の理解力

偏ってしまうこと。

 

 

 

 

たとえば、先日ワニの肉があるってことを私初めて知ったんですよ。検索すると普通に売ってある「ワニの肉」の画像を見て驚いた。

 

 

 

おぉぅ…とってもグロィ…

 

 

 

爬虫類のザリザリ肌が苦手な私からするとその肌と爪までが残っているワニ肉のグロさは美味しそうにお料理され盛り付けられててもムリ…と感じた次第。

 

 

でも、それと同時にいつも食べているスーパーに並んでいるきれいにスライスされた肉も、本来毛も生えてブヒブヒ、モーモーとなく血を流す生き物であるということであり、

 

 

「スライスされた肉」

aaaaaaaaII

「ただお腹を満たす肉」

 

 

 

とみなすだけではない全体の重みを少なからずとも理解することは大事だなって思いです。

 

 

 

感謝感謝でいただきましょう♪
ってな話じゃなくて。

 

 

 

スライスしたものしか理解しないことって……..

ショートカットしたその「部分」しかないままで食べるだけって……..

 

 

 

自分の人生に何が体現されてると思う?てこと。だってやっぱり全部繋がってるんですもの。

 

 

 

自分にとって都合よい「部分」しか知らないまま生きるということは、その思想はそのまま自分の人生に反映されていくものです。

 

 

 

 

なんだよなんでこんな目にあわなきゃらないんだ?!

 

なんでこんな奴が存在してんだ?!

 

なんで私がこんな扱い受けなきゃなんないんだ?!

 

 

 

嘆くだけで攻撃するだけで目の前のことへの必要な関わりをしない。理解力が偏っているゆえにそこに意味などないと決めつける。これも時短。

 

 

 

常識が、一般的には、という善悪判断を基準にしか物事を見る習性がないと、何を言っているのかさっぱりちんぷんかんぶんなのかとも思います。

 

 

 

今、世の中は在宅での仕事を通じてどれだけ自分がこれまで無駄な時間を必然のことと思い込んで生きてきたのか…など、

 

 

 

コロナをきっかけに、必然と思ってたことって…..、本当に大切なこととは何?…..という課題を人に与えているとも感じます。

 

 

 

 

これまで満員電車に乗って人混みに揉まれながら通勤時間を過ごし、

 

何時間もお勤めをすることでその対価を受け取るという仕組みが当たり前だと思っていた

 

それが必然で当然で絶対的なものとしていたことが、実は通勤しなくてもほとんどの仕事はできるじゃないか…

 

 

 

などと実感している方もいます。

 

 

絶対と思っていたことはこうやって簡単に崩れるものなのです。

 

 

 

お金の得方そのものについて、
私は労働収入に頼るのではく、不労所得を持つことの意味を伝えてます。

 

 

 

その中身とは、その道の成功者に習いながらいくという時短の道を選びました。

 

 

 

そのなかでも(自分が理解しきれない部分においても)、常に自分の立ち位置、自らの選択の上のものだというところへ落とし込むために、常に全体を知ろうとする意識その努力と共に向かってます。

 

 

 

また、全く違う視点から言えば。

 

 

 

たとえ金銭的に豊かになったとしても充実した豊かな生き方になることは全く直結しません。

 

 

人って結局は、お金にならない部分でどれだけ多種多様な全体性を自分に持っているかで、人生の質、満足度、幸福度、豊かさ、は変わるものです。

 

 

 

だからお金が全てだという発想は非常に愚かなことなのだということですね。

 

 

時短は便利で楽だけど、やっぱりそれをするには全体を知った上でそれを選んでいるか(階段で行くよりエレベータだろ、とか今日はエクササイズ兼ねて階段だろとかさ)、

 

 

あるいは知ろうとする自分の立ち位置を自らが持つ。

 

 

深みを自分に得て行くことの喜びは本当にいいよ。何よりもどんな環境であろうが自分の意味を見出せ達成感は確実にある。

 

 

 

んー、やっぱり。
時短は減らした方が良い場合が多いなー

 

 

 

もっと詳しく知りたい方はこちらから繋がってください。

↓ ↓ ↓

WowApp

有益情報をこちらで流しています。
ご登録完了されましたら私、吉田かおりからのメッセージをお待ちくださいね
WowAppはセキュリティーに優れた無料チャットアプリです。

 

うまくいく人といかない人の差