yoshida-kaori.com

魂を磨く生き方とは、物質的なものだけではない意識を大切にすることを抜きには成り立ちません。
物質的なこととは、目に見えるものの全てですからあなたの体も含みます。
その体を単に肉の体と思うのか、本質的な魂を宿す精神的活動を含めた偉大な存在と思うのか、それによって大きく違います。

意識をどう持っているか

心と体のセルフアップサポート専門
吉田かおりです。
(私のプロフィールはこちら

 

例えばあまりに体に起こる不快感が多い時、
「他人にその不快感を改善してもらうしかない」
「自分では何もできない」

 

あるいはその逆で、
「自分で何とかするしかない」
「自分しかない」

 

といった極端な考え方に偏っていることもあるかもしれません。
すると、現実的に自分に起こっている不快感から解放されたり、魂が磨かれることには残念ながら繋がりません。

 

体の問題にこだわり過ぎていたり、心の問題にこだわり囚われていたりすると、どうしても人の本質、魂の存在に気づくことから遠ざかり、本当にすべきことに向かうことができずに人生を過ごしてしまうことになります。

 

ハイヤーセルフと繋がるということは、囚われない状態でいつでもどこでも何をしていても、あなたの”意識次第”なのです。

例えば女性であれば、お顔のケアは何らかしら意識されているているも方も多いことと思います。

 

ケアとまではいかなくても、顔をふくときにはタオルを優しく肌に触れるようにしているとか、洗顔の時は手に力を入れないようにしているとか、日焼けをしないように対策しているとか…

 

「大事にしたい」この意識があれば、
自分の顔に対する扱い方には明らかに違いが出ます。

 

メイクをして塗って重ねて綺麗に見えることへの努力も女性の楽しみの一つかもしれませんが、お顔を本当に大事にしたいという思いがあるならば、別の意識が働いてくるものです。

 

塗って重ねたものはきちんと綺麗に落としたい

 

肌に余計な負担になるものは必要以上に塗り重ねたくない

 

負担のある成分ってどういうものなのかな

 

睡眠の質が大事だな

 

心の在り方も関係しているな

 

などという意識に変わっていくかもしれません。

 

あなたは自分に対してや問題に対して、どんな意識を持っているでしょうか。

 

まず基本的には、自分自身に起こることは自分自身で何とかしようとする意志がなければなりません。ここは大変重要です。ですが”自分だけ”に囚われないこともとても大事です。

心を意識する

人は限りある命の中、今ここに生かされています。
この有限性をきちんと理解しているからこそ、不安や恐れを抱いたりもします。限りある命の果てには(有限の先には)何があるのかと死に対する恐怖は、命の重み、尊さを理解しての上です。

仮にあなたが今不安や恐れが強くてそんな自分に困っている状態なのでしたら、どうか、そんな自分をしっかりと受け入れてください。

 

あなたは自分の重要性と自分の価値を本当は十分に理解しているからこそ、その大切な価値ある自分自身を、この命を失いたくない、と思うのです。

 

もし、自分の価値の尊さを感じられなかったり、逆に自分なんて価値ある存在なわけがないという思いがどこかにあるようでしたら、ご自身の幼い頃の様子、家庭環境をよくよく振り返ってみてください。もし、お一人では難しい場合はセッションにてサポートさせていただきます。

 

私たち人は、生まれて自分の身が置かれた環境から様々なことを、自分の土台となることを取り込んでいきます。

もう一方の言い方をすれば、刷り込まれていきます。

 

本来生まれたばかりのあなたは自分の価値を存分に抱いてこの世に誕生しています。

 

”揺らぎない自分”(自信)
を持って生まれてきています。

 

そして自分の身の置かれた環境のなか成長していくその過程で、

 

どんな言葉を受けていたか
どんな態度で接しられてきたか
どんな扱いをされてきたか
身近な大人がどんなことに価値を持っているのか

 

それらを通して自分自身の価値観を歪めてしまうこともあります。
そうして揺らぎなく抱いていたはずの自信を、成長と共にそぎ落としていくのです。

 

自分の内面から湧いてくる声は、あらゆる場面における選択肢のなかで「うまくいかないだろう」というような否定的な声となります。

お金と自分との関係

例えばお金の不安などがある場合、潜在意識を通していつもお金のことに対して否定的な声が自分の内面でささやかれます。

“いつもお金がない”というような意識に囚われていたり、”自分”にお金を使うことを許可できなかったり(子どもや家のことなどでは使える)します。

 

これらも 「価値のない自分に対してお金を使うことはできない」というような自分への無価値観からの心(潜在意識)のブレーキです。

 

あるいは逆の場合もあり、浪費がひどいような人も同じ自分への無価値観から先ほどとは反対に、自分にお金を浪費することで物で自分を満たそうとします。しかし浪費した結果「いつもお金がない」「金欠」が生まれ、どうしても満たされないといった現状を引き寄せます。

 

これらのほとんどは潜在意識の中にある強い思い込みが今の自分を作用しています。

 

つまり、お金に不自由する原因、不運になる原因、望む状態になれない原因は、全部自分の中にあります。

 

このようなことを無視し、仮に宝くじなどで大金が手に入り、もう金欠とは縁が切れたと思っても、その幸福感は長く続かないものなのです。原因を解消していない限り問題は引き起こされてしまうのです。

 

では、どのような方法で自分の本質である魂を磨きハイヤーセルフと繋がることができるのでしょうか。

自らを体験するために生きるという自覚

ズバリ、人間らしくこの世界を生きることです。

 

