yoshida-kaori.com

自分で選ぶということ

こんにちは。吉田かおりです。

 

 

目の前のやるべきことに、打ちひしがれ気味のHさん。
自分のやりたいことのために始めたことが、結果的には「ハードスケジュールによって心身疲労気味」。

 

 

わたし:

目の前のことに対して背負いこみすぎてしまっていませんか?「楽しむこと」と「苦となること」と現実今のベースになっているのはどっち?だと思います?

 

 

Hさん:

確かに今は楽しめていません・・・。楽しむとかよりも、とにかくこなしていくだけって感じになっていて正直しんどいです。でも、しんどいけれど・・・これも自分の決めたこと。やるしかないとはもちろん思っています。

 

 

肉体面も精神面も、両方がしんどい。
でもやるしかない。

 

 

 

このような追い込みは年齢も若いうちならまだ通用したりもしますが、中年期になればこの追い込みってのダメージかなり大きいですよ。

 

 

そもそも。

 

 

しんどいけれど、仕方ない、やるしかない。

そうするしかないからする。

仕方ないからする。

 

 

 

この流れって、

『やらされてる感』なっていきます。

 

 

 

つまり、

「積極的な自分の意思の選択がない」
と現状がしんどくなります。

 

 

 

時間は同じ。

そして、取り戻すことはできないし先につかむこともできません。

 

 

 

だから、超大変な時期であっても「自分自身が楽しんでいるのか」「そうでないのか」はすごくすごくその後に影響します。

 

 

 

実際のところ、時が経ちこの全てのカリキュラムを終えたとき、多くの人は「大変だったけど、やり遂げることができて最高に嬉しい!」と、喜び満足を得るものですよね。人間って達成感と共に喜び溢れます。

 

 

 

そこで、より喜びや満足を純粋に受け取れるのは、その取り組んでいる現在の時間を、ハードスケジュールにながらも自分の未来にワクワクしながら過ごしていると、より良いってこと!

 

 

 

だって、その時点からすでに楽しめていることから、未来の豊かさを加速させますからね。

 

 

 

とにかく、

楽しむことが大事。

 

 

 

これまでやったことのないことに取り組むこと、何かに挑むこと、これは幸せや豊かさなのだから。(楽しめてないなら変ですよ)

 

 

 

あと、人は生きているだけで、立っているだけでさえ、ある意味戦っています。

 

 

どういう意味かというと、
常に重力を受けていて、それに立ち向かってる。

 

 

 

だから、その「戦い」をやめれば幸せもないってことですね。

 

 

 

戦いをやめた人は、退屈、自信喪失、あきらめ、老化のせい、として意欲がなくなります。意味をつかむことを諦めたっていうことだから・・・生きる力その輝きが落ちる。

 

 

 

いま毎日は確かに大変でしんどいことですが、こういった視点をもち、いまこの瞬間から喜びを体験しながら行動ですね!!

 

 

 

 

あと最後に、

 

「これが終えたら楽になる」

 

「これさえ終わればやっとゆとりがでる」

 

 

 

などなどの考えは手放した方が良いです。

 

 

 

 

そう語る未来を作るのは「今」でしょ?

 

 

 

苦しみを乗り越えたら楽になる

我慢したら楽になる

 

 

 

ならば、「今この瞬間には幸せは掴めない」と宣言してしまってるようなもんですから。

 

 

 

自分の喜びに沿った意志を現実に反映させてなんぼです!!

そうなると、発する言葉から感じ方から全て変わります。