yoshida-kaori.com

こんにちは。吉田かおりです。

 

 

お金は稼ぐものだと一般的には理解されているかと思います。

私もそう思っていました。

 

 

 

で、稼げば稼ぐほど時間はない。
肉体的にも精神的にも疲労していくんですよね…..

 

 

私が労働収入でそれなりに稼いでいた時期は、ヨガの教室を運営していた時です。正直、収入が増えることの楽しみはあったけれども、一人で150名近い生徒さんを抱えて動いていた時は、わけがわからん感じでした。

 

 

でも、もちろんそれなりに楽しんでたんですよ。

確実に、会社員として働いている人よりも自由な時間はありますし。

 

 

でも、個人で動いているから個人の責任は重い。何から何まで全部自分でやるんですもの。それでも初めの数年間は、とにかく動いていて忙しいながらも楽しんでいました。でも、そういう時間が長くなるほど、いつのまにかしんどくなってもいきました。

 

 

 

時間の余裕がなくいつもすごい追い立てられている感じがありました。

(元々のキャパが低いのです。)

 

 

 

そもそも、ヨガレッスンそのものはゆったりとした時間で、自分と向き合う時間を提供する立場で私はやっていました。それなのに、収入が増えるほど時間の余裕がない、自分と向き合う時間がない‥‥というのをすごく実感しました。

 

家の中の洗濯物がてんこ盛りになったままもしょっちゅう‥‥

 

 

で、なんと、

 

収入が増えた分、
支出もめちゃくちゃに増えていました!!!

 

 

 

手元にあるお金、ある程度はいつもすごく余裕があるんです。

すると麻痺するというか・・・

結果的に浪費しちゃうんですよね・・・。

 

 

 

そんな数年を忙しく過ごしたのち、ある時期から決断をして自分で運営する教室はもうやめることにしました。

 

 

そしてヨガのお仕事は、
講師として契約している所に定期的に伺うというスタイルに。

 

 

そうなると決まったお給料をいただくのみです。

格段に稼ぎが減りました。
でも、人数の増減があっても気にしないでいいし楽でそういうストレスは一切なしです。

 

 

まぁ、こんな風になってますよね。
「会社で働く」というのも。

 

 

 

とにかく私の収入は激減。。。。。。

 

 

 

労働収入というのはこのようにしてその人の生活に左右されます。

 

 

そして、私だけじゃなくて、
誰もが収入が増えるにあたり・・・

生活水準も高くなる傾向にあります。

 

 

 

でも、もし労働できなくなったら・・・?

リストラとか、病気や事故とか・・・・

 

 

 

完全に収入源が激減しますよね。

 

 

 

でも、多くの人にも【ローン】がある。

さらに、生活水準高めちゃっていると…ここからが大変なんですよ。

 

 

 

労働することでしか収入源がないと考える人は、収入が増えてもただひたすら預金に回してお金を温存させておくことしかないですが、それをしても、なんの利息がつくわけでもない、ただ温存させておくのみです。

 

 

労働収入というのはこのようなリクスがあるということ。

 

 

「収入が激減」したり「収入そのものが絶たれる」そんなリスクは誰もがあるということ。

 

 

 

 

私は40代後半ですがこの年代になってくると、

 

「いつまで働かなきゃならないんだろう‥‥」という気持ちになる方も多いです。それが本音ですよ。

 

 

みんなお金のために働くという、
このラットレースに本当は疲れ切っているんです。

 

 

 

人生変えたかったら、

これまでと違うことをしなければ変わりません。

 

 

詳しくはこちらからどうぞ
↓↓ ↓↓

WowApp

キラキラWowAppはセキュリティーに非常に優れたチャットツールです。