yoshida-kaori.com

こんにちは!かおりんです。
✨🐷✨

 

 

 

労働収入源しかない方が、労働収入源しかないにも関わらず、このようにおっしゃいました。

 

 

 

「自分の好きなことが仕事なんだから、収入がどうとかそういうのはちょっと違う」と。。。。

 

 

 

 

でもさぁ、
それで生計が立っているわけじゃなの?

 

生計の足しにしてるだけなら気楽にそう言う認識でいれるか。(私もそうだったからなぁ)

 

 

 

 

どちらにしても、そこで得た収入によって何らか自分の欲しいものであったり必要なものを購入するわけじゃね???

 

 

 

 

(キラキラ)起業女子にも多い気がする。

起業しててもお小遣い程度にしか稼げない。

 

 

 

 

ある面では起業という自立を求めていながらある面ではそんなにガツガツ稼がなくても旦那の収入があるからとか言う。

 

 

 

お客さんの頭数はお金で計算してるでしょ?

それが普通。
起業していると言うことは。

 

 

 

誰が赤字でやり続けようと思いますか?

 

 

 

S氏のような何億の赤字が出ようが困っている人たちのためにバラ園を持っている(持てる)と言うのとは天地の差。これぞ志でされること。

 

 

 

 

実はね、私も、かれこれ10年以上前になるけど、自分でヨガ教室を始めた時、まさにこの超中途半端な考え方をしてました。

 

 

 

お金もらうにもかかわらず「そんなに稼げなくてもいいの」的な気持ちがセット。(じゃ、金取るなよなっw)今思えばスタートした時に

 

 

「もし人が集まらなかったら(稼げなかったら)失敗レッテル貼られる」

 

 

ってのが怖くて、そんな保守的思考からだったのだと思う。

 

 

 

ほーんと、
綺麗事キレイゴト。

 

 

 

「別に稼ぐことが目的じゃないから〜」と言いながらも人の頭数、絶対お金でカウントしてましたもん。

(どうよこのギャップ…)

 

 

 

 

お金でカウントするのが悪いんじゃない。

それは当然。

にもかかわらず稼ぐことが目的じゃないと言う自分がマジで気持ち悪いしいやらしいー。

 

 

 

 

でもこんなぬるぬるで始めた私ですが、タイミングがよかったのか、あれれ〜〜と言うまにめちゃくちゃ忙がしくなってきたんです。

 

 

 

じゃんじゃん問い合わせが入り、人が集まり、気づけば私1人で百人以上の人が集まってきた。最大150名はいましたね。

 

 

 

 

個人事業って、何から何まで自分1人でやるわけだから、やることめっちゃあるんです。

 

 

 

私、「こんな安い会費でこんな多忙にやってらんねーー!!」とぬる〜く始めたことを悔やみながら、ようやくビジネスとして自覚してきたわけでした。

 

 

 

 

でもそれを続けて行くうちに

 

 

 

やればやるほど忙しい。

 

収入は増えても忙しい。

 

時間がない。

 

どんなに頑張っても頭打ちがある。

 

収入のアップダウンは不安。

 

 

いつまでこれが続くんだろう。。。。

雇われるのがいやで起業したけど豊かになれない。。。

 

 

 

 

でも、今、働きたくても働けなない状況に追い込まれてきてますよね?多くの人が。

 

 

 

 

みんな、綺麗事言わずにお金と向き合ったほうがいいですよ。

 

 

 

「お金が全てじゃない、カネカネ言っていやらしい、真面目に働く人間をバカにするな」などなど‥‥

 

 

 

全然話ずれてますから。

 

 

 

 

労働では成し遂げられない金銭的自立。
そのために持つべきものは不労所得です。

 

 

 

そのノウハウのあるコミュニティに招待できます。

詳しく知りたい方はこちらから
↓ ↓ ↓

WowApp

キラキラWowAppはセキュリティーに非常に優れたチャットツールです。
ご登録完了されましたら私、吉田かおりからのメッセージをお待ちくださいね♪