yoshida-kaori.com

こんにちは!

心と体のセルフアップサポート専門
吉田かおりです。

 

9月体験セッションを募集します。

セッションや講座を受けていただくことによって、あなたの進むべき方向がはっきりします。

 

あなた自身の考え方が変容していくことで物事の捉え方や感じ方も変わります。
つまり、仕事や恋愛、子育てに活かすなど自分の生き方そのものに反映されていきます。

 

問題を問題と認められるときとは、その人のタイミングがあります。

これについては、ヨーガスートラに記されている「無知」についての例えを紹介します。
無知とはとは盲目と同じような意味をいいますが、この説明について例えられるのがランプ(光)です。

 

暗闇で人はただのロープをドクロを巻いたヘビに見間違える。

そして慌てふためく。

心臓がドキドキしたり手汗をかいたりながら自分に起きていることを経験するが、いざ光を当ててみると、それはただのロープであった‥‥。

 

 

光があれば、闇を照らすため真実が見えます。
もう一方で、真っ暗闇なら何も見えません。

 

言い換えれば「完全な無知状態」ならば苦しみも見えず
問題が「何か」かもわからない状態です。

 

人が成長していくタイミングは”自分に暗闇がある”ことを自覚したときです。
この、光と闇の境界線があることを知った時、その位置にたったとき、人は無知であることを少しづつ払うことができます。

よくあるご質問

・人が怖いと感じてしまいます。普通に仕事は行けていますが対人恐怖症だと思います。

 

・極度のあがり症で5〜6名の人数でも前で何か話すとなると赤面して心臓が飛び出そうなほどです。

 

・人に見られることが嫌で仕方ありません。怖いです。人の後ろにいると安心します。

 

・好きになった人とお付き合いするようになると別れたくなってしまいます。

 

・感情が乱れやすく夫を疑ってばかりで嫉妬心の強い自分が嫌で仕方ありません。

 

・人に頼ることや甘えることができず周りから無理をしすぎだと言われるのですが‥‥

 

こういった問題などの原因は潜在意識レベルにありそこを変えていくことが重要です。
幼いときの環境やこれまでの生い立ちの中で‥‥

 

・両親との十分な愛着関係を築けなかった

・子どもらしく感情表現をしたら怒られた

・両親や祖父母の喧嘩が絶えなかった

・怒られることはあっても褒めてもらうことなどなかった

・甘えたい時に拒否された

・怒られることはそうないが威圧的な親だった

・兄弟が多く長子の自分が兄弟の面倒をみていた

・干渉的でダメ出しされることが多かった

などなど‥‥

 

その経験は様々ですが、自分が当たり前だったと思っていることなどであっても、様々な体験から「自分について」歪んだ思い込みをしていきます。
得にそれが幼さない時であるほど、その思い込みは強く、初期に設定された潜在意識への刷り込みは強固です。

 

この刷り込みが現在のあなたの問題として表面化していますが、その問題を問題と認識できないまま子どもを持つと、その潜在意識はそのまま子どもへの刷り込みとして受け継がれます。

 

自分が自分の問題として受け止めた時、闇と光を知ります。
すでに子どもさんをお持ちの方も、諦めることはありません。

 

先着5名様体験セッション募集します。

体験セッション通常15,000円を8,000円

9月限定です。

 

お申し込みはこちらから