yoshida-kaori.com

人は誰でも自分の中に「男」と「女」の両方を持ち合わせています。
男性ならでは、女性ならでは、といったそれぞれの「質」が存在しますが、それでもどんな人でも両方の性を含みもっています。あまりに女々し人、あるいは、男らしくしなければと頑張っている人、自分の中には両方があることを思い出してくださいね。

二つのバランスを知る

心と体のセルフアップサポート専門
吉田かおりです。
(私のプロフィールはこちら

 

「男らしく」「女らしく」この言葉を相手に”要求される”となんだかカチンとくる…という経験をしたこと、あなたにはないでしょうか??

 

男たるものこうするべき

女たるものこうあるべき

 

「〜〜あるべき」という思考が強くある状態の時、相手にそれをどんどん要求していきがちですが、そうすればするほど恋愛関係や夫婦関係は上手くいきにくいものです。

 

「女ならもっとしとやかにしておけ!」
みたいなことを言われてカチンとこない女性は少ないはずです。

 

「男なんだからもっと強くあれ!」みたいなことを男性が言われても同じです。

 

それらは「はいそうですよね♪」と素直に納得できるものではありません。

 

確かに、 男性の質として良い部分その特徴として、
行動力、決断力、包容力、統率力、力強さなどが挙げられます。

 

女性の質の良い部分とは、
受容性、優しさ、柔らかさ、美しさ、包容力、調和などが挙げられます。

 

これらはみんな短所にも変わるものです。

 

例えば男性の良い部分が短所に変わるときとは、
強引、独立、独裁的になり、その他のものを排除、除外
といった要素に変わっていきます。

 

女性の良い部分が短所に変わるときは、
迷い、矛盾、分裂、依存
といった要素に変わっていきます。

 

ましてや自分という一人の中にこのどちらも持ち合わせているということを忘れている人は、

「女なんだからこうしておかなくては…」
「男なんだからこうしておかなくては…」

といった考えが、自分を苦しく縛っていくのですね。

 

男性・女性これらの質は、男性ならもちろん男性性が強く、女性なら女性性が強くあるのが当たり前です。

 

一方だけが存在していると錯覚し、もう一方が存在していないと錯覚してくると、自分自身の心のバランスを崩します。無意識的に、もう一方の存在が「あってはならない」と自分自身で自分を縛っている場合が最も苦しいのです。

女性だから、男性だから・・・

こういった基準を重要視するのではなく、女性(男性)であれば自分の中の男性(女性)部分が隠れてしまっていないか、女性(男性)部分に偏り、依存(独裁)傾向になっていないか、などの確認をしてみることは大事です。

全ての物事にはこの法則がある

今の時代、テレビを観ていても「おねえ」と呼ばれる人たちが当たり前におられます。
マツコデラックスさんやミッツマングローブさん、IKKOさん、・・・あまりテレビを見ない私でもまだまだ多くの人がいることを知ってます。

 

社会全体としてこのような立場の人たちの受け入れが大きくなっている証拠ですね。

今の若者にしても、おじさまにしても、(ニュートラルな)男性たちもなかなかの美意識をもっていますもの。

また、社会の中で多くの女性が進出していくなか、男性も積極的に家事や育児に参加する人も増えていますね。

 

時代の流れとともに社会全体で「こうあるべきだ」と縛られ抑圧されていた「男たるもの」、「女たるもの」を打ち破りカミングアウトし堂々と自分の中の性に正直に生きる人が増えてきたのは事実。

 

これは、特に自分の性に対して疑問を抱き悩んでいるという人でなくとも、一般的な男性のなかにも女性性があり、また女性の中にも男性性があって当然だという自覚が、個々に確実に芽生えてきているという意味です。

 

それぞれの性の違いを認めながらもまたそれらの垣根を持たない「柔軟性」が増していると言えます。

 

一昔前は、力で仕事をしなくてはならず男性に比べて力の劣る女性ではその役割が不十分であり、だからこそ”男性が持つ「力」で働き、女性は「家」を守る”そんな社会構造だったのでしょうが、今は別に「仕事=力」ではありません。力で仕事をする時代ではなくなりました。(もちろん業種によっては別です)

いつまでも何十年も前の頭で昔の大人に言われた言葉を今の時代に当てはめようとするのは古いし固いし無理があります。
そう、現実の社会を見ても昔とは大きく違うのですからね。

 

男はキッチンに立つものではない、

洗濯物をたたむものではないなどなど・・・

「一般的な家事は女の仕事」と決めつけている男性はそろそろ目を覚ましましょう。

 

そして、女性自身もそうだと決めつけてすべての家事を完璧にこなしている人も、あなたが良かれと思ってしているその行為によって相手の魂の成長を拒んでいることに気づきましょう。なぜならば、相手(パートナー)は自分のなかの女性性を見出すことができません。

 

あなたの完璧さによって結果的にその相手はどんどん男性の質を増し、その質が行き過ぎると初めに書いたように強引さ、独裁的な要素を増し、女性を一つ見下した位置にしか立てないのです。

みんなが相手の世話を担うと・・・

人間関係もすべてバランスを保つ力が働きます。

 

熱心に献身的に相手に尽くせば尽くすほど、
相手の傲慢さ、あるいは怠惰が増す恐れもあるということ。

 

あまりにポジティブな思考に偏ると、ネガティブな思考に偏った人が周囲に集まる。

 

いつも病気がちで常に気が滅入っているような人の相手(パートナー)は、顔色も良く元気ハツラツ…

 

一人の中に二つの「性」が存在するのが人です。
ですが、それは相反するものでもあり、どちらか一方を認めがたいと否定してしまったり、どちらか一方だけを強く求めたりすることによって、人は自分のバランスをうまく保つことができなくなります。

 

そして、一人の人間の崩れたバランスを補うのは、
あなた以外の周囲の誰かとなります。

 

自分の責任を他人に負わせ、またあなた自身も自分だけではなく他人の責任を背負っているかもしれないのです。

 

ええ〜〜〜!!!
なんか・・・嫌ですよね!!!

 

誰もが他人のバランスを保つことことを、担わなければならないというのは、誰もが不安定であり誰もが自分が明確でないということになります。

 

こうやって「自分がない」人が集まっていく…

 

みんな一緒じゃないと安心できない

みんながこういうから自分もそういう

みんながああするから自分もそうする

 

これは実はとても恐ろしいことです。


まんまと頭のいい(悪い)人に洗脳され騙されてしまう恐れがあるのですよ〜

 

真ん中(センター)を知り、その軸からすべてを持つ自分を認めること。
自分を本当に認め、受容しない限り、ネガティブ・ポジティブといった、相反する関係を超えることができません。自分らしさを表現することができません。

 

ネガティブな思考がネガティブを引き寄せるからといって、思考で無理やりポジティブに変換させても、それは結果として自己否定を強めるだけです。

 

受容するとはいいとこ取りを受け入れだけをし、悪いところを排除するような、そんなことではないのですね。

 

ご質問などはセッションにてお気軽にお聞きくださいね


【無料メール講座】
ご登録はこちらから↓
自分の認め方無料メール講座8ステップ

 

【関連記事】
●愛されない不安が消えるコミュニケーションの取り方
●「物の豊かさ」と「心の豊かさ」安全な瞑想を日々の中へ