yoshida-kaori.com

マインドフルネスとは今という瞬間に注意を集中し、その中で自分の心の動きを知り、評価や思考が起きていることに気づいたら何度もまた今という瞬間に意識(注意)を集中していくことです。ご飯を食べている、シャワーをしている、歩いている、それらの中でも試していけます。

どんな思いで行動しているか

心と体のセルフアップサポート専門
吉田かおりです。(私のプロフィールはこちら

 

毎日が平凡でつまらないな‥‥
同じ繰り返しばかりだな‥‥
いいことないな‥‥
何しても面白くないな‥‥

 

こんな気持ちになってくるとき、1日という時間は右から左へと流れ去っていくだけだと感じてくるかもしれません。”やらなければいけないことを「する」”だけの過ごし方になっているのかもしれません。

 

つまり、自分がとっている行動のうち、
自らが「自らのためにする」という認識ではないということ。

 

これがないほど自分の本質的な喜びにつながる経験がないため、今という時間に感謝する気持ちや充実を味わう気持ちなどが生まれてこないのです。

過去の良かったことにしがみつきたい時

今に満足を感じることができずに過ごしていると心は満足を探しに外に外にと向かいます。

 

その一つに、時間軸を過去に戻し、
その過去の良かったことにしがみつきます。

 

「あ〜〜、あの頃は良かったな‥‥」
「あの頃は楽しかったなあ‥‥」
「あの頃に戻れたならなあ‥‥」

 

過去の自分を羨みそこに意識が向かっていくと、今という現実に不安や不満を抱いていることに恨みの気持ちが増し、結果的に今その不安や不満を感じる現状において

 

”自分のやれること、やるべきこと”

 

それが何なのかを見出す力を生み出さず、
被害者の立場を強化させます。

すると、その立場を選ぶ以上活力は低下の一方です。

 

「はあ、この先(未来)もいいことなんてきっとないな‥‥」

 

これは未来に向けた否定的思いであり、
無意識的なものの場合が多いです。

 

で、結果的にまたさらに
今という現実に不満や不安を増してしまいます。

 

 

過去がどんなに良かったか知りませんが、それって”過去”なんですよね。

今にない

 

またこれから先どうなっているのか‥‥
こういった不安も、

本当は今にない
目の前の現実でない。

 

過去を振り返り
あのときは良かったのに‥
あのときこうしておけば良かった‥
あのときこっちを選んだのが間違いだった‥

 

などなど、

どんなに願ってもどれだけ思いを寄せても
変えようがない過去を操作しようとすることへ、時間と意識を向けることが

 

どれだけ無駄か
どれだけもったいないか
どれだけ自分を落とした表現なのか

 

ここを自覚してください。
目覚めてください。

 

未来に囚われる時

 

無意識的に過去に囚われている自覚を持てたあなたは、自分の未来についても無意識的に「良いわけがない」といった思いに囚われていることに気づけたことと思います。

 

今にあるつまらなさや不満、不安など、その思いが強ければ強いほど意識的に肯定的未来をイメージすることもないものです。

 

相談を受けているクライアントさんに対して
「あなたの1年後はどんな風になっていたいですか?」
「もしその悩みが全て解消されたら何がしたいですか?」

 

などと言った質問を問いかけてみると、
そのほとんどが驚いた表情をされます。

 

意識的に、そして肯定的に未来を思い描くことなどずっとしていなかった、とおっしゃいます。

 

ですがそのような場合、
無意識的に否定的な未来に囚われていることが多いのです。

 

無意識的に未来に対する否定的思いは具体的には「うまくいかない」「幸せではない」「面白くない」などといった思い。

その無意識的な内なる言葉が今のあなたの不安をやはり増してしまいます。

 

ですが、
未来なんて‥‥
誰だって分かんないです!

