yoshida-kaori.com

性欲があるのは人間なら正常なこと。でも、その性欲によって人生が好転するときもあれば逆もあり。好転するなら最高ですね!でも逆となるってなんなんでしょうね?

食欲にハマったある男性について

こんにちは!吉田かおりです。

 

 

性欲についての記事なのですが、その前にまず「食欲」にはまってしまった男性について紹介させてくださいね。

 

 

ある番組で放映されていたものなのですが、あまりに酷い内容で非常に印象深く残っています。

 

 

その内容とは、「Aさんに”好きなだけ食べてもらって”満腹になってもらおう!」という感じの番組企画。つまり、Aさんはこれまでどれだけ食べても満腹感を得たことがないという普通の食欲ではない人でした。

 

 

編集はされていますが実際にはAさんは6時間以上食べ続けても、全く満腹感を得る様子がありません。しまいには顎や肩こりなど、食べ続けていることによる身体的疲労も少々訴えている場面も見受けられます‥‥。

 

 

何でこんな番組が成り立つのか私は不思議でたまりませんでした。だってこの方どう見ても摂食障害ですよ?

 

 

Aさんはこれまで経験したこともない食量を食べることができれば、満腹感を得られるかもしれない!!と期待されていたのでしょうか‥‥。

 

 

単純に食欲があるからといって何時間も食べ続けられますか??
それを可能とできるということは摂食障害です。

 

 

その行為の果てには満足が得られると‥‥これを本当に望んでいるのであれば、思いもよらない早死になってしまいます。食べるということでいつか満たされるだろうと信じ、大量に食べることをやめられない限り、心も体も病んでいくのです。

これは、性欲も同じなのです。

 

 精液・卵子の過度な浪費によって‥‥

アーユルヴェーダの思想では、性行為が過度になるということは、精液、卵子の浪費を強め、この段階で生じる大きな負担は次の段階で生み出される「オージャス」(生命エネルギー)が不十分になると説明します。

 

 

食べ物を摂取すると、『血しょう→血球→筋肉→脂肪→骨→骨髄・神経→性液・卵子→オージャス』という順番でそれぞれの段階での機能を果たします。

 

 

だから、精液の過度な浪費は生命エネルギーを落とし活力を奪います。

 

 

また過度な性液の浪費から骨髄・神経系の段階に悪影響が生じると五感に影響が出て視力、聴力の機能が低くなることもあるとも言われるようです。

 

食べ物からカラダの細胞ができるまで

アーユルヴェーダでは、私たちが食べたものは、次の順に組織として出来ていくと理解しています。消化された食べ物からは最初に血漿がつくられます。それを基に血液が、そして、筋肉、脂肪、骨、骨髄、生殖細胞の順に作られていきます。図で一番最後に出てくるオージャスというのは、なかなか一語では表現しにくいですが、生命力、活力、原動力などの「いきいきとした様」の素です。例えば、質の良いオージャスが潤沢にあれば、その人は見た目も肌の色つやがよく、精力的で活力・自信に満ち、免疫力も高く、何事にも前向きで明るい姿勢で臨む人ということになります。

7dhatu

食べたものが私たちの細胞になるまで〜7ダートゥのお話

 

さて、そもそもセックスは子孫を繁栄させるという「人類存続」に必要な行為であります。

 

 

私がここに存在しているのも、あなたがそこに存在しているのも、そもそも父の存在と母の存在があり、その二人がセックスをしたことによって一つの命として誕生していますものね。

 

 

だからもちろん不純なものでもありません。性エネルギーをうまく使いこなせるならばそれは人生に力強さを与えます。

 

でも‥‥セックスに「ハマる」と精神が病む?

性エネルギーはとても精妙でありつよい力があります。若いうちはは心身ともにまだ未発達ですから、やはりあまりに若いうちからセックスをすることは勧められないのですね。

 

 

※若いうちの判断はそれぞれでしょうが一応アーユルヴェーダの本の中に紹介されている年齢は25歳以前。(?!お、遅くないですか‥?!)