「ここぞ」という時にいつも逃げている、
痛い思いを避けてばかり過ごしている、

 

そんな生き方をしていませんか?
それは個として与えられた自分の魂の成長を選ばず、ただ「守るだけ」の生き方と言えます。

 

危険から逃げ、存在を守るだけに偏ったその力は、体という一つの中でバランスを崩し、本当の楽しみや快適さを見つける能力に欠けてしまうのですね。

 

あなた自身が自分の内面の存在より表面的で外的なことばかりに重きおき、それを守り続けるだけの状態では本当の自分も自由も得ることができません。

 

忘れないでください。

 

あなたの魂は必ず何らかの使命を持っており、
そのチャレンジをしたくて仕方がないのです。

 

魂を磨くこととは、自分が体験することにおいて逃げる在り方ではなく、「試し続ける」ことによって深まります。

 

もう一度書きますが、この目に見えるもの、体、そういった物に縛られていくと「逃げ腰の生き方」になります。
”この肉体がすべて。これが私”。
すると、傷つくことを恐れ必死に身を固め、守りに入りきる。
体を固め、心を固め、物で満たそうとする行いをするだけでは魂を磨きハイヤーセルフに繋がる経験はできません。

 

自分の存在を心底愛おしく感じたり、
出来事に対する主体的な捉え方ができるような生き方をしていくこと。
そのためにも人間らしさを失ってはいけません。

 

感情を大切にし、表情を豊かにし、どんな自分であっても受け入れ認めることです。
感情に規制をかけ、怒りや嫉妬などといった感情を悪者として自分にそれがあってはならないと規制しないことです。自分の本質を知るほど、自分が抱く否定的な感情も、影響を受けることはなくなります。

 

過去からのメッセージ

今起きている体の不快感は、過去からのメッセージであることもあります。
過去に傷ついた事々により、そのときの自分の体から発し続けられるメッセージ。

 

「怖い」「嫌」「助けて」「寂しい」「悲しい」など、現在それを意識的に捉えていない”招かざるメッセージ”に対し、体はそれに応えるために働きます。

 

望まないと把握している現状として、例えば

いつも何か怯えてしまう


不安が慢性的にある


自信がなく自分で決断ができない


人と仲良くできない‥‥

 

などがあるとします。

そこに向き合ってみると、

 

誰にもわかってもらえないと思っている


人と目を合わせることが怖いと思っている


嫌われてしまうと怖いと思っている


自分は(悪い意味で)特別だと思っている

 

このような内なる声があるかもしれません。

その声がどのようなささやきかは人それぞれですが、それが自覚できるほど人は成長します。

 

不安を感じる時なども多くはパターン化されており、その不快さがある状況から「逃げる」ことは最も簡単な方法でもあり、また最もそこに存在する自分の問題についての解決にならない方法です。

 

回避するだけ(逃げ惑う被害者の立場)では、繰り返し同じような出来事があるたびに逃げます。

繰り返し同じような出来事が起こるのには理由があり、あなたの魂が何度でもあなたのカルマを乗り越えさせようとその試練を与えるからなんです。
あなたの魂はあなたの存在が愛おしくて仕方ないのです。ハイヤーセルフはいつでも繋がっています。
それを閉ざしているのは結局あなたが物質にこだわっているからなんです。

保証された世界に価値はない

限りある命です。
もし限りがないと‥‥そっちの方が恐怖です。
どこの文化や宗教にも終末論があるように、限りを持つからこそ人は安心します。
限りがあると知っているからこそ物質の価値を見出すことができます。

 

例えば保証された幸福的な空間、老いのない自分、限りなく湧いてくるお金、あらゆる物、全てが理解しあえる者、全てが笑顔、全てが善‥‥

 

そのような中で生きる自分を
想像することはできますか?

 

イメージしてみると、そんな世界、きっと1、2ヶ月でもうお腹いっぱいな感じです。
でもそれ以上は‥‥
「それが当たり前」と保証された世界にいて一体何に価値を持つことができるのかが疑問です。

 

自分に起きていることは、全て大変価値あることです。
そして必ず自分の中に原因があり、だからこそ自分の精神を高めいろいろな経験することの意味を受け取とることができます。不安や恐怖とは、あなたがあなたであろうとすることから逃げることで増すのです。

自分らしさを磨く

どんなにお金にしがみついても死んだらあの世には何も持っていくことはできません。
どんなに自分の体にしがみついても体はやがては老いてなくなります。

 

限りある体をただ守り通す生き方、
限りある体をだた着飾る生き方、
物質で満たそうとする生き方、

 

小さく小さく「自分」という個にこだわり偏ってはいけません。

 

自分という個の存在を固くちっぽけなものとせず、広く偉大なものへ広げるためにも、まずは内面にある自分の声、それはどのようなささやきをしているのか、自覚することから始まります。

 

潜在意識にあるブレーキを、意識レベルに引き上げることができれば、もうあなたのなるようになっていくことができます。潜在意識を純粋で本質的なものへと戻していくことができればあなたの魂は磨かれ現実的にこれまでとは違う人間関係や環境を引き寄せていきます。

 

疑問などはセッションにてお気軽にお聞きくださいね

【無料メール講座】
ご登録はこちらから↓↓
「自分の認め方無料メール講座8ステップ」

 

【関連記事】考えすぎて答えが出ない時の解決の道とは

【吉田かおり書籍サイトはこちら