yoshida-kaori.com

自分を磨きたいのなら、外面だけではなく内面のことを抜きにはできません。その内面は「心」でもありますが、その心のさらに奥に「本当の自分」がいます。それをヨガでは「魂」(アートマン)と言います。

本当の自分、本質的自己、スピリットなどという意味で捉えて頂くと良いかと思います。心とは別個のものであり、心によってそれを知ることができます。「本当の自分」で生きることこそ人は磨かれます。

五感のはたらき

心と体のセルフアップサポート専門
吉田かおりです。(私のプロフィールはこちら

 

私たちは人間は五つの感覚を通して様々なことを認識してますね。

 

今日が暑いか寒いか、あるいはお風呂の湯加減などその触れた手(肌)を通じて感じとります。

 

食べたものの味が薄いか濃いか、辛い、甘い、美味しい等、口に入れた舌を通じて感じとり、

 

部屋にある匂いを不快か快適かどうでもいいか、鼻を通じて感じとり‥

 

外にいる人の声がうるさいかうるさくないか、あるいはどうでもいい(気にならない)など、耳を通じて感じとり‥

 

鮮やかな野菜を見て美味しそう、美味しくなさそう、などと目を通じて感じとる、といった感じですね!

 

 

肌、口、耳、鼻、目という五感覚で感じ取ったものには必ず”その人固有のもの”がくっついて、その上で感覚を感受しているわけですが、”その人固有のもの”というのが、

 

これまでの経験でどんなことを
自分に吸収してきているかで決まっています。

 

吸収したその吸収もとには「テレビ」もかなりの割合で入っているかと思います。情報を選べず与えられるのがテレビです。しかもその情報は視聴者にとって購買意欲を高めさせたり不安心を高めさせるなどがおも。

 

それから、あなたが過去に体験した出来事によって、その時起きた感情の記憶なども吸収もとです。

 

それはあなたの”意識”が「その頃のことなど全く記憶にない」という場合であっても、潜在意識の領域にはその感情の記憶はあって、その上で今現実に経験する物事をいかに経験していくかを決めています。

 

だから、

私たちが目の前にみる「これがひとつの真実だ」と思うことは、みんなそれぞれ違うものを経験しているということです。みんな自分特有のフィルター(吸収したもの)を通じて目の前の出来事を認識してます。

 

自分の「感覚」と「潜在意識」の繋がりはそういったところから重要なのです。

女性であることを嫌う女性

自分を磨きたく外面に意識を向けてみたとき、女性なのに全くスカートを履くことを選ばない、という場合もあります。洋服を選ぶ時点ではじめからスカートを視野に入れていない。選択肢を自らが狭めているのは非常にもったいないことです。

 

これ、実は私にもそのような傾向がありました。

 

どうしても女性らしい服装に抵抗があり女性の象徴であるスカートが履きたくない‥‥。

 

自分なりにそのことについて向き合っていった時に、あることに気づきました。

 

私が幼い頃、父親が「お前が男の子ならよかったのに」「男の子が欲しかったんだ」このようなことを言っていたのを思い出しました。

また、母が「男の子が欲しかったらからあんたに男の子の服を着せていた」などと言っていたのも思い出しました。

 

まだ子どもの頃にもそのようなことを言われましたし、大人になってからも言われたのを、何となく思い出したのです。

 

大人になってその話をしたのはお酒の入った父です。

 

「男の子がほんま欲しかったじゃ〜〜〜、お前ができたとき、男の子とばかり思っていた〜〜。まあ、生まれたお前は女の子でそれはそれでええんで、、でも、ほんま初めての子は男の子が欲しいってすごい思っとったんじゃ〜〜」

 

そんなことを語るお酒が入って気分高揚の父。

 

妻の妊娠がわかった時の若いパパさんの「男の子のお父さん」になる自分への期待や「男の子」が生まれることへのワクワクを話す父は、まるでその当時の若い父。

 

でもね、それを男と子で生まれなかった私に話すことなのか‥‥??。

 

