yoshida-kaori.com

心と体のセルフアップサポート専門
吉田かおりです(私のプロフィールはこちら

 

”信じるものは救われる”という言葉がありますね。

 

先日お客様との会話の中、

弾んだ内容なのですが^^

 

「信じるものは救われる」って、宗教的イメージも強いかと思いますが、結構誰でも日常的に浸透している、というか‥

その人が意識的だろうが無意識であろうが
誰だって自分が信じているものを選んで生きています。

 

ざっくりいうなら、
「きっとうまくいかない」
と信じて生きているか

 

「きっとうまくいく」
と信じて生きているか

 

一番大きく分けたらここだと思うのです。

 

何にフォーカスしてるか

私の例ですが、
私は睡眠時間たっぷり欲しいタイプです。
寝るの気持ちがいいですしー!!

 

で、こんなことを思っていました。

 

「睡眠7〜8時間とらないと私の体調は優れない」

 

もう少し細かくいうと、

 

「せめて7時間睡眠はとらないと頭がスッキリしない」

「7時間に達していないとちょっとイマイチな体調」

「6時間だとちょっとクラクラする」

「5時間の時は相当やばい」

 

などなど。

その思いを信じきっていたからこそ

その現実を引き寄せていたということを
最近になってよく実感しています。

 

その思いを信じきっていたら何が起きるか。

 

その日寝る前の時点で翌朝まで眠れる時間を計算することができますから、夜の時点ですでに明日の体調を決めつけてる。

 

「明日はもう私のパフォーマンスは完全に発揮できない、いまいちだ」

 

 

心のどこかにそう決め込んでしまってるんです。

 

そして翌日目が覚めるとまさにその思いで目を覚まし、1日のスタートを重々しくスタートし‥‥

 

「あ〜〜〜寝不足だからなあ‥‥
やっぱ頭が痛いなあ‥‥」

 

「やっぱ寝不足だからなあ‥‥
今日はちょっとしんどいやあ‥」

 

その結果をどんどん作り出していく。

 

 

ゲゲゲーーー!!ですよね。
なんてもったいない!!!

 

でも今はちょっと違うんです。

私がなぜそのような変化を実感するようになったかというと、

 

ズバリ、
そうでない方を
信じるようになったから。

 

 

睡眠時間が6時間であっても、
(最近ではあんまりないですが)5時間になっても、
(基本よく寝てます)

 

『私は良いパフォーマンスで1日を行動できる』

 

そう信じる方を選んでるから。

 

 

なぜそのように思えるようになったか。

 

それは、

それに意識を向けてみた時、どっちが自分にとって都合が悪いかリスク管理してみたわけです。

 

自分にとってどっちが損、マイナスか。

どっちが得、プラスか。

 

 

「無理をしてもへっちゃら
頭が重いのは気のせい!気のせい!」

 

みたいな感じであまりに楽観的に捉え、
日々の生活のバランスを崩しているようでは問題外ですが。

 

全ては脳のプログラム。

 

今レベル上げしている施術を深めていくにつれ、以前より脳を書き換えることができることの意味が深まったことが私のそこへの気づきのきっかけです。

 

どんなことでもそうですが、
学んだこととか知り得たこととかを
自分の日常に落とし込むことが人って案外できてないんですね〜。

 

読者さんもこれを機に
これまで学ばれたことが、自分の生活の中に落とし込まれているかどうかの確認を、ぜひしてみてください〜

引き寄せの法則

「損を避けて得を選ぶ」

 

基本、この基準で選んでいくと良いかと思うのですね。

注意点は、

ただの自己満足・自分だけの世界、で終わってしまうような場面もあります。その場合、この選択基準はマイナスに働きますのでご注意を。

 

先ほど挙げた例のように、「無理をしてもへっちゃら〜!!」もまさにそこに該当しますが
そのほか‥例えば、資格取得の勉強をしていたとします。

 

その望みを叶えたいからと言って何もしないでそれをただ信じていても結果は変わらないです。

 

結果はどうなるかわからない時、

 

うまくいくことを信じてそこに向かう行動を起こすのか

 

うまくいかないことを信じてそこに向かう行動を起こすのか

 

この両者には大きな差があります。

 

そこに向かうにあたり、自分を信じることができる材料をどんどん集めることができるのは前者の方です。

 

どこにフォーカスしているのか
それによって集まる情報・行動全て変わります。

 

ご質問などはセッションにてお気軽にお聞きくださいね


【無料メール講座】
ご登録はこちらから↓↓
「自分の認め方無料メール講座8ステップ」

 

【吉田かおり書籍サイトはこちら

一目置かれる「自分センス」の磨き方: 「カッコいい」女性でありたいあなたへ