yoshida-kaori.com

こんにちは!かおりんです。

 

 

今の若い子は情報社会の中で生きているんだなぁということをすごく実感しています。

 

 

自由万歳案件JAの事業説明会でも、本当に若い人たちが多い。大学生でとんでもない収入をとっている子も本当にたくさんいて驚きます。

 

 

そして、そんな私の子どもたち二人も、
自分で資産構築しています。

 

 

経済的自立がしにくいこの世事情の中、10代の彼らはすごいな!と感心。

 

 

頭が柔軟。

アラフォー後半の私とは大違い。

時代の変化というものを、我が子を通じてホントに実感します。

 

 

そんな頭のかたい私でも、今は労働という縛りから解放されて、過去にはなかった現実がある。自由万歳案件には感謝しかないです。

 

 

しかし、今の時代、学歴なんて本当に関係ないなぁと思う次第。長男中卒、次男なんて小卒。w

 

 

 

「それじゃ経験が少ない」って思います?

私はちっとも思いません。

 

 

 

そんななか私の軸になることとは、 

「自分の人生、自分の責任」

ということ。子どもたちに自分の背中を見せながらもコミュニケーションを大切に取りながら、そのことを伝える努力を続けてます。

 

 

そんなこんなで、資産構築を始めた私たち(夫婦)の背中をみて、彼らもスタートし、今があります。

 

私の思う親の役目

若い時期からお金を生み出す仕組みに気づき、より自由に豊かに生きていく力を増して行っている状態が今の私の子どもたちにはあります。

 

 

そのことに対して、

親として私はとても安心しています。

 

 

現実的に、いま、金銭的自立が成し遂げにくい社会状況があることを考えると本当に重要なことだと思っているからです。

 

 

 

親の役目って「子どもが自立に向かうようにすること」だと思います。

 

 

 

親から離れてもしっかりと自分を楽しむことができ、人生を楽しむことができる。自己責任を持って生きることができる。

 

 

そのためには自分らしく生きることが必要だし、自分の感情も思考も行動も自己責任の元、「自分が人生を創造できる存在なんだ」ということを持ってもらうことだと思うのです。

 

 

 

人生が「レールに敷かれた上を歩む」
のではなく、自分で切り開いていける。

 

 

 

こういう豊かさを持ち、「自分は生まれてきて本当に良かった!」って人生を楽しみ生きる。

 

 

 

親としての私が子どもへ求めることです。

極論、これ以外ありません。
そのためにも、金銭的自立は必須です。

 

 

気づいた時がスタートの最善の時

 

心も現実も豊かさを増してきたと思える私の変化の元は、「疑問」から始まってます。

 

 

目の前の環境に対して
疑問を持つことから始まりました。

 

 

 

あなたもまずは、現状をしっかりと認識してみてください。この社会の現実、自分自身の収入の現実….あらゆること。

 

 

でも現状の日本、そして今から20年後の日本がどうなっていくか?はある程度予測されていますが、それは決して日本人にとって豊かで幸せなものとは思えません。

 

 

 

 

現状に疑問を持つことってすごく大事なことです。そして、行動したら誰でも変わります。

 

働くことでしか収入が得られないままでは、本当に厳しい世の中になってくると思います。

 

 

自分のマネーシステムを作ること。

できます。

 

 

 

ブログを継続して読みたい方は
こちらからどうぞ↓
個別でメッセージできます。