yoshida-kaori.com

良い親になろうと頑張っている時、子どもにこれは絶対に教えておかなければいけない、あれは許されない、こうでなければ、との熱い熱い思いがおありのことと思います。

子どもとの会話に注目

こんにちは。吉田かおりです。

 

例えば、あなたが親で子どもに対してよく「〇〇ちゃん大好きだよ〜、すごいねえ〜、そうなんだね〜よくやったね〜」なんていう感じで、とてもいい言葉を発し子どもに肯定的な言葉を意識してかけていっらしゃるとします。

 

でもそのとき、
その言葉に似合った「態度」が釣り合っていなければ、子どもとの関係性はあなたが思っているほど「良いもの」ではありません。つまり、何が言いたいかと言うと、自分目線でいい関係があると思っているだけでは繋がってないかもしれないってこと。

 

 

特に子どもに悪影響が強いのは、
「良い言葉をかける割には日常の態度はだいたい冷たい」こんな様子の親。

 

自分(親)の都合の押し付けが強く、本当は子どもに関心を向けていない親の在り方がそこにあります。

 

発している言葉(良い言葉)とは似合わない「態度」がある時、それを受け取る側はこの「態度」をとても強く受け取ります。非言語のメッセージは強力。

 

 

そして、それを受け取る子どもは「自分は大事にされていない」「自分は邪魔者だ」「自分は重要ではない」「自分はいてはいけない存在」こう言った自己否定に繋がります。

 

子どもに目を合わせることなく子どもに良い言葉をかけても、子どもの心は少しずつ傷を深めてしまいます。

 

今忙しいのに‥‥という時

例えば子どもから話しかけられた時、”子どもの話を聞こう”と思ったとしても、その時のあなたの心が

 

「私の邪魔をして‥‥いま忙しいのに‥‥しょうがないなぁ‥‥」

 

こんな気持ちが半分以上あるのなら
その心のまま話を聞こうとしないことですよ。

 

 

その態度のまま、子どもの欲求を満たしてあげようとしても、うまくいかない場合が多くないですか?

 

つまり、まず自分の意志をちゃんと持つんですよ。

 

「自分の気持ちはいま子どもに向けられるか?」と自分に問うてみるんです。時間でいうとほんの数秒程度のことですよ。

 

 

その瞬間で、今忙しいけど一旦子どもに注目しよう そう決めたのなら、自分の意思を伝えることですよ。

 

 

「いま、これ(今やっていること)が後5分もしないうちに終わるからそれからにさせてもらえる?」などという感じになるかもしれないし、今やっていることをパッと手を止めて、子どもに向き合うかもしれないし。

 

 

あ、最初の例の場合だと

「〜〜それからにさせてもらえる?」と質問系にしたのですから、相手の答えをちゃんと聞くんですよ。

 

もしかすると、
「ヤダヤダ!今すぐ!」という答えが帰ってくるかもしれませんから。相手は子ども。大ありなことです。その時、「ヤダヤダ!今すぐ!」という子どもの答えに対して「なんでこっちがこう言っているのに駄々こねるの?!」と腹を立てるくらいなら最初から「お願い」するような言い方するのが間違ってるってことですよ。

 

 

ここで腹立てる人は、 『子どもにお願いすればなんでもいうことを聞いてもらえるもんだ』という頭で話してますよね。それがストレス元。

 

 

ということは、この場合は良い言葉で親としての理性や愛を持っているように見えてますが結局やっていることは子を”命令して従わせたい”だけじゃん。。。

 

 

こういった部分が自分にあるな、と自分で認められるようにならない限り何も変わりません。

 

 

話を戻しますが、
質問系にするのなら、相手の言い分を聞き入れてから判断ができる、そんな自分の余裕がある時にしたほうがいいです。そうでないのなら自分の意思表示としてちゃんと「結論づけて伝えること」です。

 

「ごめん、これ(今やっていること)が5分もしないうちに終わるからそれからにさせてね。お母さんもそれからじゃないとちゃんと聞いてあげられないから‥‥」

 

という具合でもいいかもしれません。

 

そして、その約束を守ってください。
宣言した5分以上待たせたり他のことまでやり始めたりしないことです。

 

中途半端に良い親になろうとすることで、子どもは雰囲気で傷つきます。
子どもがまだ幼いほどその空気、雰囲気で傷つき、その圧力は相当なものです。それらが子どもの
自尊心を奪うのです。

 

言葉のように明確ではない”態度のメッセージ”。
「察する」ことで受け取ったものはとても大きいのです。

 

違和感を放置しない

明らかな虐待や、こんなひどいことをされた‥‥など、そういった明確な虐待行為を受けたわけではない人ほど、自分が子どもの時に親が「かもし出す雰囲気」で傷ついていた事実を認められません。

 

 

大人になった思考で当時の親を察することで、良い関係だったという形を維持したい、という防衛反応が起きるのですね。

 

自分の周囲に関わる人の中で、

「この人と話していると、どうしてか嘘っぽく感じてしまう」
「この人の目つきが気になる、嫌な感じがする」

 

そういった感覚を抱く相手がもしいたとしたら、そのような感覚は大事にしましょう。過去の自分からの”気づいて欲しいメッセージ”の場合が多いんですから。

 

そのような感覚に気付いた時、この違和感ってなんなんだろう‥‥て、自分に問いかけてみるだけでもいいと思いますよ。

 

違和感ってすごい大事です。
そこを放置しないこと。

 

親としての義務にとらわれ、結果として不健全な関わりを子どもと持ってしまわぬよう、自分への向き合い方を知っていきましょう。扱える領域は自分のみです。
自分の望ましい在り方を見つけることだけです。

 

【オススメ姉妹記事】

「子どもを褒める」褒め方次第で愛不在の虚しい親子間になる

 

 

●吉田かおり書籍●
ヨーガ的生き方はあなたに力を与えてくれます。
「変わりたいのに変われない」
「自分らしさってなんだろう」
そんなあなたにオススメの1冊。
↓↓↓

ヨーガの落とし穴 ~そこで学んだもの~
            
Kindle版
一目置かれる「自分センス」の磨き方
〜「カッコいい」女性でありたいあなたへ〜
          
Kindle版 自分を大切にする5レッスン

Related Posts

おすすめ関連記事

関連記事はありませんでした