 

わからない未来について
囚われていることが

 

どれだけ無駄か
どれだけもったいないか
どれだけ自分を落とした表現なのか

 

ここを自覚してください。

今当たり前と思うことは当たり前なんかじゃない

あなたが今自分の置かれた環境において存在するもの全ては、もしかすると明日にはそれが存在しなくなることだって起きる可能性はあります。この世界は有限ですから。

 

あなたが今元気に健康に生きていたとしても、
明日には体調が崩れて熱を出して苦しむかもしれないのです。

 

あなたの子どもが今元気で生意気言って親であるあなたを困らせあなたは子育てを放棄してしまいたい気持ちになっていたとしても、明日あなたの子どもは交通事故で命をなくしてしまうかもしれないのです。

 

今を真剣に生きることが必要なことです。

 

今に意識が向けられていないと、楽しみを生み出すことも感謝の心を感じることもできずに不安や不満になるんです。

今に意識を集める練習

日常を過ごしていく中で、”自覚なくとる行動”というのは非常に多いものです。

・歯磨き
・メイク
・食事
・掃除
・料理
・買い物
・車の運転

などなど‥‥

 

これら日常的なことの多くはかなり無意識的に行っているもののはずです。

 

例えば鍵の置き場所を変えたのに、
以前の置き場所に置いてしまう。

 

これも無意識的な行動に支配されている証拠です。

 

毎食いただく食事も、
本当にその食事を味わっているのか、
と言ったらほとんど味わっていないものです。

 

おしゃべりに夢中だったり、
テレビをつけていたりすればなおのことです。

 

メイクなんて自覚的にやってるはずと思われるかもしれませんが、
案外そうではないことにも「意識」して行為してみると気づきます。

 

意識することができると
客観視の視点が持てます。

つまり自分が自分を見ている視点。

 

これによって第3者の立場にもなれるため視野が広がるのです。

完璧に描けていると思っていた眉毛も
意識化ができ客観視がうまくいくと、

 

”あれ、なんだか左右のバランスがすごく悪い”

”あれ、なんだかまゆ全体が濃い過ぎる”

”あれ、なんだかこの眉の形自分に似合ってない”

 

 

などと気づいてきたり。

 

自分の行いを改めて意識化してみる。
今当たり前と思っているそこに意識を向けて、自分にすでに与えられていることに改めて心を動かしてみてください。

 

価値を見出していけるはずです。

 

それがマインドフルネスに生きることであり、過去にしがみついてなく、未来を恐れてもいなく、ちゃんと今、今この1日を、毎日を大事に過ごすことです。

 

1日1日、この毎日には価値を見出すのは自分がもともと価値があることを思い出すだけです。
毎日の中に見出だすその価値とはあなたの在り方次第でいかにようにでも変わります。そうやって自分が本当にすべきことが何なのかを見つけながら、今を大事に丁寧に過ごしていきましょう。

目標なんていらない

今を大事に生きていないうちに大きな目標を立てたってほとんど無駄です。

今を大事に、今ある価値を実感しながら生きていくからこそ自分の求める目標が本当にわかってくるのです。だから、過去にしがみついている人は、目標なんていらないのです。

 

過去にしがみついていて今が好転すると信じているならそうし続ければいいと思います。

 

でも、やり続けていたらわかります‥好転しません。

だから、目の前のことしっかり見て、感じて、現実をちゃんと体験しましょう。マインドフルネスの実践です。
今に真剣に向き合えば、過去にしがみつく必要はありません。
過去なんて今の在り方しだいでゴミにも宝にもなりますから。

 

ご質問などはセッションにてお気軽にお聞きくださいね


【無料メール講座】
ご登録はこちらから↓↓
「自分の認め方無料メール講座8ステップ」

 

【吉田かおり書籍サイトはこちら

ヨーガ的生き方はあなたに力を与えてくれます。
「変わりたいのに変われない」
「自分らしさってなんだろう」
そんなあなたにオススメの1冊。
↓↓↓

ヨーガの落とし穴〜そこで学んだもの〜