yoshida-kaori.com

自分がどんな人でありたいかって、
なんとなくなら誰でもみんなその思いを持っておられます。
具体的に特にそーゆー思いはないかな‥‥
と思われた方もなんとなく、ならありますよ?ね?

自分の本質に繋がる

心と体のセルフアップサポート専門
吉田かおりです(私のプロフィールはこちら

 

「こんな服を着てみたいな」とかって思うのも自分の望んでいる姿の一つ。

 

で、「ああ〜もうちょっと痩せたいな」

とか「筋肉つけたいな」などという思いを持つことなんかもそう。

 

「ああ〜身体のコリや痛みがなくもっと楽に過ごせたらいいな」とかもそう。

 

まず人の根底には、
自分が自分でいられることを誰もが望んでます。

 

自分が本来の自分から離れてしまうこと
これによって人は「不安」を強めます。

 

その内面の不安から逃れたくて外側のことに熱中してしまうと、さらに自分のバランスを崩してしまいます。

 

不安の要素は心身の浮き沈みに大きく影響し、それがイライライやすかったりすることにもつながる場合もあります。

 

でもこういったトラブルは

体の「ある問題」を解消することで劇的な変化が起こせます。が、ここでは割愛します。

 

ダイエットとか体を良くしたいとか、なんでも、自分のありたい姿への努力が、内面の不安から逃げるためのものなっている時、その努力を続けても同じ場所から変わることがありません。

 

だから、やっぱり逃げて避けるのではなくて、受け入れることが非常に大切なこと。
自分が自分を受け入れることがなければ、変わらない。

 

自分の本質と繋がることがなければ
どんなことだろうが本当に豊かな幸せって掴めないっていうことのようです。

「自分の存在感は薄いようで
人に覚えてもらえない」

 

このようなことを感じていたとします。

 

そんな時、あなただったら、
どうすることで少しでも解消に向けられると考えますでしょうか?

 

相手に印象を残したい

もっと色の明るい洋服を着てみよう

もっとメイクを勉強してみよう

もっと大きな声で話してみよう

 

このように考えられるかもしれません。
このような自分の変化へ向けての取り組みもあることと思いますし、でもこの方法は必要なことかもしれませんし、必要ないのかもしれないです。

 

目的をどう持つのか

 

そもそもこの悩みは「人に覚えてもらえないこと」から生じていますが、目的を何にするのかがこういう時って大事ですー!。

 

目的を「人に覚えてもらえるように目立つようにする」と設定すると、先ほどのような事々の案が浮かんできます。

 

でもこの悩みの本当の目的は、

【存在感のある人間になりたい】

という言葉がふさわしいのだと思うのですね。

 

別に目立つ人間になりたい
のではないはずです。

 

 

だから自分の存在感を

「自分で実感すること」がとっても大事なんです。

 

目的を間違え、外側にばかりに意識が向かうことで本来の自分とのつながりはますます離れます。

そうなるから結果的には自分主張が強くなりすぎ「自分だけ」になるということにも。

 

 

自分の存在感を感じる

 

そのためには「何も飾らないそのまんまの自分でOK」と、自分の心にど〜んと座った自分の存在があるほど実感できます。

その実感を得ていけるのは、
内面にある小さなことを丁寧に関わってください。

 

自分に含まれる今「いやだ」と感じていることも、全て何から何まで受け入れ自分を大切にする自分との関わり方をたくさん経験してください。

自分主体の答えってなにか

シェイプアップであってもそう。

”なぜシェイプアップしたいのか?”

↓  ↓

「太っていると健康的にもよくないし、スタイルが良くなりたいから」

 

この答えはとっても浅い答えなんです。
だから、この自分への答えに関してまた質問してみる。

なぜそう思うのか?って。

 

そうしたら、今度は

「こんなスタイルだとかっこ悪くて何を着ても似合わない」

 

などと出てくるかもしれない。

 

で、また、なんでそう思うかなあと考えてみる。

 

そうしたら今度は
「人によく見られたいから」って出てくるかもしれない。

 

で、なんでそう思うのかなってまた聞いてみる。

 

そうしたら今度は

「人に嫌われたらいけないから」とかって出てくるかもしれない。

 

こうやっていくと、自分なりの答えが様々に出てくることと思います。

 

さらに質問して答えを振り返ってみると、もしかするとそのほとんどが他人目線から見た自分についてを答えていると気づく場合もあるかもしれません。

 

その時、

自分は自分についてどうしたい、
どうありたい、と考えているのか
主体的な言葉を探してみるんです。

 

ここを自覚することが大事です。

 

自分にある全てを受け入れると安心感が生まれます。
すると、相手の位置に立って相手を知り、

・相手をわかろうとする場所へと「歩み寄る力」が増します。

・相手を認める言動がスムーズにできるようになっていきます。

 

すると相手は「自分を理解してくれている」と、そう感じたあなたに興味や信頼が湧き、結果的にあなたの印象が相手に残りやすくなるのです。

 

ご質問などはセッションにてお気軽にお聞きくださいね

 

【吉田かおり書籍サイトはこちら

ヨーガ的生き方はあなたに力を与えてくれます。
「変わりたいのに変われない」
「自分らしさってなんだろう」
そんなあなたにオススメの1冊。
↓↓↓

ヨーガの落とし穴 ~そこで学んだもの~