yoshida-kaori.com

こんにちは。吉田かおりです。

 

 

世界中が注目していた台風も過ぎました。その後の被害の大きさに驚いています。

私の住む広島は何事もなく過ごせていますが・・・。

 

 

台風被害は大丈夫でしたか?

 

 

 

これほどまでに大きな台風で注目を浴びていたその2日前にこんな発表・・・・・・・・。

↓ ↓ ↓

【毎日新聞記事】国家公務員の給与増決定 人事院勧告受け入れ6年連続

 

 

 

ま・・・。

 

これが現実。

 

こういうタイミングだからこそ?
だからこそサラリと流してるのかね・・・?

 

 

 

 

世間では台風だろうがなんだろうが、どうしても「仕事」に向かう必要性がある!と硬い覚悟と責任、使命を持って出かけられるかたも多くおられます。

 

医師、助産師、看護師、医療や福祉関係のほか警察や救急隊、あるいは動物を扱う業種もありますよね・・・。ひとくくりに物申せない様々な背景があることが見えてきます。

 

 

 

一般企業では・・・「社員なら何が何でもタクシー使ってでも出勤すべきだろ」とか、「バイドであっても台風を理由に休みは困る」と言われるなど様々なツイートも上がっています。

 

社会人1年目のころ。交通機関もマヒしていたので、「みんな出社できないだろう」と思い、安全に出社できるまで自宅待機し、会社に行きました。ところが、実際に行ってみるとほとんどの人が出社していてビックリ。隣のオジサンから、「台風は、あらかじめ対策するのが当たり前。前日、ビジネスホテルに泊まるとかさぁ」と言われました。それ以来、いかなる理由でも誰より早く出社しています。(ドラあゆみ)

 

私は、こういう考え方が↑まかり通っている社会の在り方に疑問を持つ一人です。

 

 

これもそれも、どうしてもそうしなければ生活していくことができない、そういう状況に身を置いている以上仕方ない、という大きな圧力が多くの人の中にあるからこそのこと。。。

 

 

 

こういう社会システムに少しでも疑問を持つのであれば、

 

 

もっと自由を得られる現実はある。

ということを知ってください。

 

 

 

(無知は愚かです。)

 

 

 

 

まず、収入の柱は「ひとつ」じゃないほうがいいです。

 

 

 

これからAI化により、

様々な職種に変化が出てきます。

今現実も変化しています。

 

 

 

今当たり前にある仕事もAI化が進むことによってなくなっていくことももうわかっています。

 

 

 

どんな仕事でもそうですが、今からの時代、お金に対する考え方を変えていくことの意味が非常に重要な時代になっています。

 

 

 

一つの柱で生活を支えているだけではすごく不安定。

 

柱はいくつかあるほうが良い、ということです。

 

 

 

でも・・・。
その柱を持つために、

 

 

一般的には「もうひとつ仕事(労働)を増やしてなんとか切り盛りする」と考えます。

 

 

 

たとえそれで稼げたとしても、

 

「お金を得ても時間はない」

 

「休みの日はいつもクタクタ」

 

「毎日毎日ただ同じことの繰り返し」

 

 

 

 

そんな生き方にしかならないのが現実。

 

 

これで本当に「生活している」と言えるのでしょうか。。。

 

 

 

 

 

ただ動いている

 

ただ、しなければいけないことをこなしていく。。。。。。。。。。。。。。

 

 

 

これって‥‥支配する側に動かされ、流されてるだけです。

 

 

 

 

本当にこれが「生活している」ってこと?

本当にこれが「人生を楽しめていくこと」???

 

 

 

いや…違いませんか???
これでは人生の楽しみには「かなりの」制限があります。

 

 

人生ってこんなもんじゃないはずって思っていいんですよ!

 

 

 

 

私はそうではないお金の価値を知っています。

お金の価値を知ることは
「どう生きるか」に直結します。

 

 

ここでは流していない情報をこちら↓で流しています。ご登録後、「知りたい」とメッセージください。

 

ご案内いたします。

↓↓ ↓↓

★WowAppはセキュリティに非常に優れた無料のチャットツールです。

 

LINE