yoshida-kaori.com

こんにちは!
心と体のセルフアップサポート専門
吉田かおりです(私のプロフィールはこちら

 

「かおりさんはストレスないですよね?」とお客様との会話に出てきましたが、いやいや‥‥そんなことないです!
ストレスって感じますよ!

 

ヨガの指導をしている時は、生徒さんからそう見られる要素は特に強いです。

”ヨガの先生はストレスはなく生活すべてがキレイ”とかって思われてます。

『キラキラ♪イキイキ♪ストレスとは無縁』と思われがちなんですね〜!

 

でも一つ、確かに言えることは、
ヨガ指導者ながらも日々は超ストレス溜めて荒い生活している人だと、その人から何が学べるんだろう?ってなっちゃいますよね。

 

セッションでお客様の相談を受けるのも同じ。
人の相談を受ける人が、日々超ストレス溜めてて自分が悩み苦しんで生活している人だったら‥‥‥???。

 

誰だってそう考えますから、ヨガを指導する人やカウンセラーは表面的にその部分のみを重要視してしまうと、人格分離が起きやすく自分自身の心がやられちゃうんです。

 

そもそもストレスは無くせないものだと思ってます。
だから、どんな職業の人だって何かしらのストレスや問題を持つことは当然あるわけです。

 

ですが、その時にそのストレスにどう対応しているのか。仮にすぐに解消することができない問題が生じた場合、どう対処しながらその出来事に向き合い対応しているのか。

 

これがストレスが生じた時の自分の保ち方であり大事な部分だと思います。

 

失敗とかストレスが生じてしまった時、
そこから次の行動に至るチョイスする力を持つことができれば随分違います。
自らが選んだ上で行動をする人はストレスに飲み込まれないです。

 

その部分を他者に伝えられることが大事なことだと思うのです。

 

どんな立場であれ、人の心を動かし人も自分も育てることができるのはそこなんだと思います。

 

 

そしてここから今日の本題ですが、
やはり、肝心なことは

出来事は   無色透明 であるということ。

 

出来事の価値とは、
もともと決まっていません。

 

人それぞれが「どのように」その出来事を見ているのか、「どの部分」を見ているのか、と言ったように出来事に対する焦点の当て方によって変わってきますものね。

 

出来事はあくまで中立です。
それでも、
Aさんはストレスを感じ、Bさんはストレスを感じないという差が生じます。

 

これは、ストレスを作るのは
『出来事』ではなく『自分自身』が作っているということですよね。

 

出来事に対してストレスを感じる時、なんらかの【感情】が生じます。

 

この【感情】そのものは良いも悪いもなく、一つのサインです。

ですが、この感情が生じていることで無色透明な出来事に対して、何色かに染まったフィルターを通してしか見れなくなってしまいます。

 

そのために、どうしても無色透明であるということ、
この出来事は中立なんだということが理解できなくなってきて・・・ストレスを感じるのですね。

 

そこでありがちなのが、
感情というサインの意味を知ることなく、
「この感情のせいでストレスになる」と感情を【悪】として、「我慢」しようとすることです。

 

 

それは自分の抑圧が深まるだけ。。

その感情や感覚と言ったサインをいつまでも無視し、筋肉を使って心を抑えつけます。

 

すると、身体のあらゆるところで痛みが生じてきたり不調が起きてしまいます‥‥。

 

 

セッションでは、大まかにいうと

  • 感情というサインが何を訴えているのかを理解し、このフィルターを外していきます。

少し細かくいうと、

  • 別の思考、信念に書き換えていきます。

 

 

一つ目の感情のサインが訴えている意味の理解とフィルターを外すということは、基本的に一人で行うことは難しいものです。だからセッションでは一緒にそこを目指して進めます。

 

細かく書いた方の、

『別の思考、信念に書き換えていく』

は、実は日々の練習ができます。

 

「別の思考」とは「別の視点」が持てるからこそ。

 

ストレスが生じる時とは、

別の視点に立つことができない、
別の視点があることが自分には全く理解できない、
(頭ではわかっても腹では無理!って状態)

 

このような状態になり、心や思考の柔軟性がないことからストレスを生じさせてしまいますよね。

 

 

大事なことは、
自分の望まない感情だとしても、
それは自分の中で何かを訴えていてる大切なサインだと認識すること。


だから、望まない感情が湧き上がった時とは、本当の自分を知るチャンスと言えます。

 

『望まない感情だ』という認識によって
ストレスの二次被害にあわないためにも、

「これは自分のフィルターを外すチャンス」と捉え、
自分を観察するように客観的に見られるようになることを練習することです。

 

それが少しづつでもできるようになると

自分だけの視点から、別の視点に立てるようになります。

 

同じ出来事に対して別の視点から見ることができるようになると、思考の柔軟性が出てきます。
自分だけの視点が外れることで、
別の視点になれる。

 

ということは、
つまり「自分だけの視点だった部分」をかなり客観できる位置に立てたとうこと。

 

ここに立てることで自分の丸ごとを受け入れやすくなるのです。

 

それまではストレスとしか認識できなかったことが、ストレスと感じることではなく、もっと違った感じ方をする、もしかするとただ右から左へ流れる一コマになるかもしれません。

 

 

身体の不調はストレスの関連性がとても強いものです。

身体に滞った感情が、身体の痛みとして出ている場合も多くありますので、身体に聞いて確認していくこともできます。

 

ご質問などはセッションにてお気軽にお聞きくださいね

【無料メール講座】
ご登録はこちらから↓↓
「自分の認め方無料メール講座8ステップ」

 

【吉田かおり書籍サイトはこちら
あなたは自分らしく生きることができていますか?
ヨーガ的生き方はその実現に向けてあなたに力を与えてくれます。
「変わりたいのに変われない」
「自分らしさってなんだろう」
そんなあなたにオススメの1冊。
↓↓↓