yoshida-kaori.com

こんにちは。
吉田かおりです。

 

 

もうだいぶ日が経ちましたが、先日、すっっっっごい方のセミナーを受けて学んだことのアウトプットです。

 

 

コンフォートゾーンって私は初めて知った言葉でしたが、
ご存知ですか??

 

心の中の「不安」と関係しています。

 

 

 

コンフォートゾーンの中にいれば不安は少なく、ゾーンの外に向かうほど不安も強まるとされるものです。

 

 

この表現以外で、別の角度からコンフォートゾーンについて伝えるならば、

 

 

コンフォートゾーンの中だけにいれば「変わらない安心」と言う喜びの少ない中で過ごし、外に向かうほど「変化していくことを楽しむ」と言う創造性の豊かさへと向かうものです。

 

 

 

つまり、
不安とは人の進化には最低条件必須なものといえます。

 

「変わらない安心」と言うのは字のごとく、ただ「変わらない安心」だけのこと。ほんとうに望んでいることは

 

 

「変わらないこと」
ではなくないですか???

 

 

 

「変わりたい」んじゃないでしょうか。

 

 

 

だったらそこにある安心って本物じゃないんだよね。。。

つまり、本当の安心は、その外に向かっていくことで得られるということのようですよ。

 

 

 

安心についてですが‥‥
このコンフォートゾーンの中にいる時なら、「納得できる部分ばかり」って感じなのです。だから確かにそのゾーンの中にいれば疑いや不安が起きない。=安心。

 

 

 

 

たとえば、「ビルの10階から飛び降りたら1億あげる」と言われて…「よし!やってみる!」っていう人っていませんよね。

 

 

当然やりませんよね?

 

 

あなたの思考が「そんなことしたら即死じゃん」と理解している。「人は死ぬ」って言う疑いの余地ない事実を理解をしている。この理解は絶対的な真実なので疑いようがありませんね。だから絶対に「え〜…どうしよう…本当にもらえるかな」とか「イエス!」とならない。

 

 

 

でももし、ビルの「2階」だったら・・・?

 

 

 

 

怖いけど‥‥

 

でも‥‥

 

良く考えて‥‥

 

怖いけど‥‥

 

 

 

「骨折覚悟でいく!!」

 

 

 

 

そんな思考が‥‥起きてきません?

 

 

 

 

実は

 

「やれるかも?やれないかも?」

 

 

 

という微妙な思考が起きるとき、「GO!」できるってことみたいです。

 

 

 

これ、言い換えると

この時こそが「自分のコンフォートゾーンの外」に行くチャーーーンス!!

 

 

 

 

だからこそ、
迷った時は「 GO!」した方がいいんです。

 

 

 

 

でも、
人はだいたい迷った挙句に「やらない」です。

 

 

余計な思考が分析判断して、大きな自己成長につながるかもしれないことに対して「フアンレベルUP!!キケンキケン!」って猛烈に引き止める。

 

 

でもその思考ってコンフォートゾーンの中のものでしかないわけです。その思考が分析判断したところで答えは「ノー」にしかならないですよね??ノーに対する納得をするための分析にしか過ぎない。だって、先にあった「死という絶対的事実」と言う認識ではなく、あなたの経験値の中で得てきたあなた特有の判断基準だけに過ぎないんですから。

 

 

自分が知ってないことを「知っていない」「わかってない」と認めることはすごくすごく大事です。そうやって疑問を持つことは素晴らしいことです!!

 

 

そこから自分の素直さにどれだけ従い、
新たな可能性を持って
行動するか しないか です。

 

 

 

ここでは流していない情報をこちら↓で流しています。ご登録後、「知りたい」とメッセージください。

 

ご案内いたします。

↓↓ ↓↓

★WowAppはセキュリティに非常に優れた無料のチャットツールです。

 

LINE