 

 

 

さて、
セックスの本質的な欲求は、自分の子孫を残すこと。

 

で、男性ならば複数の女性とできるだけたくさん関係を持てることによって、その確率を上げることができます。

 

 

実際男性は、同じ時期に複数の人と関係を持つことをある程度「簡単に」できてしまう生き物です。女性の場合も可能ですが、それは色んな意味で「リスクが高い」です。なぜなら女性には「命を宿す」という器を持っていますからね。

そういう意味で、基本的に男性とは全く違います。

 

 

でも実際のセックスでは、「子作り」を望んで行為しているのは人生の中でわずか。

 

 

そのほとんどは、その行為に与えられた快感を体験したいことが動機ですよね。その快感とは人それぞれ、ものすごい幅があります。で、若ければ若いほど、その快感に感覚は溺れやすいです。

 

 

感覚を求めていいんです。
自分が気持ち良いことを受け入れることって本当に大事です。

 

 

問題なのは、肉体的快楽の受だけではく、無意識的に心の闇をその快楽で満たそうと始めた時、そこからさらに複雑に精神エネルギーを乱すことです。

 

生命がお飾りになるのは自分がお飾りだから

心が満たされていない、大きな欠損感、閉じた心、隠れている心、それが強いほど、孤立感が深まり生きていく上で不安や恐怖感が増します。

 

 

基本、人は個の肉体を与えられている以上、孤立感が生じることとは切っても切れないものですが、その感覚が強いほどその反動が別の形となって現れます。「性に対する歪み」がその一つです。

 

 

相手が自分をどのくらい愛してくれているのか?という判断基準に重きを置く。

 

どうしたらもっと愛してくれるか必要とされるか、という考えに重きを置く。

 

孤立する不安から不特定多数の異性に対して性的アピールをする。関係を持つ。

 

 

 

ある女性の実例ですが、
男性(相手)に「今は完全に安全日だから”中出し”してもオッケーなの」と伝え、排卵日に中出しさせ‥‥妊娠。そして、彼女の思惑通り相手の男性とは結婚へ。

オーマイガーーーー!!!!

 

そんな結婚って幸せなんですかー?

 

 

 

 

「孤立感」や「満たされない」思いは、命を宿す女性の聖なる器を武器と化すんですねぇ、怖い怖い。

 

 

何が怖いって、何もかも!だけど、一番怖いのは『命』を「飾り」「おもちゃ」としか思っていない彼女の大きく歪んだ精神がすごく怖い。生まれてくる子は彼女の欲求を満たすためのアイテムとして利用されてるだけのこと。・・・

 

 

結婚すること、子どもを産むこと、それが手に入れば「幸せ」‥‥と、そんな単純な「幸せ妄想道」を信じている愚かなこと‥‥。そんな動機で結婚したところで数年で離婚だよ〜?

 

 

はい。実際、この二人は「あっ」という間に離婚しました。
本当にとても早かった。

 

 

離婚に至った「そこ」(離婚)が幸せ崩壊ポイントだと人は言います。いやいや違うって。ほんとはそこじゃないよね。

 

 

性欲にハマると言うのは、「性欲で人をコントロールしようとすること」とも言えるのかな。

 

 

でも…本当は、自分の考えを持ち自分で自分を楽しむために生まれてきたのが我々人間。そういう価値ある自分を見失い、自分の幸せについて自分自身でどうすることが必要か、考えを見いだすこともせず過ごした結果が‥‥こういうことにもなるんですね。

 

満たされない心は肉体が交わっても満たされない

親密になった相手は肉体関係を持ち、より親密感を得るものです。ですが、「心の距離」が一向に縮まらない人がいます。

 

 

自分が自分について存在する意味や価値を見失ったままでいるから、そんな臆病な自分を堂々と相手に表現できない。

 

 

だから、どれだけ肉体関係を持ち、肉体的な距離が近づいてもどうしても内面の空虚感が埋まらないのですね‥‥。自分の心が頑なに「自分の守り」にある人は、孤立感が高まり精神的不安定を引き起こします。

 

 

自分に堂々とし、安心して表現できないその臆病さは、肉体的な関係は数多く持てても相手と心理的に縮まることができません。だからセックスをするほと孤立感や虚しさに覆われそれを満たすためにまたセックスを求める。

 

 

こういう場合もセックスにハマりやすいのかなぁ。
結局、自分の闇を深めてしまうんですよね。

 

 

