yoshida-kaori.com

心と体のセルフアップサポート専門
吉田かおりです(私のプロフィールはこちら

 

話をすること、その行為に特別なことって不要ですね。
思ったこと、話したいこと、それを「口にするだけ」で言葉は出ます。
そうしたら相手に聞いてもらえます。実に簡単。

 

そこで、「口にしたことはある程度(もしかしたらほとんど)理解してもらえているもの」

 

と、思い込みがちです。

でも、それは自分都合の勝手な思い込みです。

 

 

 

ちょっと視点を変えてみますが、
例えば写真撮影。

 

何気ないふとした場面を撮られた場合は”無表情な顔”をしていて、怖い顔に見えたり不機嫌に見えたりこんなブサイクじゃないし‥‥と不満を感じるかもしれませんね。

 

でもそれは、
撮った写真を見たから知った、気づいたわけです。

 

 

表情とは態度でもありますが、
それが無意識なのと意識しているのとでは大きく違うものですよね。

 

言葉も全く同じです。
ただ話しているその言葉が一人歩きしていることもあります。

勝手に全て理解してもらえていると思い込んでいませんか?

 

そして違う理解をされていることに気づいた時、

「なんでそんな風に受け取るわけ?」
「なんでわからないの??」

 

と相手を責めてしまっていませんか?

相手を責める前に、自分の言葉と態度とを丁寧に表現していたかどうかに注目してみることです。

相手との距離の近さから生じる安心感

これは、信頼関係が十分にあると感じている相手、距離が近い人間関係になればなるほどこの思い込みは強くなります。

 

「自分のことをわかってもらえている」

 

そう感じる相手との距離感の近さから安心感を抱くこともできます。
そのような気持ちを自分以外の人間に思えることは、
それは幸せなことですね。

 

人は言葉を用いてコミュニケーションをとりますが、
どんなに親しくても、家族であっても、どんなに分かり合えていると思っていても、それでもやっぱり「自分」と「他人」なのです。

 

冷たく切り離した言い方にも捉えられるのかもしれませんが、そういう意味での「他人」ではなく、所詮扱うことができるのは『自分の領域のみ』だということです。

自分が思っているほど伝わっていない

自分が相手に発言したことについて、どれだけ「伝えた」という認識があなたにあったとしても、

 

『相手』がそれを本当に理解しているかどうか、
発信側がその意識を十分に持つことって大事なことです。

あなたが思っているほど相手には伝わっていないかもしれないのですね。

 

伝わっていると思っていることにはちょっとした(いやもしかしたら大きく)ズレているかもしれないわけ。

 

 

そのちょっとした小さなズレに気づいていればドカンとしたダメージが受けることはないはずなんです。

 

相手との関係が”いい状態”の時は物事は右から左に流れるようにスムーズです。
でも、相手との関係が”悪い状態”になった時、

 

あなたがどういう態度、
どういう在り方をしているかが大切なことです。

相手との関係がうまくいっていない、
そう感じる時、自分のことを抜きに相手に意識を向けるほど

 

「なんであの人はあんなことを!」

「あの人の言うことは理解できない」

「あの人の受け取り方はおかしい」

 

などといった感じで、理解できない相手をどうしても攻めたい気持ち、許せない気持ちに自分の心が支配されます。

 

あるいは、そのような怖い気持ちを抱くのはダメだと頭で判断した結果、相手を切り離します。

 

「ご勝手にどうぞ」

「ご自由にどうぞ」

 

冷ややかな態度でそうしますが、ほんとうは心は割り切れず、自分の感情の抑圧と相手への見下しを深め上から目線の嫌な人間にしかならないのです。

 

で、「こういう自分の態度が自分を苦しめているのはわかっているけど、実際割り切ることもできないしどうにもならない!!!」と言います。

 

例えばその問題が職場で起きているのなら、自分と職場との関係性を考えて納得できる在り方を決める必要があります。

 

「職場なんだから仕方ない」の一言を軽く言うだけで心は全く納得できずにフラストレーションを増大させるだけです。

 

「職場なんだから仕方ない」の言葉の意味を、自分が細かく話せるところまで落とし込まないからです。


自分が生きるための選択として「仕方ない」と言うことのその意味を自らが納得するところまで内省することで、やるべきことがわかります。感情を抑えないで自分に素直に向き合うことが必要です。

境界線を超えない

攻めたい気持ちや許せない気持ちに支配されてしまう時、
それが「自分の領域外」のこと。

 

「相手の領域」に自分が入り込み、
”なんとかしてやる”ともがいている時です。

 

そんな時、「自分のこと」を忘れているのですね。

 

自分がまずどうだったのか
ここに戻る必要があります。

 

そこに戻るために、必要な感情の表出しもあるかもしれません。

 

そういった意味から、
普段の人との関わりの中において
できるだけ誤解が生じないような「人との関わり方への努力」を怠ってはダメなのですね。

 

「わかってもらえている」

「どうせわかってもらえない」

 

それらの思いは自分を見事に罠に落とし込みますよ。

 

結局は自分が自分をわかっていないことが原因なんですから。

 

 

相手がどうだ、ああだ、とそのように意識が向かっている限り、
あなたは「自分」しかありません。

 

自分が絶対であり、自分の立ち位置でしか物事を見ることができない非常に狭い視野。

 

自分を大切にするためには一体何が必要なんでしょうか‥?

 

人は皆それぞれ自分のフィルターを通して物事を自分に都合の良いように見て判断しているものです。
都合の良いように、とまではいかなくとも、

 

とにかく自分特有の判断をします。
ぴったり一緒などということはないです。

 

例えば「わかった」というその一言をとってみても解釈は様々です。

 

「わかった」

その表現は
「あなたの考えていることについて理解した」のか、

 

それとも理解はしていなくとも、
「あなたと私との違いを理解した」
という意味なのか、

 

あるいは理解も了解もしていなくとも
一旦その場を終わりたいう意味の「わかった」なのか。

 

言葉には意味を持ちます。
自分の発する言葉はどんな意味を持って相手にどう伝わっているのでしょうか。

 

距離の近い人間関係などにおいては特に起こりがちな、誤解やすれ違いなどそれを解消していくには、わかってもらえて当然というのは錯覚だと知り、目の前の人と丁寧に関わることが大事です。

★関連記事★伝わらないのは気持ちの悪い笑顔のせい

セッションにて感情の元になる思考から変容し豊かさを加速しよう!
・ご質問などこちらからお気軽にどうぞ

 

●心豊かな自分になる!無料メール講座●
ご登録はこちらから↓↓
「自分の認め方無料メール講座8ステップ」

感情と思考と行動が自分の人生を創ります。
自分が幸せになることを拒む思考を手放すためのステップへようこそ!

 

●吉田かおり書籍サイト●
Yoga salashanti book’s 
ヨーガ的生き方はあなたに力を与えてくれます。
でも綺麗事で片付けていては本質的な豊かさに繋がりません。
「変わりたいのに変われない」
「自分らしさってなんだろう」
そんなあなたにオススメの1冊。
↓↓↓

ヨーガの落とし穴 ~そこで学んだもの~