それをお酒の入ったノリで現実目の前にいる「娘」に嬉しそうに語る父に喝を入れてやりたいですね。

 

「目の前を見なさい!!」

とね。

 

その時の私は、心の底の方で大きなショックを感じながらどう受け止めたら良いのかわからず困惑しました。

あーここが私の性に対する歪みになっているんだなぁと‥‥気づきました。

 

女性でいたくない気持ちとは「性」を感じたくない、子どものままでいたい、そんな感じのものです。

 

 

そのせいか、私は若いことは20も30も年の離れた年配方とお付き合いする(女性です異性関係ではありません)ことが多く、そこで甘えていられること、幼稚に振舞うことが居心地がよいという、妙な時期がありました。

 

幼い時に親から言われていた「男の子ならよかったのに」「男の子が欲しかった」これらの言葉を、女として生まれてきた私は自分の性に対する否定と結び付けたのでしょう。そしてできるだけその性を感じなくて済むように、子どものように振舞うことが居心地よかったのです。

 

女性であることの否定はそのほかいろんな要素も絡まり結果的に、自分の存在そのものに対する否定に大きく影響していました。

 

こんな風に環境から人はみんな、
「自分について」様々な刷り込みがなされています。

幼い頃に自分に対する歪んだ設定をしてしまうと、その設定を基本に様々な体験を通してそのことを強化させていきます。

全ては自分を守るため

どんな環境下であっても結局は自分が決め込んだ設定ですので、ちゃんとそこの歪みに気づけば変えていくことは可能です。

 

自分を磨きたいと思うとき、キラキラした自分を求め外見を磨くだけではぜんぜん無理です。ちゃんと自分の違和感に立ち止まることができない限り無理なのです。

 

女性であることに無意識的な抵抗感を抱いていた私のように、様々な出来事から自分に様々な思いを取り込み、それが現実に現れていきます。拒食症の方にも似たようなことがよくあります。

 

拒食症になってしまう方の多くは、肉体的な女性の象徴でもある”ふっくらとした肉づき”、そのような「女」の体になることに対して恐怖感を抱いています。

 

大人の女性になりたくない、女でいたくない、女であってはいけない、このような思い込みが過去の何処かのタイミングで強く起きていることが原因の場合が多いのです。

 

今の自分が経験し感じ取っているその感覚が、より純粋なものとして感受できるようになることが自分の本質を磨くことであり、魂からの輝きを増すことです。

 

今ある不快な感覚は、もしかすると偏り歪んでいることへの気づきとしてあなたに促しているものはないですか?魂からの訴えはそんな感じですよ。

 

違和感として感じ取っているのなら無視すべきことではないはずです。
そこにちゃんと立ち止まるタイミングのはずです。

 

でも、もちろんそれをどうするかの全ては自分の意思にあるのです。

 

【関連姉妹記事】
魂を磨く生き方に入りハイヤーセルフと繋がるコツ

 

 

ヒーリング(遠隔/対面)について

体や心の不調に向けて浄化・癒しによって根本から解消へ。
自分の本当に求めていることへ。

 

心理セラピーで豊かさを加速させよう

 

カウンセリング/自分磨き/

 

●心豊かな自分になる!無料メール講座●
ご登録はこちらから↓↓
「自分の認め方無料メール講座8ステップ」

感情と思考と行動が自分の人生を創ります。
自分が幸せになることを拒む思考を手放すためのステップへようこそ!

 

●吉田かおり書籍サイト●
Yoga salashanti book’s 
ヨーガ的生き方はあなたに力を与えてくれます。
「変わりたいのに変われない」
「自分らしさってなんだろう」
そんなあなたにオススメの1冊。
↓↓↓

ヨーガの落とし穴 ~そこで学んだもの~

アマゾンKindle版

一目置かれる「自分センス」の磨き方
〜「カッコいい」女性でありたいあなたへ〜


Kindle版 自分を大切にする5レッスン