どれだけ食べても満腹感を得られないAさんが、どれだけ食べてもそこに行き着けない。その理由は、Aさんの心の問題にあります。これと同じことなのです。「解決できない方法」で解決しようとすることが余計に闇深くしているのです。

 

生を宿す器を持つ女性に忠告

はい忠告です。

忠告なんではっきり伝えます。

 

 

 

「結婚すれば」幸せになれるというものではありません。

「子どもを産めば」幸せになれるというものでもありません。

 

 

 

ここのところをよくよくご自分に落としてください。

 

 

結婚も、子供もそれらを持つことによる「責任」は大きいのです。

自分一人の責任も取れない人が、自分以外の責任をまともに取ることなんて、ハードル高すぎなんです。

 

 

 

でも、決して結婚を否定しているのではありません。
「結婚=幸せ」をひとくくりに決め込んでしまっていることを否定しています。

 

 

 

こんな妄想を信じている人が子どもを安易に産み、子育ての大変さに耐えきれず殺すんですよ。

 

いいですか。

 

子育ての大変さに耐えきれず我が子を殺すんですよ?

 

 

 

「所詮、子ども(命)なんてお飾り」としかみなしていないから「もういらない」という発想が生じ実際にポイってできるのです。悲劇です。他人事ではなく世の中にこのようなことが起きているのです。怒りが湧きます。

 

 

ですが、なぜ”所詮命なんてお飾り”のようにしか思えないのか‥それは自分の命もそう思っているからです。

 

高野愛はゆがんだ家庭の中で「すべてを受け入れる」と「思考停止」という自己防御のための装置を身につけた。そうしなければ、理不尽な現実に対応できなかったからだ。しかし、大人になってもこの装置を持ちつづけたために、逆に人間関係を円滑にしたり、問題を解決したりする術を失ってしまった。自己防衛のための装置が、人生を狂わせるための装置になってしまったのだ。

そして、彼女は「すべてを受け入れ」「思考停止」した結果、目の前に出産という逃げようのない現実を突きつけられる。そこで彼女がとった現実逃避の手段が、嬰児殺しという犯罪だったのである。

セックスに溺れた女が、現実逃避の果てに2人の我が子を殺すまで

歪んだ性欲

程度の低い男性が群れて話題にするのは「どれだけの人数の女性と関係を持ったことがあるか」などなど・・・

 

 

女性からすると「そんなことが自慢なのか!?!」と驚愕ものであることが本当に多いです。

 

 

ようは「強さ」「たくましさ」「俺様」をアピールしたい男。意味不明な「男のステータス」を持っていて、単なるマウンティングにしかならないそれを、むき出しにしちゃってる・・・。

 

 

女性はそんなアピールの対象になり下がる意味がどこにあるのでしょう。


男性はそんな俺様アピールをしていくことの一体どこに価値があるのでしょうか?

 

 

性エネルギーを循環させることは非常に良いことです。
でも、それはこのようなセックスの元にはあり得ないでしょう。

 

 

 

ちなみに、こんな意見もあります。

 

『あるがままに生きる』の著書、足立幸子さんは、著書の中で「進化したセックス」という見出しでP172〜181に、性について述べられています。

 

友達のチャネラーがいっていたのですが、宇宙人が、地球人がセックスしているところを見て「あれは何だ、地球人はなぜあんな苦しいことをやっているんだ」と言ったそうなのですが、彼らは進化していてもっと先を言っているので、快楽のためのセックスなんてしませんから、彼らから見るとそう見えるのでしょうね。


あるがままに生きるP179、1行目〜5行目

 

セックスの必要性がない宇宙人の話。

何を感じられますでしょうか?

快楽のない世界、それはつまんない気もしちゃう私ですがそういう世界もあるんですね。

性欲について自分と向き合う時間を取ってみるのも良いですね。

 

●吉田かおり書籍●
ヨーガ的生き方はあなたに力を与えてくれます。
「変わりたいのに変われない」
「自分らしさってなんだろう」
そんなあなたにオススメの1冊。
↓↓↓

ヨーガの落とし穴 ~そこで学んだもの~
               
Kindle版
一目置かれる「自分センス」の磨き方
〜「カッコいい」女性でありたいあなたへ〜
             
Kindle版 自分を大切にする5レッスン

Related Posts

おすすめ関連記事

関連記事はありませんでした