yoshida-kaori.com

こんにちは!かおりんです。

 

 

 

世の中のほとんどの人はお金(生活)のために働いてます。

 

 

 

お金のために働く収入源しかない人は、『いま起きている状況、環境 』にひどく影響を受けてもおられます。

 

 

 

それなのに、

「早くなんとかならないかなぁ」

とただ回復を待つしかできない。

 

 

 

 

受け身で環境が変わるのを待つしかないって、

 

 

 

どれほど無力なことなのか?

 

 

 

 

 

 

こういう立ち位置の人は、

「だから貯えが必要なんだ」

ということを確信されます。

 

 

 

 

で、状況がようやく落ち着いてきた頃、
これまで以上に労働して、
「なんかのときのために」
と働き続けられます。

 

 

 

 

ここにあるのは?

 

 

 

慢性的不安です。

 

 

 

 

 

こうやって、

働いて、働いて…

 

 

びったりとはりついた不安と共に「限りある時間」はどんどん「働くこと」に費やされてます。

 

 

 

 

 

 

これ、客観的事実です。

 

 

 

この現実がほんとに見えてますか?

 

 

 

 

 

いま見えました?

見えないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

それを不自由と言わず何というんでしょう?

 

 

 

 

 

 

それでも、その不自由な状況に対して
「それは仕方ないことだ」
とその不自由を受け入れますか?

 

 

 

 

それで幸せと思われるのなら問題はどこにもないですが。

 

 

 

 

 

正直に素直に、

私はです。

 

 

 

 

 

世界経済の落ち込みも少し回復が見えてますが、コロナで外出できない、と何もできなくなっている人もいれば、先日の東京セミナーで600人も集まってました。

 

 

 

そこには「お金のために働かなくても良い手段のひとつ」があるからです。

 

 

 

そもそも、

 

 

「お金のために働いている人」の周りには、「お金のために働いている人しか」いません。

 

 

 

だから、自分の本音を抑圧されていることに気づかないでおられる。

 

 

 

お金のために働くのは
当然のことである、と。

 

 

 

 

お金のために働かなくてもいい

 

 

 

そんな生き方に、できるだけ早くそうなれた方が良いじゃん‼︎と、純粋にご自身が望まれないのなら、

 

 

このブログで発信することが
役に立つものはないということのかと。

 

 

 

その選択肢がそもそもないんですもの。

 

 

 

でもそれってあなたが知らないままに否定しているだけであり、また同時にあなたの周りにそれを知らない人しかいないからです。

 

 

 

全然違う世界があなたの外にあるんだけどな。
ま、どうせ全ての人がそれに気づくわけじゃないのはわかってますから。

 

 

 

継続的にブログを読みたい方はこちらから